年代別〜20代30代40代50代〜の薄毛対策のポイント育毛剤情報

 

 

 

 

20代なのに既に薄毛?生活習慣の改善で薄毛も改善!

 

20代なのに薄毛になってしまう、といった方も少なくありません。

 

AGAの可能性も高いですが、若いので生活習慣の改善で回復することも考えられます。

 

こちらでは薄毛に対抗できる生活習慣改善法をお教えします。

 

特に若い方には、将来的に薄毛になることを抑えられる方法の一つになるので要チェックです。

 

 

■睡眠時間を確保すること

 

・睡眠不足は絶対厳禁

 

若い時は無理ができるとのことで、徹夜をしてしまう、といった方も多いと思います。

 

しかし、睡眠不足は薄毛を招いてしまうことが分かっているのです。

 

週に1度は必ず徹夜をしている、といった方は特に気をつけてくださいね。

 

睡眠不足が薄毛を招く原因ですが、ストレスがあります。

 

人間は寝ることによってストレスを解消していることが分かっています。

 

寝ているときは脳がリラックス状態になります。

 

その時にストレスが解消されているのです。

 

ストレスは、血管の収縮作用といったものがあります。

 

要は、高血圧を招いてしまいます。

 

高血圧になると、頭皮に血液が至りにくくなります。

 

髪の毛は血液によって栄養を得て成長しているので、成長スピードが鈍化してしまったり、脱毛が促進してしまう、といった状況にもなりかねません。

 

 

・1日あたりどれくらいの睡眠がおすすめ?

 

7時間程度眠れればベストです。

 

7時間が難しい場合には、6時間程度でも構いません。

 

注意して欲しいのは、寝だめはダメ、といったことです。

 

平日は睡眠不足で、週末に寝だめ、といった生活をしていると、ストレスが溜まったままになりかねないので、平均的に6時間から7時間の睡眠をとるべきです。

 

 

■健全な食生活を心がけること

 

・暴飲暴食は厳禁

 

暴飲暴食をしてしまうと、皮脂の大量分泌を招いてしまうこともあります。

 

油や脂を大量に摂取することになってしまうので、頭皮がオイリーな状態になりかねません。

 

皮脂を糧に菌が繁殖してしまうので、頭皮が荒れてしまいます。

 

その結果、ニキビなどが出来やすい頭皮になってしまうのです。

 

外食が多い年代でもあると思いますが、食べるものには気をつける、といったことを心がけてください。

 

お酒の飲み過ぎも皮脂の分泌量を増やしてしまう可能性があるので気をつけてくださいね。

 

暴飲暴食をするとホルモンバランスが乱れてしまうこともあります。

 

男性ホルモンが過多の状況になってしまうこともあり、結果的にAGAの進行が早くなってしまうことも考えられます。

 

 

 

 

 


20代から30代の育毛ポイントを徹底解説する!

 

育毛を達成するためには、年代にマッチングした方法を探ることが大切になります。

 

こちらでは、20代から30代の育毛ポイントについてお話します。

 

果たしてどのような対処をすれば、若い人の薄毛が解消しやすいのでしょうか。

 

 

■育毛グッズを早い段階で利用すること

 

・早期の対処が薄毛を解消させる

 

20代から30代だと、まだ若いといったこともあり、進行しないのではないか、といったことを考えやすいのです。

 

しかし、実態は大きく異なります。

 

育毛グッズに関しては、かなり早い時期に利用しなければなりません。

 

そもそも、若い時ほど進行は早いのです。

 

ゆっくりと対処していると、対処が遅れてしまい、薄毛がどんどんと進行してしまいます。

 

若ハゲは特にスピードが早いので、薄くなってきたな、と感じた瞬間から対策を立てることが大切です。

 

 

■生活習慣の見直しも実行すること

 

・食生活を見なおそう

 

アナタはよく外食をしていませんか。

 

外食を行っていると、体に入ってくる栄養素に大きな問題が生じてしまうことも考えられるのです。

 

結果的に栄養が足りなくなってしまい、薄毛になってしまうこともあります。

 

髪の毛も栄養が供給されることによって生えているわけです。

 

供給力が弱くなってしまえば、当然髪の毛は生えにくくなります。

 

特に注意して欲しいのが、

 

・ビタミン不足
・ミネラル不足
・たんぱく質不足

 

になります。

 

ビタミンやミネラルはけっこうや頭皮に大きく関わります。

 

頭皮環境が悪化すれば、当然髪の毛が生えにくい状態になってしまうわけです。

 

タンパク質に関しては、髪の毛の原材料になります。

 

原材料が少なくなってしまえば、当然髪の毛が生えにくい状態となってしまうわけです。

 

ビタミンやミネラルに関しては、野菜や果物を積極的に食べて補ってください。

 

たんぱく質不足に関しては、大豆食品や鶏肉、さらに魚といったものでも対処可能です。

 

それらを積極的に食べれば、髪の毛の原材料を確保したことになり、健やかな髪の毛が生えてくる可能性が高まります。

 

 

・睡眠時間を確保すること

 

質の良い睡眠をとることが大切です。

 

特に注意してほしいのが、睡眠時間が少なくなってしまうことです。

 

睡眠時間が短くなると、ストレスが解消されません。

 

ストレスが解消されないと、血行が悪くなってしまうのです。

 

血液は髪の毛に栄養を送っているものでもあります。

 

血流不足にならないようにするためにも、積極的にストレス解消を目指してくださいね。

 

ちなみに1日あたり7時間程度の睡眠時間の確保がおすすめですよ。

 

 

 

 

 


50代で薄毛が進行する理由|薄毛対策には何が効果的?

 

AGAに関しては若ハゲと表現されることも少なくありません。

 

基本的に20代から40代くらいに発症するのです。

 

しかし、中には20代から40代まで全く薄くなかったのに、50代になって急に薄毛になってしまう、といったケースも少なくありません。

 

こちらでは50代で薄毛が進行してしまう理由について迫ってみます。

 

さらに、その理由ごとにどんな対策がおすすめなのかを解説します。

 

 

■50代になってからもAGAが発症する可能性あり

 

・前頭部や頭頂部が薄くなっていたらAGA

 

確かに、男性型脱毛症は若い時に発症する可能性があります。

 

しかし、必ずしも若い時だけではありません。

 

50代になってから進行が急に進むこともあります。

 

男性の薄毛の殆どの原因が男性型脱毛症なので、AGAを疑うのは当然のことです。

 

ただ、50代になると男性ホルモンがかなり減少し始めているので、40代まで全く薄毛の兆候がなかった、といった方は他の原因が隠れている可能性もあります。

 

一方で、40代までに多少なりとも薄毛が進行していた場合には、AGAの確率が高くなります。

 

 

・50代でAGAになったケースの対策方法

 

育毛剤や育毛サプリ、さらに発毛剤などを利用した対策がおすすめです。

 

ただ、発毛剤に関しては、50代で利用すると、頭皮環境の悪化を招きやすいかもしれません。

 

利用には気をつけてください。

 

作用がそれほど強くない育毛グッズの利用が適切なケースもあります。

 

 

■50代になってから血行に問題があって薄毛になる確率は高い

 

・全体的に薄毛の症状が出ていたらびまん性脱毛症

 

50代になると、高血圧になっている方は極めて多くなります。

 

血行が悪い状態になってしまっているのです。

 

血液は髪の毛の栄養でもあるので、血行が悪くなれば当然薄毛になってしまいます。

 

血行が悪いことで薄毛になってしまうことを「びまん性脱毛症」と言っているのですが、薄くなり方の特徴としては、頭髪が全体的に薄くなる、といったものがあります。

 

男性型脱毛症のように、前頭部や頭頂部といったような局所的な薄くなり方はしないのです。

 

たとえば、一つの毛穴から3本生えていたのが、2本から1本になってしまう、といった等な感じです。

 

1本1本の太さも変化があり細くなってしまいます。

 

 

・50代でびまん性脱毛症になった時の対策方法

 

育毛系のマッサージがおすすめです。

 

頭皮の血行を高めることが可能なので、積極的に実施してください。

 

発毛剤のミノキシジルもおすすめですが、副作用が出てしまう可能性もあるので気をつけましょう。

 

唐辛子系の成分などを含んだ育毛サプリによる対策もおすすめです。

 

 

 

 

 


40代から50代の育毛ポイントを徹底解説する!

 

薄毛ですが、40代や50代になると多くの男性が悩みを抱えるようになります。

 

年齢とともに薄毛になる方が増えてくるからです。

 

20代や30代の場合ですが、薄毛で悩んでいる方は限られています。

 

しかし、40代や50代になると多数派になってくるわけです。

 

こちらでは、40代から40代の男性に向けておすすめの育毛法についてお話します。

 

 

■血行促進を実施すること

 

・40代以降の薄毛の原因には血液の流れが大きく関わってくる

 

40代以降になると、高血圧で悩む方が非常に増えるわけです。

 

高血圧とは血管がすぼまってしまう状況を指しているわけですが、血液の流れが悪くなっています。

 

髪の毛の成長には、血液が大きく関わっているのです。

 

血液によって栄養が送られているからです。

 

仮に血液の流れがなくなれば、髪の毛は栄養が補給できずに生えてくることは出来ません。

 

40代以降の方は、血行障害が起こっている確率が非常に高いので、育毛対策として血行促進対策が重要になります。

 

 

・具体的にどんな方法で結構を促進させるのか?

 

運動を実施する
育毛サプリメントを利用する
育毛剤を利用する
頭皮マッサージを実施する

 

これらの対策法を行ってください。

 

血行を促進させることができれば、薄毛が改善する確率がどんどんと高まるはずです。

 

特に、育毛剤や育毛サプリメントに関しては、血行促進作用のある成分を摂取する事になります。

 

より高い血行促進作用を得ることにもつながってきますよ。

 

運動は、メタボリックシンドロームを抑えるためにもおすすめです。

 

40代以降になると太りやすくなり、その結果薄毛になるケースも考えられます。

 

メタボは高血圧も大きく関わりますからね。

 

運動対策に関しては、有酸素運動を行うのがおすすめですよ。

 

長時間に渡り血行が良い状況を維持できるからです。

 

 

■男性型脱毛症対策を行うこと

 

・5αリダクターゼの活性度合いを引き下げる成分を利用すること

 

育毛サプリによく含まれている成分の「ノコギリヤシ」と「亜鉛」には、5αリダクターゼの活性度合いを引き下げる力があります。

 

その結果、男性型脱毛症を防ぐ効果が期待できるわけです。

 

40代や50代の男性になると、多くの方がAGAの影響を受け始めることになります。

 

遺伝性の薄毛なので対策は難しいわけですが、育毛剤や育毛サプリメントでも対処できるようになり始めました。

 

積極的に、5αリダクターゼ対策を実施してください。

 

あなたの薄毛の根本原因にメスを入れて対策を行えば、薄毛はどんどんと改善方向に向かはずですよ・

 

 

・プロペシアは利用すべき?

 

医薬成分なので福さ長があります。

 

ただし、効果があることは確かなので利用する価値はあります。

 

ちなにに、育毛サプリや育毛剤との併用もできるので、それらを利用したうえでプロペシアを利用する、といった対策方法もおすすめですよ。


 

 

注目記事※おすすめの育毛剤の実際の使用感レビュー↓↓