ハゲ・若ハゲの基礎知識@育毛剤や生活習慣・豆知識・遺伝まとめ

 

 

 

 

毛を生やすツボ押し!東洋医学を利用して行う薄毛治療

 

東洋医学は、古代中国を起源とする伝統医学で、気の流れの改善を重視していることが特徴です。

 

身体に生じる痛みや不調は、気の流れが乱れていることからくると考えられており、古い気を体外に出すと共に新しい気を取り入れることを目的とした治療が実施されます。

 

この気の出入り口と考えられているのがツボで、経絡という流れに沿って分布しています。

 

この部分を鍼や灸で刺激するのが鍼灸治療で、手技によるのが指圧です。

 

気の流れが改善されることで本来備わっている自然治癒力が引き出されるので、痛みや不調が解消されることになります。

 

つまり、自然な状態に回復させるということが目的であり、良化する為に何かを犠牲にする様な内容ではありません。

 

身体だけではなく心の不調に対しても効果的で、不眠や鬱病といった精神的な問題を解消する為にも用いられています。

 

また、美容の分野にも取り入れられており、薄毛に効果的なツボ療法が考案されています。

 

専門家による施術を受けることで高い効果を期待できるのは云うまでもありませんが、ツボの位置を覚えることにより自分で行えるハゲ予防となります。

 

ハゲ予防の効果が期待できるツボとしてまず挙げられるのが、頭のてっぺんにある百会(ひゃくえ)です。

 

万能のツボとして様々な症状を改善するために用いられており、精神的なリラックスと血行を促進させる効果があります。

 

ストレスにより抜け毛が増加している様な場合には、このツボを刺激することにより改善が可能です。

 

頭髪は東洋医学では、血の余りと考えられており、血液の流れが良好であることが健康的な成長のためには不可欠となります。

 

血液循環という部分において百会よりも効果的なのが、あ門(あ門)というツボです。

 

場所は、後頭部の中心線上で鼻血が出た時に叩く部分にあります。

 

頭皮と共に首の血行が良化するので、毛根に栄養素を十分に送り込めるようになります。

 

このあ門のすぐ近くには、風池(ふうち)というツボも存在しており、こちらも血液の流れを改善します。

 

目の疲れなどにも効果的であり、疲労を回復させる効果があります。

 

これらのツボを定期的に刺激することにより、気の流れを改善することによるハゲ予防となります。

 

前述したように副作用に見舞われる危険は全くないので、頭髪を守ることと引き換えにして何かを失ってしまうことはありません。

 

ただし、やり過ぎると疲労につながるので、気持ちが良いと感じる程度で済ますのが適当です。

 

 

 

 

 

 

 


お相撲さんもフッサフサ!モンゴル人が薄毛が少ない理由

 

大相撲でお馴染みのモンゴル人は、日本人と見た目にそれほどの違いがあるわけではありません。

 

しかし、年齢を重ねるに従って違いが生じることになります。

 

それは、頭皮が露出する薄毛になる割合です。

 

日本人の男性が薄毛となるのは、約30%の確率と考えられています。

 

そのほとんどは、男性型脱毛症という症状で、前頭部と頭頂部の頭髪が軟毛化してしまい、最終的には頭頂部の頭髪は完全になくなってしまいます。

 

一方でモンゴル人の場合は、正確なデータはありませんが、極めて少ないことが知られています。

 

これは、遺伝的な要因と生活習慣とが関係していると推測されます。

 

この原因を突き止めることにより、薄毛予防に利用できる可能性があります。

 

モンゴル人同様に、薄毛になりにくいことで知られているのが、アメリカ大陸の先住民族であるインディアンです。

 

ただし、インディアンの場合は、ある程度の理由が判明しています。

 

それは、彼らが昔から愛用している天然ハーブによるものです。

 

インディアンが古来より愛用している天然ハーブは、日本ではノコギリヤシという名前で知られています。

 

ノコギリヤシは、男性型脱毛症の原因物質であるDHTの生産に関与している5αリダクターゼという還元酵素の活性を阻害する作用があります。

 

DHTは、前頭部と頭頂部の毛乳頭細胞の受容体と結び付いた場合に、皮脂の分泌量を著しく増加させて頭髪の成長サイクルを狂わせてしまいます。

 

この為に、頭髪は細く短くなります。

 

ノコギリヤシでDHTの生産を抑制することにより、頭髪の成長サイクルは狂わされることがありません。

 

この為に、薄毛にならないという結果につながります。

 

このノコギリヤシの作用は、飲む育毛剤として知られる男性型脱毛症の治療薬プロペシアとほぼ同様です。

 

一方モンゴル人の場合も、イラクサという植物を用いています。

 

こちらはノコギリヤシの様に食べるのではなく、葉や根の部分をすりつぶし洗髪に使用するという利用法です。

 

この植物には、毛根を強化する効果があるので抜け毛を防止します。

 

また、免疫力を向上させる作用もあるので、アレルギーやストレスなどにより頭髪への影響を抑制します。

 

現在では、このイラクサエキスを配合した育毛剤やシャンプーも製造されており、日本でも販売されています。

 

イラクサエキスによる効果は、副作用を呼び込む様な内容ではありません。

 

また、男性だけではなく女性も利用できるということもメリットとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

こうやって回復させる!若ハゲが気になりだしたらやること

 

男性の薄毛の多くを占める男性型脱毛症は、DHTという物質が原因です。

 

この物質は、男性生殖器の育成に関与しているのですが、毛乳頭細胞のレセプターと結合した場合は頭髪の成長を著しく阻害することになり、本来であれば数年間は継続する成長期が半年程度にまで短縮されてしまいます。

 

この物質は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素に変換されることにより作られます。

 

テストステロンは、思春期に分泌量が急増するので、DHTが増加するのもこの時期になります。

 

つまり、男性の薄毛は思春期以降に発症するということであり、10代で発症するというケースも起こりえるということです。

 

頭髪は、命に直接関係する部分ではありませんが、有るのと無いのとでは見た目のイメージを大きく変えてしまいます。

 

特に、10代や20代の若ハゲと呼ばれる状態は目立ってしまうので、社会的な影響を強く受けることになります。

 

DHTが毛乳頭細胞のレセプターと結合するのは遺伝的な要因によるものであり、男性型脱毛症の発症を防止することは、本人の努力ではどうすることも出来ません。

 

しかし、症状の進行を防止することは、現在では可能となっています。

 

DHTの生産に関与している還元酵素の5αリダクターゼの活性を阻害する治療薬が開発されており、男性型脱毛症の治療を行う医療機関で処方されています。

 

この治療薬は臨床試験により効果が確認されており、1年間1mg服用した場合は98%の人に不変以上の効果が出ています。

 

つまり、この治療薬を服用することにより、男性型脱毛症の進行を防止できるということになります。

 

ただし、前述したようにDHTは男性生殖器の育成に関与している物質であり、未成熟の段階で使用すると発育が阻害される危険があります。

 

この為に、10代での服用は禁止されているので、これ以外の方法を行わなくてはなりません。

 

頭髪は漢方では血の余りと表現されるように、エネルギーが回されるのは一番最後です。

 

この為に、まずは栄養バランスのとれた食生活を送ることが、薄毛を予防する具体策となります。

 

特に、頭髪を構成している成分であるたんぱく質とそれをサポートする亜鉛は非常に重要です。

 

また、亜鉛には5αリダクターゼの活性を抑制する作用もあるので、男性型脱毛症の進行を防ぐ効果も期待できます。

 

亜鉛は牡蠣や牛肉に多く含まれているので、これらを意識的に食べることが若ハゲの予防となります。

 

 

 

 

 

 

 

頭皮がイキイキと!髪にいい頭皮マッサージの効果

 

 

頭髪は、毛乳頭という部分が栄養素を吸収することにより、その周囲にある毛母細胞が分裂して成長します。

 

毛乳頭は頭皮の内部にある毛球のくぼんだ所で、ここに栄養素を届けるのは毛細血管の役割です。

 

この為に、血液循環が思わしくない場合は栄養素を毛乳頭に十分に届けられないので、毛母細胞の分裂もスムーズに行われなくなります。

 

つまり、頭髪の成長が阻害されるということであり、抜け毛や薄毛につながってしまいます。

 

逆に、頭皮の血行を促進することは、毛乳頭へ栄養素を届けるサポートとなるので、毛母細胞の分裂が活発になります。

 

薄毛や抜け毛を改善する為に開発された育毛剤の多くは、頭皮の血行を活性化する作用がある成分が配合されています。

 

この様に、東洋医学では頭髪は血の余りと考えられているほど頭髪と血行には密接な関係があります。

 

頭皮マッサージは、血行を促進することを目的としており、育毛剤同様に頭髪の成長にプラスの効果を期待できます。

 

頭皮の内側にアプローチすることで、健康的に成長を行うために必要な栄養素がしっかりと届けられることになります。

 

また、頭皮マッサージには、新陳代謝を活性化する効果もあるので、頭皮のターンオーバーが活発になります。

 

これにより、古い角質と共に毛乳頭の機能を弱める原因の毛穴のつまりも解消されることになります。

 

さらに、頭皮マッサージを行うことにより、顔のたるみも改善されます。これは、顔と頭皮はつながっているからです。

 

逆に、顔の皮膚が下がってくると頭皮も引っ張られてしまい、頭髪は寝た状態となります。

 

年齢を重ねるにつれて顔の皮膚は下がっていくので、これを予防する頭皮マッサージはアンチエイジングという観点からも有効です。

 

頭皮マッサージは、下から上へ行うのが効果的です。

 

これは、頭皮の血行が下から上へと流れているからであり、血液循環を良化させます。

 

また、頭皮部分だけではなく頸動脈にも同時に行うとより有効となります。

 

これは、心臓から送られた血液は頸動脈あたりで停滞するケースが多いからであり、この部分にマッサージを行うことにより、頭部への血流量を増加させます。

 

一方頭皮マッサージを行う上での注意点は、頭皮に負担をかけないということです。

 

やり過ぎや爪を立てて傷つけたりすると、逆効果になってしまいます。

 

1日に5分程度が目安であり、指の腹を使って優しく丁寧に行わなければなりません。

 

毎日続けることにより、少しずつ頭皮は柔軟になり、健康的な頭髪が成長できる環境が形成されることになります。

 

 

 

 

 

 


血行不良はハゲる原因!硬い頭皮を潤いある頭皮にするには

 

薄毛の原因として大部分を占めている、とされているのが血行不良です。

 

男性だけでなく、女性の薄毛の原因になることもあり、注意しなければなりません。

 

男性型脱毛症の改善にも、血行不良を改善すると良い結果が出ることは明らかです。

 

こちらでは、血行不良になってしまった硬い頭皮を潤いある健康的な頭皮にする方法を教えします。

 

 

■頭皮マッサージを積極的に実施すること

 

・血行促進のスタンダードな対策方法

 

頭皮をマッサージすることで血行を高める方法です。

 

指の腹を使って頭皮を掴み軽く押す、育毛剤をつけた時に行ってみたり、お風呂で洗髪している時に行う、といった方法もあります。

 

頭皮マッサージの利点は、お金が一切かからない、といったところです。

 

時間さえあればできるので、今日から始めてみませんか。

 

 

■洗浄力が弱めなシャンプーを利用すること

 

・洗浄力が強すぎるシャンプーは頭皮の薄おいを奪い去ってしまう

 

育毛を考える上で頭皮は重要です。

 

血行が良く潤いのある肌にするためには、適切なシャンプーの利用を心がけなければなりません。

 

しかし、シャンプーの洗浄力にこだわりすぎてしまうのも問題です。

 

洗浄力の強すぎるシャンプーは頭皮の潤いを奪い去ってしまいます。

 

特に、

 

・高級アルコールシャンプー
・石鹸シャンプー

 

の2点については、洗浄力が極めて高いことでも知られています。

 

頭皮環境を悪化させてしまう可能性もあるので、なるべく育毛をしている方は利用しないでください。

 

お勧めなのは、

 

・アミノ酸シャンプー

 

です。

 

アミノ酸シャンプーは弱酸性となっており、頭皮と同じなのです。

 

頭皮にとって非常に相性が良いシャンプーです。

 

洗浄力は弱めですが、頭皮の上にある皮脂や汚れはしっかりと取れるので安心してくださいね。

 

 

■育毛剤を利用すべし!

 

・保湿機能あり
・血行促進機能あり

 

育毛剤には頭皮にとって良い成分がこれでもか、と含まれているのです。

 

保湿機能もしっかりと含まれており、血行促進機能もあります。

 

頭皮の状態をよくできるので、育毛剤を定期的に利用しましょう。

 

育毛剤には他にも殺菌機能もあります。

 

頭皮に菌が繁殖すると、頭皮環境が著しく悪化してしまうのですが、殺菌作用があることで頭皮の菌のバランスが取れます。

 

著しく増えてしまい皮膚に負担をかける、といったことがなくなるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

肉好きの人は要注意!ハゲを作る危険すぎる食生活とは

 

 

お肉が好きな人は20代や30代にはかなり多いと思います。

 

40代以降になると胃もたれなどもあり、お肉を避け始めますよね。

 

それだけ、体に負担をかけてしまうのもお肉なのです。

 

こちらでは、肉と薄毛の関係性について解説します。

 

お肉は薄毛を招いてしまうのでしょうか、それとも食べても問題はないのでしょうか。

 

 

■肉の脂質が皮脂の分泌量を増してしまう!

 

・オイリー肌を促進させてしまう可能性あり

 

お肉を食べ過ぎてしまうと、過剰に脂質を摂ることになります。

 

体内にたくさん脂質が入ってくると、いらないものは排出しようとなります。

 

便として排出されればよいのですが、そんなに都合良くは行きません。

 

脂質の排出先の一部には皮脂腺があるのです。

 

皮脂腺が活性化してしまい、どんどんと排出されていきます。

 

頭皮がオイリーな状態になってしまいます。

 

皮脂がたくさんお肌の上にあると、うるおいがあるようにも感じますが、限度がないわけではありません。

 

皮脂が過剰分泌されると、菌によっては天国なのです。

 

食べ物がたくさんある状態なので、どんどんと食べて、どんどんと繁殖します。

 

お肌の上に、菌が大量繁殖してしまい、皮膚に負荷をかけてしまう。

 

頭皮は耐え切れなくなって炎症などが起こってしまうのです。

 

炎症が起こると、頭皮バランスも大いに崩れてしまい、薄毛が発症してしまいます。

 

お肉を食べ過ぎてしまうと、頭皮環境のバランスを崩してしまう、といったことは覚えておきましょう。

 

 

■お肉では必要な栄養素を摂取できない!

 

・アミノ酸の摂取ができないことも

 

髪の毛に必要なのはタンパク質とアミノ酸です。

 

髪の毛の主成分は他の悪質であり、その構成に関わっているのがアミノ酸なのです。

 

お肉にはタンパク質がたくさん含まれているので、育毛に良いのではないか、と思っている方もいるかもしれませんね。

 

しかし、問題がありました。

 

お肉にももともとはタンパク質とアミノ酸が含まれているのですが、調理することでアミノ酸に問題が起こってしまうのです。

 

アミノ酸には熱に弱い、といった特性があります。

 

熱を加えると破壊されてしまうのです。

 

肉料理は、ほとんどが熱を加えていますよね。

 

タンパク質を摂取できたとしても、アミノ酸量が足りなくなってしまい、結果的に髪の毛の生成量が落ち込んでしまいます。

 

お肉は栄養が豊富そうですが、髪の毛にとってはせっかくの栄養も活かせない、といった状況になりかねません。

 

 

 

 

 

 

 

 

朝シャンの何が悪いの?朝シャンがハゲを進行させる理由

 

朝起きてするシャンプーは、1980年代の後半ごろから定着したと考えられている習慣で、朝シャンと呼ばれています。

 

頭皮と頭髪を清潔にして1日をスタートできるというメリットはありますが、場合によっては薄毛を進行させる危険もあります。

 

時間のない中で急いでシャンプーすると、洗い残しがあったり濡れたまま外に出るということが起こりがちです。

 

これらは、頭皮や頭髪にマイナスの影響を及ぼしてしまいます。

 

また、時間的な余裕がある中で朝シャンを行った場合でもデメリットが生じる可能性があります。

 

頭皮や頭髪を守る役割を担っている皮脂を除去しすぎてしまうことにより、紫外線などの外部からのダメージに対して無防備な状態となってしまうのです。

 

朝シャンが定着した1980年代の後半から増加していると考えられるのが女性の薄毛です。

 

女性はホルモンの作用により頭髪は男性よりも長く成長するので、薄毛になりにくいという特徴があります。

 

しかし、全く無関係というわけではなく、薄毛になる可能性はあります。

 

無理なダイエットによる栄養不良や女性ホルモンの分泌量の低下とともに、朝シャンによる洗い過ぎということも原因と考えられます。

 

特に、石油由来の界面活性剤が配合されているシャンプーは、洗浄力が強い一方で頭皮へのダメージも与えてしまいます。

 

敏感なタイプの人は、特に大きな負担を受けてしまうので、薄毛を進行させる原因となります。

 

この様に、朝シャンは、頭皮と頭髪に様々なマイナスの効果をもたらしてしまいます。

 

これらは、基本的には洗い過ぎによるものです。

 

しかし、それならば夜シャンプーするのを止めて、朝シャンだけにすれば良いというわけでもありません。

 

これは、頭髪は夜の10時から2時にかけてが最も成長する時間だからです。

 

夜シャンプーしないということは、これらの時間を毛穴が汚れた状態で過ごさなくてはならなくなります。

 

成長が抑制された様な状態となるために、健康的な新しい頭髪が生えにくくなり、短くなったり細くなってしまう可能性があります。

 

この為にシャンプーは、やはり夜行うのが合理的であり適当です。

 

どうしても朝にシャンプーーをしたいという場合は、天然成分を原料としているオーガニックタイプの商品を使用して、皮脂を取り過ぎないように注意しなくてはなりません。

 

また、きちんと乾燥させることも必要であり、30分早く起きるなど時間的な余裕を作る工夫も求められます。

 

 

 

 

 

 

 


育毛剤使っていても意味ナシ!間違った使い方では効果ありません

 

育毛剤は薄毛に効果が期待できます。

 

しかし、使い方によってはその効果を無にしてしまいかねません。

 

こちらでは、育毛剤の間違った使い方を徹底解説します。

 

もしもアナタが該当している行動をとっていたのであれば、早急に正しい使い方に変更すべきです。

 

 

■育毛剤を1日に1回しか使っていない!

 

・育毛剤の効果は数時間しか持たない

 

育毛剤は1度塗布しただけで24時間効果が持続する、といったことはありえません。

 

どんなに強い作用を持っている育毛剤であったとしても、数時間程度で自然に効果はなくなっていきます。

 

そもそも、育毛剤を塗布した直後の頭皮は湿っていますよね。

 

しかし、徐々に蒸発していくわけです。

 

いつまでもその場に育毛剤がとどまっているわけではありません。

 

 

・1日に2回利用するのがベスト

 

1日に1回では効果が薄いので1日に2日使うのがベストです。

 

育毛剤の効果が頭皮に与えられている時間が伸びるので、より高い効果が期待できるのです。

 

1日2回の利用は習慣づければ特に難しいものではありません。

 

夜寝る前に塗布し、朝起きた時に塗布する、といったような感じで習慣化しましょう。

 

 

■頭皮が汚い時に利用している

 

・外出後に育毛剤を使っていませんか?

 

仕事から帰ってきた後に育毛剤を塗布していませんか。

 

確かに、外出前に育毛剤を利用するのは勇気がいることかもしれません。

 

中には、臭いがきつい育毛剤もありますよね。

 

その臭いで育毛剤を使っていることがバレてしまうことが発覚してしまうかもしれません。

 

しかし、育毛剤の効果を高めるためには、頭皮にしっかりと浸透する必要があるのです。

 

仮に頭皮が汚れたままの状態であれば、せっかくの素晴らしい成分も頭皮の上にあるだけで浸透していきません。

 

効果が全く得られないのです。

 

 

・どんな時に利用すべきか?

 

洗髪してドライヤーで頭皮を乾かした後に利用するのがおすすめです。

 

頭皮が綺麗な状態なので、より育毛剤の効果が発揮しやすい条件がそろっています。

 

朝起きた時におすすめです。

 

家の中にいる状態であれば、それほど頭皮が汚れてしまうような状況ではないからです。

 

清潔な状態が維持されたままなので、育毛剤の塗布するタイミングに適しています。

 

 

■育毛剤を髪の毛につけている

 

・スタイリング代わりに使っては意味が無い

 

育毛剤は頭皮につけるものであって、髪の毛につけるものではありません。

 

スタイリング剤のような役割で利用している方もいますが、育毛剤は頭皮に使ってなんぼです。

 

髪の毛に使っても何の育毛効果も発揮してくれませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

薄毛対策はタイプごとに違う!自分の薄毛のタイプを知ろう

 

 

薄毛は、遺伝やホルモン、食生活、ストレスなど多様な原因により発症します。

 

現在では特定の原因により発症した薄毛は、高確率で進行を防ぐことが可能となっています。

 

的確な育毛対策を実施する為には、自分の薄毛のタイプを知ることが必要です。

 

男性の薄毛の大部分は、AGAという症状と考えられます。

 

日本人男性の約30%の割合で見られる症状であり、男性ホルモンのテストステロンがU型5αリダクターゼに変換されて生み出されるDHTが原因物質です。

 

DHTは、テストステロンをサポートする作用がある物質で、男性生殖器を発育させるなどの作用があります。

 

しかし、前頭部から頭頂部にかけての毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合すると、毛母細胞の増殖を抑制してしまい成長期を短縮させます。

 

この為に、生え際から頭頂部にかけての部分は軟毛化して短く細くなってしまいます。

 

これらの内で、生え際の両サイドが特に目立って薄毛となるタイプはM字型、頭頂部が薄いタイプはO字型と呼ばれています。

 

それぞれアルファベットのMとO の様に見えるからです。

 

このAGAは、テストステロンの分泌が増加する思春期以降に徐々に発症する症状で、20代では約10%、30代は20%、40代は30%と徐々に発症頻度は高くなり、50代以降は40数%にまで達します。

 

毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体の感受性が発症のカギを握っており、遺伝的な要因が関係していると考えられています。

 

この為に、診断では額の生え際が後退し前頭部と頭頂部の頭髪が軟毛化していることを確認する視診と共に、家族の頭髪の状態についての問診も行われます。

 

AGA以外の薄毛としては、女性に多く見られる頭髪が全体的に軟毛化するという症状が代表的です。

 

これは、びまん性脱毛症と呼ばれている症状で、女性ホルモンの分泌量の低下が主な原因と考えられています。

 

また、ダイエットによる栄養不良や過度なヘアケアなどが原因となるケースもあります。

 

女性の薄毛は男性の様に毛根が機能しなくなるまで進行することはほとんどないので、原因を把握して適切に対処することにより改善が可能です。

 

逆に精神的に落ち込んでしまうとストレスにつながり、円形脱毛症などの他の症状を併発してしまいます。

 

この為に、精神的に追い込まれてしまわないように注意しながら原因を特定し、速やかに対処することが求められます。

 

尚、女性の薄毛に対しては、栄養補給やホルモンバランスの改善などの身体全体の状態を整えることを目的とした治療が有効と考えられており、普段からこれらを行うことは薄毛予防として効果的です。

 

 

 

 

 

 

 


効果は何と98%!飲む育毛剤プロペシアって何?

 

プロペシアとは男性型脱毛症の治療薬で、2005年に厚生労働省に承認されて販売が開始されています。

 

内服タイプということから飲む育毛剤とも呼ばれており、1日に1度水かお湯で飲むという使用法です、

 

男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンが還元酵素U型5αリダクターゼにより変換されて作りだされるDHTが根本的な原因です。

 

この物質が、男性ホルモン感受性毛包の毛乳頭細胞のレセプターと結び付くことにより、毛母細胞の増殖が抑制されてしまい、毛周期を繰り返す過程で成長期が短くなってしまいます。

 

日本人の場合は全体の約30%に見られる症状で、20歳代の後半から30歳代にかけて発症するケースがほとんどです。

 

その後、徐々に進行して40歳代以降には、額の生え際が後退して頭頂部の頭髪がなくなってしまう完成へと至ります。

 

プロペシアの男性型脱毛症に対しての作用は、U型5αリダクターゼの酵素活性を阻害することであり、根本的な原因であるDHTの生産が抑制されることになります。

 

これにより短縮されていた成長期が元の状態へと回復するので、頭髪は短い状態で抜けることなく成長するようになります。

 

厚生労働省が承認する前に1年間かけて行った臨床試験では、1日1mgの投与により軽度改善以上の効果が58%、不変以上の効果は98%に認められています。

 

尚、これは頭頂部の写真評価によるものです。

 

この様に、プロペシアはこれまでの薄毛治療では考えられないほどの高確率の効果を期待できます。

 

アメリカで開発された治療薬で、世界60カ国以上で使用されています。前頭部や頭頂部の薄毛に悩んでいる人にとっては、救世主とも呼べる存在です。

 

ただし、プロペシアは頭髪に対して直接アプローチする様な作用はないので、男性型脱毛症以外の薄毛には何の効果もありません。

 

また、男性型脱毛症であっても毛根が機能を喪失してしまった様な場合は、改善することは出来ません。

 

この為に、発症してから10年以内に服用することが推奨されています。

 

尚、プロペシアが生産を抑制するDHTは、男性の生殖器官を発育させるという役割を担っています。

 

この為に発育が十分ではない未成年者や妊娠又は妊娠している女性、授乳中の女性は使用することを禁止されています。

 

さらに、更年期以降の女性は男性型脱毛症の様な薄毛になるケースがあるのですが、これに対しても無効であることが海外で行われた良質なランダム化比較試験により確認されています。

 

 

 

 

 

 

その育毛剤はダメかも?注意したい育毛剤の選び方

 

育毛剤は、薄毛の予防と改善のために使用する最も一般的なアイテムです。

 

様々な成分を配合した多様な商品が開発されており、薄毛のタイプに合わせて選択できる状況です。

 

適切な商品を使用することにより、効果が発揮されます。

 

例えば、頭頂部の薄毛に悩んでいる場合は、血行を促進する成分が配合されている育毛剤がおすすめです。

 

血液循環が良化することにより、毛乳頭に栄養素が送りこまれて毛母細胞の分裂が活性化します。

 

健康的な頭髪が成長することで薄毛が改善されます。

 

中年男性に多く見られる生え際の薄毛は、男性ホルモンが関係しています。

 

これは、男性型脱毛症と呼ばれる症状で、DHTという物質が毛乳頭の受容体と結合したことにより、頭髪の成長が阻害されてしまいます。

 

この症状の特徴は、頭皮の皮脂の分泌が増加するということです。

 

また、短い状態のままで抜けるケースも多くなっていきます。

 

これは、頭髪の成長サイクルが狂わされているからで、DHTが生産されている限り症状の進行を止めることは出来ません。

 

このタイプの薄毛の人は、DHTの生産を抑制する成分が配合されている育毛剤を選ばなくてはなりません。

 

血行を促進する様な育毛剤を選んだ場合は、逆に薄毛が悪化する可能性があります。

 

この男性ホルモンによる薄毛の場合は、治療薬を使用するという方法もあります。

 

これは、内服タイプということから飲む育毛剤とも呼ばれている治療薬で、医療機関で処方されています。

 

厚生労働省に承認されており、臨床試験により効果は確認されています。

 

ただし、この治療薬は女性は使用することが出来ないので、生え際の薄毛が気になる女性は違う育毛剤を使用しなければなりません。

 

女性の薄毛はストレスや栄養不良など男性よりも原因が多様であり、頭皮や頭髪に栄養を与えるという方法が有効と考えられています。

 

この為に女性用の育毛剤は、天然由来の成分を中心として製造されています。

 

また、頭皮に刺激を与えないために、着色料や香料などを一切使用していない無添加のものが多いのが特徴です。

 

この様なタイプの育毛剤は、副作用の危険がないので、安心して長期的に利用できるのがメリットです。

 

この様に育毛剤は、薄毛のタイプや性別により適当な商品は変わってきます。

 

また、慎重に検討した上で選択したにも関わらず合わないということも起こってしまいます。

 

この様な事態になった時に便利なのは、返金制度を用意している育毛剤です。

 

 

 

 

 

 

 


シュワシュワでスッキリ!炭酸水が薄毛に効果あり?

 

無糖の炭酸水は、美容と健康に多様な効果を期待できることで女性を中心に消費が増加しています。

 

これは、炭酸水には血液循環を良化させる作用があるからです。

 

具体的には、炭酸ガスが血管に入ることにより酸素不足の様な状態となり、身体は酸素を供給する為に血流量が増加するという内容です。

 

また、炭酸水は疲労物質である乳酸を分解する作用や老廃物の排出を促進する効果もあります。

 

疲労回復やダイエットに有効であり、平成20年には約3万キロリットルだった生産量が平成23年には3倍の約9万キロリットルに増加しています。

 

さらに、炭酸水は抗菌作用があるので、飲むだけではなく塗るという利用も行われています。

 

お肌を傷めることなく細菌を抑制するので、くすみや大人ニキビを改善する美白効果を期待できます。

 

そして、顔と頭皮とはつながっているので、これらの効果は薄毛にも有効です。

 

具体的な方法は、乾燥した状態の頭皮と頭髪に炭酸水をかけて指の腹により揉み込むようにマッサージを行い、水やお湯で洗い流すというだけです。

 

これにより、頭皮の毛細血管が拡張するので、毛根部分に酸素や栄養素が行き渡る様になります。

 

毛根部分には毛乳頭細胞が存在しており、この部分が栄養素を吸収することで棒母細胞が増殖して頭髪は成長します。

 

この為に、炭酸水による育毛は、頭髪を成長させるための適切な環境を形成する効果を期待できます。

 

また、雑菌の繁殖を防ぐので、頭皮は清潔な状態がキープされることになります。

 

皮脂の分泌量が多いタイプの人には、特におすすめです。

 

毛穴の汚れをスッキリさせると共に、皮脂を餌にしていた細菌による被害を防ぐことが出来るからです。

 

この炭酸水による育毛のメリットは、副作用に見舞われる危険がないということです。

 

頭皮と頭髪の健康を向上させるという作用であり、育毛と引き換えにして何かを犠牲にする様な内容ではありません。

 

また、育毛剤を使用するなどの方法と比較すると経済的な負担が少ないということもメリットです。

 

3日に1度程度のペースで十分効果が期待できるので、一カ月にかかる費用は数百円程度で済みます。

 

もちろん、育毛剤との併用も可能です。

 

ただし、炭酸水による育毛は、完全になくなってしまった頭髪を自然な状態にまで回復させる様な効果は期待できません。

 

予防的な性格が強い方法であり、過剰に期待をかける様なものではありません。

 

 

 

 

 

 

 

女性用と男性用の育毛剤の成分の違いと作用するポイント

 

男性の薄毛の大部分は、男性型脱毛症という症状であることが長年の研究の結果判明しています。

 

この症状は男性ホルモンのテストステロンが、還元酵素のU型5αリダクターゼに変換されたことで作られるDHTという物質が原因です。

 

U型5αリダクターゼは、生え際から頭頂部にかけての毛根に分布しているので、男性の薄毛はこの部分に集中しているのが特徴です。

 

これを改善する為にはDHTの生産を抑制しなくてはならないので、育毛剤にはそのための成分が配合されることになります。

 

具体的には、アメリカ大陸で自生している天然ハーブであるノコギリヤシや亜鉛、漢方薬としても使用されるヒオウギエキスなどが挙げられます。

 

また、DHTには皮脂の分泌を過剰化するという作用もあるので、これをコントロールするビタミンB2やB6、ドクダミの根を乾燥して作られるカシュウなどが配合されています。

 

これに対して女性の薄毛は、栄養不良や女性ホルモンの分泌量の低下、パーマやカラーなどによるダメージなど原因が多様です。

 

女性用育毛剤として提供されている商品は、これらの多様な原因に対応させるために、自然由来の栄養価の高い成分やホルモンバランスを整える作用を持つ成分が配合されており、着色料や香料を使用せずに製造しています、

 

アロエや昆布エキスなどの天然成分が配合されている育毛剤は、栄養不良が原因の薄毛に対して効果的であり、ホルモンバランスを整えるプラセンタが配合されたものは女性ホルモンの減少による薄毛を改善します。

 

女性の薄毛は、男性の様に毛根が機能しなくなる状態にまで進行するケースは極めてまれです。

 

この為に、かなり進行した状態からでも回復させることが可能と考えられています。

 

ただし、男性型脱毛症の様に原因が明確ではないので、多様な角度からのアプローチが求められます。

 

尚、育毛剤の全てが女性用と男性用として提供されているわけではなく、兼用できるものもあります。

 

ただし、女性と男性では体格に違いがあるので、同じ成分を使用していても女性用の育毛剤は濃度が低くなっています。

 

また、薄毛は日本人特有の症状ではないので、育毛剤も世界中で開発されています。

 

日本製のものは使用感が優れているということが特徴で、海外製のものは効果を発揮させるということを重視しています。

 

女性用と男性用の違いと共に国産と海外製の違いも把握しておくと育毛剤の選択肢の幅が広くなります。

 

 

 

 

 

 

 


ハゲやすい人とハゲない人の違いは生活習慣と食習慣だった

 

 

ハゲる人とハゲない人の違いをチェックすると、浮き彫りになってくるのが生活習慣と食習慣の大きな差です。

 

こちらでは、ハゲる人とハゲない人の違いを生活習慣と食習慣から明らかにします。

 

薄毛の有効な対策法を知りたい、といった方は必見です。

 

 

■ハゲやすい人とハゲない人の生活習慣の違い

 

・早寝早起きをするハゲない人
・夜ふかしをするハゲやすい人

 

睡眠と薄毛には密接な関係性があります。

 

しっかりと睡眠時間を確保している人は、ハゲにくいのです。

 

一方で、寝不足の状態が続いてしまっている人は、どうしても薄毛になってしまいます。

 

睡眠が血行に影響を与えてしまう、といったことは知っているでしょうか。

 

睡眠にはストレス解消効果があるのです。

 

ストレスには血管をすぼめてしまう機能があるので、しっかりと寝ている方は血行が良いです。

 

一方で、睡眠時間が足りない方は血行が悪いのです。

 

 

・1日一回のシャンプーをするハゲない人
・数日に一回や1日に複数回シャンプーをするハゲやすい人

 

 

シャンプーは頭皮環境に大きな影響を与えてしまいます。

 

頭皮の清潔を守るためにも行うべきものなのですが、回数があまりに多いと問題を引き起こしてしまいます。

 

シャンプー回数が多いと必要な皮脂まで頭皮から奪い去ってしまうのです。

 

それだけではなく、皮脂がないことにより返って皮脂の過剰分泌を促してしまうこともあります。

 

適切なシャンプー回数を実践することが髪の毛のためにも大事なことなのです。

 

 

■ハゲやすい人とハゲない人の食習慣の違い

 

・野菜をしっかりと食べるハゲない人
・お肉ばかり食べるハゲやすい人

 

食べ物によって、薄毛になりやすかったり、なりにくかったり、といったことがあるのです。

 

野菜をしっかりと食べている方は、ビタミンやミネラルといったものをしっかりと補給できます。

 

頭皮の生成に欠かせない成分であり、定期的に補給する必要があります。

 

お肉には脂質が多く含まれている、といった特徴があります。

 

脂質を過剰摂取してしまうと、頭皮環境が悪化します、皮脂腺が活発化して、皮脂を大量分泌してしまうのです。

 

頭皮がオイリーになってしまいかねません。

 

・高タンパク低カロリーである食材をよく食べるハゲない人
・低たんぱく高カロリーである食材をよく食べるハゲやすい人

 

タンパク質は髪の毛の原材料になります。

 

比較的多めに摂取することが求められるのです。

 

しかし、カロリーの大量摂取は健康にも髪の毛にもよくありません。

 

そこで高タンパク低カロリーが求められるのです。

 

大豆や魚介類、さらに鶏肉などが高タンパク低カロリーです。

 

積極的に食べて薄毛対策としている方も多くいますよ。

 

 

 

 

 

 

 


バレない育毛の方法!誰にも気づかれずない育毛生活

 

薄毛を改善する為に使用するアイテムとして最も多くの人が使用しているのが、頭皮から有効成分を浸透させる育毛剤です。

 

現在では、第一類医薬品に指定されている育毛剤も開発されており、かなりの確率で発毛を実現します。

 

ただし、この様な塗るタイプの育毛剤は臭いやべたつきが生じがちで、誰にも気づかれずに行うのは非常に困難です。

 

育毛生活はある程度の長い期間が必要となるので、その人の生活環境によっては実行できないというケースも考えられます。

 

そこでおすすめなのが、育毛シャンプーと内服薬による育毛生活です。

 

これらは、使用していることが外部に知られる心配はないので、他人に気づかれる事なく発毛に成功することが可能です。

 

育毛シャンプーは、育毛剤に用いられている有効成分をシャンプーに配合した商品です。

 

洗髪時の頭皮が柔らかい状態で、有効成分を浸透させるという内容です。

 

この商品のメリットは、最終的には水やお湯で洗い流してしまうので、臭いやべたつきが残らないということです。

 

この為に、会社や学校に出かける前に使用することも可能です。

 

ただし、頭皮に短時間で浸透させなくてはならないので、どの程度の発毛効果が発揮されるかについては未知数な部分があります。

 

まだ新しい商品ということで、蓄積されたデータは十分ではありません。

 

今後の報告が待たれるという状況です。

 

もう一方の内服薬も、それほど長い歴史を積み重ねてきたわけではありません。

 

しかし、こちらは良質なデータが存在しており、科学的にも効果が確認されています。

 

この内服薬の代表的な存在が、男性型脱毛症の治療薬であるプロペシアです。

 

元々はアメリカで前立腺肥大の治療薬として使用されていたもので、男性ホルモンのテストステロンをDHTに変換する作用を持つU型5αリダクターゼの酵素活性を阻害するというのが具体的な内容です。

 

DHTは、頭髪の成長に関与している毛乳頭細胞のレセプターと結合することにより、通常であれば数年間続く頭髪の成長期を半年程度にまで短縮します。

 

これにより、頭髪の寿命は極端に短くなってしまうので、長くなる前に抜けてしまう様になります。

 

U型5αリダクターゼを阻害することにより、DHTの生産は抑制されることになります。

 

狂わされていた頭髪の成長サイクルが正常化することにより、自然な状態へと回復することになります。

 

プロペシアは、1日に1度好きな時に水かお湯により服用するという利用法です。

 

味も臭いもない治療薬で、使用していることを他人に知られる心配はありません。

 

 

 

 

 

 

 


薬なしでも大丈夫!食生活や生活習慣の改善で薄毛解消

 

薄毛は多くの人が悩んでいる症状であり、近年では女性も無関係とは言えなくなっています。

 

男性の場合はホルモンの働きが影響しているのですが、女性の場合は食生活や生活習慣の乱れが原因であるケースが多いと考えられています。

 

つまり、これらを改善することにより、薄毛の解消が可能ということになります。

 

頭髪は毛母細胞の分裂により成長するのですが、これを行うためには毛乳頭に栄養素を届けなくてはなりません。

 

また、頭髪は生命活動とは直接関係していないので、使用されるエネルギーは一番最後となります。

 

この為に、栄養不良の状態が続くと真っ先に影響が及ぶ事になります。

 

無理なダイエットを行うと薄毛になる危険が高くなります。

 

栄養補給が十分であっても、それだけで万全というわけではありません。

 

毛乳頭に栄養素を届けるのは、毛細血管が役割を担っているからです。

 

つまり、血液循環が良好でない場合も栄養不良の状態と同様に毛乳頭に栄養素を届けられないので、毛母細胞が分裂する頻度が少なくなるということになります。

 

タバコは、血液循環を悪化させるものの代表的な存在です。

 

ニコチンに血管を収縮させる作用があるからです。

 

さらに、煙に含まれている一酸化炭素は血液中の酸素を減らしてしまうので、毛母細胞の活動を低下させます。

 

また、タバコを吸うことにより活性酸素という物質が生産されます。

 

この物質は、細胞膜の脂質を酸化させるので、細胞が老化して活性を低下させます。

 

つまり、毛母細胞自体に悪影響を及ぼすということです。

 

この様に、多くのマイナスの作用があるので、タバコは頭髪にとっては百害あって一利なしということです。

 

一方でアルコールは適量であれば血液循環を良化させるので、全くメリットがないというわけではありません。

 

しかし、飲み過ぎてしまうと肝臓に負担をかけてしまいます。

 

頭髪はたんぱく質で構成されているのですが、肝臓はたんぱく質を合成している器官です。

 

この為に、ここに負担をかけるということは頭髪の生産にマイナスの作用をもたらすことになります。

 

つまり、薄毛に悩んでいる場合は止めるのが適当です。

 

バランスのとれた栄養補給と血流不足の解消を心がけると共に、お酒やタバコからは遠ざかるということが薄毛や抜け毛を防ぐ具体的な方法です。

 

これらを実践することで徐々に身体の状態は良化することになり、丈夫な頭髪が生成されて薄毛の改善へとつながります。

 

 

 

 

 

 

 

 

薄毛対策するなら良質な睡眠を!睡眠不足はハゲる原因

 

薄毛の主原因は遺伝であり、男性型脱毛症(AGA)が関わっていることは紛れもない事実です。

 

しかし、薄毛の原因は他にもあります。

 

こちらでは睡眠不足と薄毛の関係性を明らかにします。

 

普段、短時間睡眠が多い、といった方は注意なければなりませんよ。

 

 

■睡眠不足とハゲの関係性

 

・全身の血行不良が頭髪を襲う

 

なぜ睡眠不足が薄毛を招いてしまうのでしょうか。

 

実は、ストレスが大きく関わっているのです。

 

睡眠不足が続いてしまうと、ストレスが解消されません。

 

そもそも、睡眠というものはストレスを解消させる、といった目的があるのです。

 

起きている時には我々は大きなストレスを脳に受けることになります。

 

そのままの状態では人体は維持できません。

 

そこで眠るのです。

 

寝ている時な脳がリラックスした状態になります。

 

入ってきた情報を処理しなければならない、といった状況にはなりません。

 

ストレスはどんどんと解消されます。

 

睡眠不足になってしまうと、ストレスが解消されないまま、また1日が開始されストレスが貯まります。

 

その繰り返しが身体に大きな負担をかけてしまうのです。

 

ストレスで最も悪いのが、血管を収縮させてしまうことです。

 

ストレスがある人は血圧が高め、なんて印象があるわけですが、それは事実です。

 

ストレスが高まってしまうと、血管がすぼまってしまうので血圧が高くなってしまいます。

 

血管が収縮するということは、全身の血液が至りにくい状態になってしまう、といったことに他なりません。

 

頭皮にも血液が行き渡りにくくなります。

 

その結果、髪の毛に送られるべき栄養が行き渡らなくなってしまうのです。

 

これが、睡眠不足がハゲを招く大きな理由です。

 

 

■良質な睡眠を確保するためにはどうしたら良いのか?

 

・深い睡眠を得るために紫外線を浴びること

 

紫外線はお肌にも悪影響をもたらしてしまうので、長時間はおすすめではありません。

 

しかし、朝起きた時に強い光を浴びる、といったことが良質な睡眠に深く結びついているのです。

 

朝に強い光を浴びると、その時点で体内時計はリセットされます。

 

じつは我々の体内時計は24時間ではなく25時間なのです。

 

普通に生活していると、1時間ずつずれてしまいます。

 

しかし、朝起きた時に強い日か理を浴びるとその時点でリセットされ、24時間対応になるのです。

 

よく言われているのが、朝光を浴びてから16時間後に眠くなる、といったものです。

 

紫外線には、睡眠を招く機能もあったのです。

 

寝付きが悪い方は、朝に10分でいいので朝日を浴びてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ハゲでもオシャレにカッコよく見られたい!薄毛でも似合う髪型

 

 

ハゲたとしても格好良い、と思われている方はたくさんいます。

 

日本では、俳優の渡辺謙さんがその代表例でしょうか。

 

また、世界的にはイギリス出身の俳優ジュード・ロウさんも格好いいです。

 

ちなみにジュード・ロウさんに関しては、世界でもっとも美しい男性、といわれた時期もありました。

 

若い時から薄毛ではあったのですが、非常な端正な顔立ちをしており、多くの女性をとりこにしていたのです。

 

ハゲたとしても諦める必要がありません。

 

そもそも、女性は男性の薄毛をあまり気にしてはいない、といった統計もあるほどです。

 

しかし、髪型は重要です。

 

モテるには、おしゃれに見える髪型をすることが必須です。

 

こちらでは、ハゲの方に似合う髪型について論じます。

 

どんな髪型にすればいいかで頭を悩ませている方は必見です。

 

 

■薄毛の男性が特にすべき「ソフトモヒカン」

 

・清潔感+増毛効果あり

 

女性が男性の髪型で最も気にしているのが清潔感です。

 

清潔感がない男性は薄毛であろうと、薄毛でなかろうとモテません。

 

まずはしっかりと短く整えていることが重要なのです。

 

薄いからといってロン毛にしていては、女性からはモテませんよ。

 

おすすめするソフトモヒカンですが、まずはサイドを軽く刈り上げるわけです。

 

耳に髪の毛がかからないので、清潔感、といったものがしっかりと得られます。汚らしさを感じさせない髪型です。

 

一方で、中央部分の髪の毛についてはモヒカンなので少し長くなります。

 

サイドは刈り上げているのに、中央部分は髪の毛はそれなりの長さとしているので、その対比で髪の毛が多いような錯覚現象が起こります。

 

いわゆる増毛したような感覚になるのです。

 

仮に中央部分の髪の毛が薄かったとしても、ソフトモヒカンであればずいぶんと印象が変わってきますよ。

 

 

■薄毛の男性におすすめ「ツーブロック」

 

・中央の髪の毛を伸ばしてカモフラージュ

 

ツーブロックはソフトモヒカンに似ている髪型です。

 

サイドを刈り上げて、中央部分の髪の毛を伸ばした状態にします。

 

要は、サイドとトップの差を強調させるのです。

 

ツーブロックに関しては、比較的髪の毛がまだある状態の時におすすめです。

 

進行がかなり進んでしまうとカモフラージュできません。

 

 

■薄毛の男性におすすめ「おしゃれボウズ」

 

・少し髪の毛を伸ばした坊主

 

髪の毛をツンツンに立てると、髪の毛1本1本の脆弱さが目立ちにくくなります。

 

局所的に薄毛になっているのではなく、全体的に少しずつ薄くなっている時に有効な髪型です。

 

 

 

 

 

 

 

 

薄毛をほうっておくと心臓病に?研究で示された関連性

 

 

心臓病とは、日本人の死因でがんに次ぐ第2位を占めている心臓の疾患の総称で、心疾患とも呼ばれています。

 

心臓は全身へ血液を送るポンプの様な役割を担っている器官であり、重篤な症状となってしまいがちです。

 

根本的には、血液の流れが悪くなることにより、心臓の動きも悪くなってしまうことが原因です。

 

この心臓病と薄毛に関係があるということが、東京大学の研究チームにより発表されています。

 

東京大学が、ヨーロッパの30代から80代の男性約3万7000人を11年以上かけて観察したデータによると、髪のある男性と比較すると薄毛の男性は狭心症や心筋梗塞などの心臓病のリスクが32%も高いことが判明しており、特に60歳以下でのリスク上昇は44%に達しています。

 

また、このデータでは薄毛のタイプによる比較も行われており、つむじ付近のみ、額から頭頂部、耳の上から頭頂部にかけて全体と薄毛が進行するごとにリスクは上昇しています。

 

尚、額近くから広がるよりも頭頂部近くの薄毛の方がリスクが高いという結果が出ています。

 

この様に、心臓病のリスクを高めてしまう頭頂部の薄毛は、男性ホルモンのテストステロンが深く関係しています。

 

このホルモンの分泌量は20歳代をピークとして、その後年齢を重ねるにつれて低下してしまいます。

 

この為に、心臓病の発症は男性ホルモンの減少と関係があるとも考えられています。

 

一方で、薄毛が進行する理由は別にあります。

 

分泌量の低下したテストステロンをサポートする為に、一部が変換されてDHTという物質が作り出されます。

 

この物質が毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結び付くことにより、毛母細胞の細胞分裂が抑制されてしまい、軟毛化が進み最終的には完全になくなってしまいます。

 

この薄毛が発症するのは、テストステロンをDHTに変換する還元酵素のU型5αリダクターゼの活性度や、DHTが結合する男性ホルモン受容体の感受性が関係していると推測されています。

 

これらが心臓病のリスクとどのように関係しているのかは、現時点では定かではありません。

 

この研究は、同僚の薄毛の祖父が心筋梗塞で亡くなったことがきっかけとなり開始されたもので、将来的には心臓病のリスクを知る指標の一つになる可能性があります。

 

ただし、心臓病のリスクが約4倍になる喫煙と比較すると数値は小さいので、頭頂部が薄毛であるからといって直ちに危険に見舞われるというわけではありません。

 

あくまでも一つのデータであり、根本的な原因である血液の流れが悪化しないように適度な運動を行うなどが適当です。

 

 

 

 

 

 

 


育毛初心者の方は知っておきたい育毛剤の種類と注意点

 

育毛剤初心者のかたは、たくさん銘柄があるのでどれを選んだらいいのか分かりませんよね。

 

悩んでしまい、育毛対策が遅れてしまう、といったことにもなりかねないのです。

 

こちらでは育毛剤の種類と夫々の注意点について解説します。

 

育毛剤選びの参考にしてもらえたら幸いです。

 

 

■医薬成分含有系育毛剤

 

・プロペシア、フィンペシア
・リアップ、ロゲイン、カークランド、ポラリス

 

医薬成分を含んだ育毛剤ですが、基本的に二つのパターンに分かれています。

 

フィナステリド系の育毛剤であるプイロペシアやフィンペシア、ミノキシジル含有系のリアップ、ロゲイン、カークランド、ポラリスといったものです。

 

フィナステリドに関しては、男性型脱毛症に特化した作用があります。

 

ミノキシジルに関しては、血行対策に特化した作用があります。

 

臨床試験もしっかりと行われており、医学的にも発毛効果があると認められているのが大きな特徴です。

 

ただし、100%効果を保証するものではありません。

 

効く人もいれば、効かない人もいるのです。

 

 

・副作用がある

 

医薬成分なので仕方のない部分ですが、副作用が出てしまう可能性が高いです。

 

安全性の問題があります。

 

性的な副作用や血圧に関する副作用が出ることもあり、生命の危険性もあります。

 

 

■天然成分系の育毛剤

 

・血行促進系育毛剤
・男性型脱毛症対策系育毛剤
・頭皮環境改善型育毛剤

 

天然成分をメインで含んでいる育毛剤は特に種類が豊富です。

 

血行促進をメインにしたものもあれば、AGA対策をメインにしたものがあります。

 

自分の薄毛の原因を考えて利用する育毛剤を選ぶ、といったメリットも有るのです。

 

天然成分を利用しているので、医薬成分を含んだタイプと比較すると、圧倒的に安全性が高い、といったメリットが有ることも確かです。

 

一方で、効果には疑問符がつきます。

 

 

・効果が緩やか

 

効果は出ないこともありますし、緩やかな効果しかない場合もあるのです。

 

天然成分なので医薬成分のような強い機能は期待できません。

 

 

■サプリメント系育毛剤

 

・育毛に良い成分を口から摂取する

 

ビタミンやミネラルといった一般的な成分から、カプサイシンやダイスイソフラボン、さらにノコギリヤシといった育毛に効果が高いとされる成分をサプリメントで摂取します。

 

体内からの育毛対策ができる、とのことで評判となっています。

 

 

・健康補助食品なので効果に疑問符あり

 

サプリメントは圧倒的な育毛効果、といったものを持っていません。

 

あくまで栄養補給をする、といった感覚での利用が適切です。

 

 

 

 

 

 

 

 


抜け毛が多くなる季節|育毛を始めるのに最適な季節は?

 

抜け毛は季節によって増えたり減ったりするものです。

 

季節によっては、1日で100本以上や200本以上抜けてしまうことも考えられます。

 

こちらでは、育毛を行うのにおすすめの時期、といったものをお話します。

 

抜け毛が多くなる時期を知っていれば、前もって増えないような対策ができますよ。

 

 

■夏に育毛を開始すべし

 

・秋口に最も抜け毛が増える

 

夏が終わって秋に入る時期に我々の髪の毛は大量に脱毛します。

 

1日あたり300本抜ける、といった方もいるのです。

 

一般的にはそんな大量脱毛はしばらくすれば落ち着き、普段通りの状況になるのですが、長期化してしまうこともあるのです。

 

長期化してしまえば、当然薄毛になってしまいます。

 

秋口の抜け毛に備えるためには、夏の対策が重要です。

 

だからこそ、夏から育毛を開始するのがお勧めなのです。

 

 

・そもそもなぜ秋口に抜け毛が増えるのか?

 

夏に頭皮環境が著しく悪化するからです。

 

汗を大量に書くので、頭皮に菌が大量繁殖してしまいます。

 

その結果、頭皮に湿疹がたくさん出来てしまう、といった方も多いんですよ。

 

夏だけ頭皮ニキビができる、といった方もいますよね。

 

紫外線も影響しています。夏は紫外線が極めて強く、頭皮も日焼けしてしまいます。

 

日焼けはお肌のやけどでもあるので、非常にマイナスの作用をもたらしてしまうのです。

 

分け目などが日焼けしてしまうと、秋口には分け目を中心に大量脱毛が起き、分け目の薄毛が目立ってしまう、といった状況に陥る方も数限りなくいます。

 

 

・夏にどんな育毛をすべきか?

 

育毛剤の利用が必須です。

 

育毛剤には頭皮環境を整える、といった機能があります。

 

菌の繁殖を抑えるための、抗菌成分や殺菌成分も含まれています。

 

頭皮ニキビが圧倒的にできにくくなりますよ。

 

紫外線対策としては、日傘を用いたり帽子をかぶるのがおすすめです。

 

帽子については蒸れてしまうのでは、といったことを気にしている方もいます。

 

しかし、紫外線のほうが遥かに頭皮には悪影響をもたらすので、帽子を活用すべきです。

 

 

■育毛が常時行うべき

 

・夏以外の季節も実施しよう

 

夏だけ薄毛対策をすれば、ハゲにならないわけではありません。

 

育毛は、季節に関係なく実施すべきです。

 

夏に始めたのであれば、そのまま長期的に行って効果を得ましょう。

 

継続的に実施することで、より薄毛も治りやすくなります。

 

まだ薄毛になっていない方であれば、ハゲの予防にもなりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

妊活パパは注意!不妊を引き起こす成分が入っている育毛剤もある

 

妊活中の男性も多いと思います。

 

最近では、男性が原因の不妊のメカニズムもわかってきました。

 

女性だけでなく、男性も妊娠を成功させるために努力しなければなりません。

 

こちらでは不妊の原因になってしまうかもしれない育毛剤について徹底解説します。

 

より安全な育毛対策を実施したい、と思っている方は必見です。

 

 

■プロペシアを利用すると妊娠しづらくなる可能性あり

 

・勃起不全
・精子の減少
・精力の減退

 

プロペシアは、飲む育毛剤として一大ブームを巻き起こしました。

 

同じく発毛医薬成分にはミノキシジルもあります。

 

リアップやロゲインなどとして有名ですが、そのミノキシジルよりも効果が高い、とされているのです。

 

男性型脱毛症にピンポイントで効果を発揮してくれる、といったところも人気の秘密の一つです。

 

一方で、プロペシアは医薬品であり副作用はあります。

 

しかも、性的な副作用が出てしまうことでも知られているのです。

 

男性しか利用してはいけない飲む育毛剤ですが、男性の性的障害を起こしてしまうことがわかっています。

 

妊娠をする痛めには、性行為をしなければなりませんが、そもそも性行為をしたい、といった気分が起こらない精力の減退、といった作用も認められているのです。

 

さらに、セックスをするためには勃起しなければなりませんが、EDのような症状が現れてしまうことも確認されています。

 

さらに精子が減ってしまうといったこともあり、妊娠しにくい状況を育毛剤が創出してしまうのです。

 

 

・なぜプロペシアには性的な副作用があるのか?

 

メカニズムは解明されていませんが、プロペシアはもともと前立腺肥大症を治すために作られた過去があります。

 

そのことからも、前立腺に対して一定の影響があることが分かりますよね。

 

プロペシアも前立腺に影響を与えてしまうので、結果的に性的な副作用が出るのではないか、とされています。

 

 

■妊活はしたいけど薄毛治療もしたい!どうすれば?

 

・ノコギリヤシを利用してみませんか?

 

プロペシアは医薬成分なので、強い作用があります。

 

重篤な副作用が出てしまう可能性も指摘されています。

 

そこで育毛剤を利用してみる、といったことを考えてみるのです。

 

育毛剤に関しては、それほど強い副作用はありません。

 

しかも、「ノコギリヤシ」であればプロペシアと同じような作用が期待できます。天然のプロペシア、ともいわれているんですよ。

 

妊活中は医薬品に寄る薄毛治療をやめて、天然成分による治療を実践すべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 


頭皮に栄養を!髪を育てるためには必要な栄養を補給しよう

 

髪の毛をしっかりと成長させるためには、頭皮が非常に重要になります。

 

頭皮環境が悪化している状態であれば、髪に毛はどんどんと生えにくい状態になりかねません。

 

こちらでは頭皮環境と育毛の関係性について徹底解説します。

 

頭皮の状態が悪く、薄毛に悩んでいる、といった方は必見です。

 

 

■頭皮環境を良くするためにはどうしたら良いのか?

 

・頭皮に栄養を送ることが必要

 

頭皮環境が悪化している理由の一つに、お肌のターンオーバーの乱れがあります。

 

顔の肌と同じように、年齢とともに頭皮もターンオーバーが乱れてします。

 

いつまでも古い角質がお肌に残り続けてしまうのです。

 

古い角質があると、毛穴に皮脂が詰まってしまう、なんて症状をもたらしてしまいます。

 

毛穴に皮脂が詰まってしまえば、頭皮ニキビの原因になってしまいかねません。

 

より薄毛を招いてしまいます。

 

ターンオーバーを正常化させることが大切なのですが、その時に関わってくるのが血液です。

 

頭皮はどこから栄養を補給しているのかといえば血液なのです。

 

血行が悪ければ栄養の量が自然と減ってしまい、新しい頭皮が作られにくくなります。

 

それがターンオーバーの乱れの原因です。

 

頭皮環境を良くするためには、血行を良くして血液を頭皮にたっぷりと送り込むことが大切になってきます。

 

 

■頭皮の血行を良くするためにはそうしたら良いのか?

 

・育毛剤を利用する

 

どんな育毛剤にも必ず含まれているのが、血行促進成分です。

 

頭皮と同じように髪の毛も血液によって栄養が送られているので、血行を促進させることは極めて重要です。

 

育毛剤に含まれている血行促進成分ですが、ミノキシジルやセンブリエキス、ニンジンエキスやビタミンEにトウガラシチンキなどです。

 

他にも数えきれないほどの血行促進成分が含まれており、一つの育毛剤に複数の血行促進成分が入っていることも珍しくありません。

 

頭皮の状態を良くするためには、育毛剤を効率的に利用する、といったことが極めて重要なのです。

 

 

・頭皮マッサージを実施する

 

マッサージをした部位は基本的に血行が高まります。

 

その効果を得るために頭皮マッサージを観光するのです。

 

お風呂に入っている時や洗髪中、さらに育毛剤を塗布する時に行うのもおすすめです。

 

頭皮マッサージに関しては、優しく押す、といったことが重要です。

 

実は押す、といったマッサージ法が最も結構を高めることがNHKの「ためしてガッテン」にて証明されました。

 

擦ったり揉んだりといった行為よりも、押すといった行為のほうが結構は高まるのです。

 

早速、実践してみませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 


ハゲとフサフサの分かれ道|正しいシャンプーの仕方で薄毛対策

 

薄毛になるかならないかは、普段のヘアケアも大きく関わってきます。

 

こちらでは、毎日行うシャンプーの仕方に注目します。

 

どんな方法でシャンプーするのが正しい洗髪方法なのでしょうか。

 

 

■頭皮と髪の毛をぬるま湯で軽く洗うこと

 

・湯シャンプーの実施

 

頭皮と髪の毛には皮脂などの汚れが付着していることがあります。

 

皮脂に関しては、水では落ちにくいので、お湯を使って軽く洗います。

 

お湯でも頭皮の上の皮脂はある程度落ちるので、シャンプー利用前に軽く行っておくことが肝心です。

 

 

■シャンプー剤利用時の注意点

 

・適量にすること

 

髪の毛が長いとシャンプー剤を多くしなければならない、と思っている方もいますが、シャンプーは頭皮を洗うものです。

 

ですから、髪の毛が長かろうと短かろうと量に関してはそれほど変わりません。

 

大量にシャンプーを利用してしまうと頭皮を痛めてしまう原因にもなりかねないので注意してくださいね。

 

 

・シャンプー剤に少し水を含ませ泡立てること

 

原液のまま頭皮につけないでください。

 

原液のまま頭皮にシャンプー剤を付けてしまうと、頭皮の肌荒れを招くことになりかねないのです。

 

頭皮湿疹が起こってしまう原因にもなるので、まずは手の上にシャンプー剤と水を入れ泡立てます。

 

それから頭皮につけて洗ってください。

 

 

■正しいシャンプー方法について

 

・指の腹で優しく洗うこと

 

爪を立てて洗うと頭皮が気持ちよくなりますよね。

 

ですから、爪を立ててゴシゴシと強めに洗っている方も多いです。

 

爪を立てて洗ってしまうと、皮膚を痛めてしまうことにもなります。

 

爪が長いと、出血してしまうリスクも有り、薄毛を招いてしまう可能性もあるのです。

 

他にも、髪の毛を痛めてしまい、切れ毛の原因を作ってしまうことにもなりかねません。

 

爪を立てるのではなく、指の腹を使って優しく洗ってください。

 

 

・頭皮マッサージをしながら洗うのがおすすめ

 

洗う時は指の腹を使って頭皮を押すような感覚がおすすめです。

 

頭皮を押すと、血行が高まる、といったことがわかっているのです。

 

育毛には血行の促進が欠かせません。

 

シャンプーをしている時はマッサージをするチャンスでもあるので、必ず行いましょう。

 

 

■すすぎをしつこいくらいに行うこと

 

・シャンプー剤は洗い流さなければならない

 

シャンプー剤が頭皮に残ってしまうと薄毛の原因になります。

 

頭皮を痛めてしまうことになるので、脱毛が促進されてしまうのです。

 

すすぎをしっかりと実施してください。

 

目安としては、シャンプーを行っていた倍くらいの時間をかけることです。

 

頭皮から完全にシャンプー剤がなくなったらシャンプー終了です。

 

 

 

 

 

 

 

 


間違ったシャンプーの仕方が薄毛の原因に!正しいシャンプー方法

 

薄毛と洗髪には大きな関係性があります。

 

誤ったシャンプーを実施していると、薄毛になってしまいかねません。

 

こちらでは、正しい洗髪方法を解説していきます。

 

準備段階からシャンプー後にすべきことも合わせてお教えするので、参考にしてもらえたら幸いです。

 

 

■シャンプー前にすべきこととは?

 

・頭皮を濡らしておくこと

 

シャンプー剤を直接頭皮につけてしまうのは危険です。

 

洗浄成分が含まれているので、どうしても頭皮を痛めてしまう可能性があるのです。

 

シャンプーを付ける前に、ぬるま湯を使って頭皮を濡らしてください。

 

この時に軽い湯シャンプーなるものを実施しましょう。

 

お湯で頭皮を少し洗う感覚です。

 

たったそれだけでも、頭皮の汚れはある程度落ちる、といった良い効果が得られるんですよ。

 

 

・シャンプーの量はどれくらいにすべきか?

 

10円玉代の量にしてください。

 

髪の毛の深さによって利用するシャンプーの量を変えたほうが良いのでは、といったことを考えている方もいるかもしれません。

 

しかし、シャンプーで洗うのは頭皮です。

 

頭皮の大きさはそれほど変わらないと思うので、どんな方でも10円玉くらいが適切です。

 

そのシャンプーに少し水を含ませた上で泡立ててください。

 

ここまで終わったらいよいよ洗髪の開始です。

 

 

■シャンプー中にすべきこととは?

 

・優しく洗浄をすること

 

それほど強く頭皮を洗う必要はありません。

 

シャンプーには洗浄力もありますし、お湯自体にも皮脂を落とすような能力があります。

 

シャンプーをつけた時点で、ある程度の汚れは落ちている、と考えるのが適切です。

 

爪を立てて洗う方もいますが、頭皮が傷ついてしまうので厳禁です。

 

基本的に指の腹を使った優しく洗浄しましょう。

 

強く洗ったからといって、育毛に良い結果が出るわけではありませんよ。

 

 

■シャンプー後にすべきこととは?

 

・すすぎをしつこいくらいに実施する

 

シャンプーのすすぎ残しは非常に危険です。

 

洗浄能力で頭皮を痛めてしまう原因になり、炎症を起こしたりフケ症になってしまったり、痒みを発生させてしまう、といったこともあるのです。

 

すすぎは、特にじっくりと実施してシャンプーが完全になくなったことを確認しましょう。

 

 

・髪の毛をしっかりと乾かすこと

 

濡れたままにすると、その湿気で菌が繁殖してしまいます。

 

髪の毛はしっかりと乾かしてください。

 

まずはタオルドライを実施して、その後に軽くドライヤーで乾かすのがおすすめです。

 

ドライヤーを頭皮に近づけ過ぎると、頭皮が火傷してしまうので気をつけてください。

 

 

 

 

 

 

 


ハゲ防止!薄毛の原因を知って育毛生活を始めよう!

 

薄毛になりたくない、といった気持ちは誰にでもあると思います。

 

しかし、一定数の方はどうしてもハゲと呼ばれてしまう状況になります。

 

こちらでは薄毛になってしまう原因を幾つか紹介します。

 

原因を知ることで有効的な対策が立てられるようになります。

 

自分がどのタイプの薄毛に当てはまるのかを確認していきましょう。

 

 

■遺伝による薄毛

 

・男性型脱毛症(AGA)

 

男性の薄毛の殆どの原因となっています。

 

男性型脱毛症は、薄毛になるorならない、がほとんど生まれた時に決まっているのです。

 

生活習慣に多少の影響を受けますが、発症してしまえば徐々に薄くなってしまいます。

 

男性型脱毛症は母方遺伝となっており、父親の家系は関係ありません。

 

母親の父親の遺伝をより強く受sけてしまう、といったことが研究からも分かっています。

 

自身の母方の祖父の頭髪状況をチェックして、自身の将来を予想する、といったことも大切です。

 

男性型脱毛症は以前は治らないと思われていましたが、最近では有効的な対策方法も出てきました。

 

育毛サプリで髪の毛が復活した事例もあるほどです。

 

 

■血行不良による薄毛

 

・高血圧
・冷え性など

 

髪の毛は血液によって栄養を送られています。

 

その栄養が滞ることで薄毛が発症してしまうことがあるのです。

 

びまん性脱毛症と呼ばれていることもありますが、女性に非常に多くなっている脱毛原因の一つです。

 

年齢とともに、どうしても血行は阻害されます。

 

たとえば女性の場合は、女性ホルモンによって血行が高められている、といった状況もあります。

 

女性ホルモンには血管を拡張する機能があるのです。

 

しかし、更年期を迎えてしまうと肝心の女性ホルモンが一気に低減してしまいます。

 

その結果、髪の毛が成長しにくくなり、薄毛になります。

 

 

■頭皮環境の悪化による薄毛

 

・炎症を起こしている
・乾燥状態になっている
・頭皮ニキビが起きている
・敏感肌である
・脂性肌である

 

頭皮環境に問題があることで薄毛に発展してしまう、といったことが非常に多くなっています。

 

特に注意すべきはニキビを含めた頭皮の炎症です。

 

炎症ですが、髪の毛の栄養を奪ってしまう、といったことがあるのです。

 

どういったことかというと炎症が起きるとその周辺に送られるべき栄養が送られなくなってしまいます。

 

炎症に吸収されてしまうようなイメージです。

 

髪の毛に使われるべき栄養が滞ってしまい、結果的に薄毛が進行してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 


ハゲの原因が遺伝でも諦めないで!予防する方法はあります

 

ハゲになってしまう遺伝はかなり強力です。

 

特に母親の父親が薄げであると、子供も将来的に薄毛になってしまう可能性が極めて高くなるのです。

 

遺伝による薄毛は治りにくい、といったことが定説になっているのですが、100%予防できないわけではありません。

 

いくつかの予防をする方法があるので紹介します。

 

親族に薄毛がいるからといって、諦める必要がありませんよ。

 

 

■育毛サプリメントを予防対策として活用すること

 

・ノコギリヤシ
・オウゴンエキス
・亜鉛

 

上記した成分ですが、実は男性型脱毛症に対抗できる育毛サプリメントに含まれている成分なのです。

 

特に注目すべきはノコギリヤシです。

 

天然の成分であるのに、医薬成分のフィナステリドに似た作用があることでも知られています。

 

フィナステリドとは、プロペシアに含まれる医薬成分です。

 

男性型脱毛症の特効薬としても知られています。

 

ノコギリヤシには、天然成分であるにもかかわらず、同じような機能が実際にあるのです。

 

身近な成分である亜鉛にも似たような作用があります。

 

亜鉛は食事でも摂取できますが、ノコギリヤシに関しては食事で摂取するのは難しいので、基本的に育毛サプリによる摂取が適切です。

 

 

■育毛剤を利用すること

 

・副作用がないので予防として活用できる

 

男性型脱毛症の有効な対策法としては発毛剤があります。

 

確かに、公的に効果が認められているので心強い存在ではあります。

 

しかし、問題があるのです。

 

発毛剤に関しては、様々な副作用が認められています。

 

それらが出てしまうとも限りません。

 

ですから、予防対策としての利用に適していないのです。

 

一方で、育毛剤であれば安全性が高くほとんど副作用の心配もありません。

 

予防に適している育毛アイテムなのです。

 

特に注目して欲しいのが、育毛サプリメントとの併用で効果が高まる、といったことです。

 

育毛サプリメントで体内の対策を実施し、育毛剤で体外の対策を実施します。

 

育毛剤は、主に頭皮環境を整える、といった効果が期待できるので、頭皮環境が悪化している方はぜひ利用してください。

 

 

■規則正しい生活を行うこと

 

・ホルモンバランスを整えること

 

ホルモンバランスが乱れきってしまうと、男性型脱毛症の発症が早くなる可能性があります。

 

特に睡眠不足が続いてしまったり、暴飲暴食をしてしまう、といったことは厳禁です。

 

規則正しい生活をして、ホルモンバランスが乱れないようにしてください。

 

 

 

 

 

 


育毛にとって食事はとっても大切なんです@髪にいい食べ物とは

 

育毛にとって食事は非常に大切なものでもあります。

 

しっかりと摂取することが大事な栄養素が幾つもあるのです。

 

それらの食材を取っていないと、髪の毛の生成に大きな問題が起こってしまうかもしれません。

 

こちらでは髪の毛の生成に大きな役割を果たしてくれる食べ物についてお話します。

 

普段から偏食気味、といった方は必見です。

 

 

■大豆製品を積極的に摂取しよう

 

・納豆
・豆腐
・豆乳など

 

大豆製品はかなりの数があるので、比較的摂取しやすい部類の食材だと思います。

 

大豆は、畑の肉と言われるほど、豊富な栄養素を含んでいることでも知られています。

 

普段から摂取量が少なくなっている方は、髪の毛以外にも大きな問題を得てしまう可能性があるので気をつけてください。

 

大豆製品の摂取ですが、髪の毛の主原料を摂ることになります。

 

大豆には豊富なタンパク質が含まれています。

 

タンパク質が筋肉の原料になることでも知られていますが、毛の主原料でもあります。

 

たんぱく質不足に陥ってしまうと、髪の毛の生成能力が落ち込んでしまうのです。

 

さらに、もう一つ注意して欲しいのが女性ホルモン的作用です。

 

大豆にはイソフラボンといった成分が含まれています。

 

女性ホルモンに似た作用があることでも知られています。

 

女性ホルモンには、髪の毛の成長期間を引き延ばす、といった作用もあります。

 

より髪の毛を抜けにくくしてくれるのです。

 

脱毛量が多い、といった方はイソフラボンにも注目すべきです。

 

 

■緑黄色野菜と果物を摂取しよう

 

・ビタミンの摂取をすべき

 

髪の毛に大きく関わっているのが新陳代謝です。

 

ビタミンを積極的に摂取することで、皮膚の生成が活発になったり、髪の毛を作っている細胞が活性化することもあります。

 

新陳代謝が悪化してしまえば、髪の毛の成長スピードもどうしても落ち込んでしまうのです。

 

その結果、髪の毛の成長が鈍くなってしまいますし、髪の毛の成長自体が止まってしまうかもしれません。

 

野菜に関してはカロリー数も少ない、といったメリットがあります。

 

多く食べても体に与える悪い影響は極めて少ないのです。

 

ビタミンにも様々な種類があります。

 

お肌に良いとされるビタミンCもありますし、血行を高めてくれる、ビタミンEといったものもあります。

 

他にも摂取すべきたくさんのビタミンを含んでいるのが、果物と緑黄色野菜です。

 

毎食でも食べるようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 


薄毛なメンズもこれで安心!ハゲていてもオシャレな髪型

 

薄毛でしかも、地味・・・。

 

これではモテる要素がゼロな状態になってしまいます。

 

薄毛に関しては遺伝の可能性も高く、あなた本人の責任ではありません。

 

しかし、おしゃれに関してはどうとでもなるのです。

 

問題はいかにしておしゃれに見せるのか、といったことですが、実は髪型を少し変えただけでも見た目が随分と変わります。

 

実は薄毛がほとんど気にならなくなる髪型もあるのです。

 

こちらでは薄毛の方におすすめの髪型をお教えします。

 

 

■おでこが少し薄くなり始めた方にお勧めな髪型

 

・ショートレイヤー

 

髪の毛を少し、前に垂らすような感覚です。

 

まだ薄毛の初期なので、ある程度の髪の毛の量があるので、おでこを隠せるはずです。

 

おでこが薄くなってしまっているのに、髪の毛を持ち上げるような髪型をしてしまうと、薄さを強調しかねません。

 

ここは髪の毛を使っておでこを狭く見せる必要があります。

 

サイドに関してはさっぱりとするために短くするのがおすすめです。

 

髪の毛が耳に掛からないようにするのが良いです。

 

 

■頭頂部が少し薄くなり始めている方にお勧めな髪型

 

・短めにすること

 

頭頂部ハゲに関しては髪の毛を伸ばすと薄毛が強調されてしまいます。

 

ですから、基本的に短めにしましょう。

 

短髪が似合うのです。

 

坊主にする必要はありませんが、最近流行りのデザイン坊主などもおすすめです。

 

職業的に難しいケースもあると思いますが、坊主にすると頭頂部の薄毛はほとんど目立たなくなる、といったメリットが有りますよ。

 

 

■ある程度薄毛が進行してしまった時におすすめなおしゃれな髪型

 

・ソフトモヒカン

 

前髪から頭頂部にかけての髪の毛を、少し長めに残し、サイドと後頭部は短く刈り上げてしまう髪型です。

 

サイドの地肌が露出しているので、中央部分の髪の毛が薄くて少し地肌が見えていたとしても、それほど薄さを感じさせない、といった特徴があります。

 

前髪から頭頂部にかけての髪の毛を少し遊ばせてみると、途端におしゃれに見えるようになる、といったメリットもある髪型です。

 

ソフトモヒカンの良い所は、かなり薄くなってしまった後でも対応できる、といったものです。

 

おでこが広くなっていたとしても、頭頂部が薄かったとしてもモヒカンにしていることで、後頭部や側頭部の毛も薄くなっているので、ハゲが強調されにくくなります。

 

かなり進行していたとしても、おしゃれな髪型にするチャンスはいくらでもある、といったことを覚えておきましょう。

 

希望は捨てるべきではありません。

 

薄くてもモテるチャンスは有りますよ。

 

 

 

 

 

 

 

白髪が多い人はハゲにならない?その噂はウソだった!

 

薄毛になる人は白髪が少ない
薄毛にならない人は白髪が多い

 

こんなことが昔から言われてきました。

 

確かに、年をとっても髪の毛がふさふさな人は、白髪が多い、といった印象があることも確かです。

 

しかし、白髪と薄毛にははっきりとした因果関係はありません。

 

実は定説のように語られてきたことが嘘だったのです。

 

では、なぜ白髪が多いとハゲない、なんて都市伝説が生まれてしまったのでしょうか。

 

その理由に迫ります。

 

 

■髪の毛があれば白髪が目立つ!

 

・髪の毛があるから白髪が目立っただけ

 

当たり前のことですが、髪の毛が多ければ髪の毛は目立ちます。

 

一方で、薄毛になってしまえば髪の毛は目立ちにくくなります。

 

要は、髪の毛が多いから白髪が多く目立つのであって、薄毛の方も実は白髪が多かったのです。

 

しかし、前頭部から頭頂部といって特に目立ちやすい髪の毛が薄くなっているので白髪が目立ちません。

 

いわゆる見た目的な印象で生まれてしまった都市伝説なのです。

 

 

・ヒゲやもみあげを確認してみましょう

 

薄毛になってしまった方のヒゲやもみあげを確認すると白髪が発見できませんか。

 

50代や60代にもなれば、基本的に多くの方が白髪になるのです。

 

必ずヒゲやもみあげにも白いものが発見できると思います。

 

それらの部位に白髪があるとしたら、当然髪の毛に白髪があるはずです。

 

髪の毛がふさふさ出会ったら白髪が目立っていたことでしょう。

 

 

■そもそも白髪になる原因と薄毛になる原因は違う!

 

・薄毛になる原因・・・男性型脱毛症(遺伝性のもの)
・白髪になる原因・・・老化(色素異常)

 

薄毛になる原因は、基本的に母方遺伝です。

 

母親の父親が薄かった場合には、高い確率で薄毛になる遺伝を引き継いでいます。

 

白髪と薄毛が決定的に異なるのが発症しやすい年齢です。

 

白髪の発症しやすい年齢は、40代以降がメインですよね。

 

もちろん若い時にも少しずつ増えてくるのですが、急激に増えることはありません。

 

50代や60代になると一気に増える、といった老化が大きく関わっているのです。

 

メラニンの働きが異常を起こしてしまい、今まで色を付けていたのに色をつけなくなってしまいます。

 

その結果、白髪になってしまうのです。

 

男性型脱毛症ですが、若ハゲと言われるだけのことはあって、かなり早い段階で発症します。

 

年齢にそれほどおきな影響を受けません。

 

早ければ10代、遅くても30代後半には何らかの徴候が出ています。

 

20代後半ですでに禿げ上がっている方もいるほどです。

 

一方で、20代で全部の髪の毛が白髪になっている、なんて方はほとんどいませんよね。

 

このように、白髪と薄毛には原因や進行の度合いにも違いがあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 


適度な運動は育毛に効果あり!血行をよくして抜け毛防止

 

 

髪の毛を生やしたい、と思うのであれば血行を良くする必要があります。

 

髪の毛は血液によって栄養を送られている、といった特徴を持っているのです。

 

仮に血行不足のような状態になってしまえば、薄毛になってしまうことも十分に考えられます。

 

問題はどのような方法で血行を促進すればよいのか、といったことですよね。

 

こちらでは血行を促進する方法を幾つか紹介します。

 

自身にとって採用しやすい方法を見つけ出してもらえれば幸いです。

 

 

■運動を実施する

 

・体を動かして血管が拡張させている時間を増やす

 

血行不足に陥っている方の多くが、運動不足に陥っています。

 

普段から身体を動かしていないので、血液の流れも悪くなってしまいます。

 

ただ、そこで問題になってくるのが、どんな方法で血行を良くするのか、といったことです。

 

おすすめなのは有酸素運動です。

 

無酸素運動でも血行は良くなりますが、一時的な作用となってしまいます。

 

無酸素運動を長時間は行っていられませんからね。

 

有酸素運動ですが、楽に続けられるほどの強度の運動を比較的長く続ける、といったことを行います。

 

ジョギングやウォーキング、さらにサイクリングといったことを比較的長い時間にわたって行うのです。

 

長い時間体を動かすことで血管が拡張させている時間も長くなり、結果的に血行不足が解消されることになります。

 

 

■入浴すること

 

・シャワーで済ませないこと

 

薄毛の方の中には、お風呂をシャワーだけで済ませている、といった方が極めて多くなっているのです。

 

シャワーだと血行を高めるには至りません。

 

できれば、しっかりとお湯に浸かってください。

 

お湯に浸かることで、身体が温まります。

 

その結果、冷え性も改善して末端にまで血液がめぐるようになるのです。

 

 

■血行促進系のサプリメントを利用すること

 

・育毛サプリの利用もおすすめ

 

育毛サプリメントには、必ずと言ってよいほど血行促進成分が含まれています。

 

飲むことで、血液の流れをスムーズにしてくれ、身体が温まるようになるのです。

 

・カプサイシン
・ビタミンE
・L-シトルリン
・ニンジンエキスなど

 

血行促進に役立つとされる成分は比較的多いです。

 

ビタミン類や唐辛子の辛味成分であるカプサイシンに関しては食事でも摂取可能ですが、毎日安定した量を供給できるかは分かりません。

 

血行促進系のサプリメントであれば、毎日安定した量を体内に補給できます。

 

血行が促進された状態を維持できるのです。


注目記事※おすすめの育毛剤の実際の使用感レビュー↓↓