【発毛剤リアップX5】効果や副作用・口コミ等の徹底調査まとめ!

【発毛剤リアップX5】効果や副作用・口コミ等の徹底調査まとめ!

 

 

■ブブカとリアップの成分比較

 

・ブブカの育毛成分とは・・・オウゴンエキス、ヒオウギエキス、ビワ葉エキス、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミン
・リアップの育毛成分とは・・・ミノキシジル

 

ブブカに関しては、全部で32種類もの成分が含まれています。

 

天然成分を中心として、様々な効果効能を持った成分をまんべんなく含んでいる、といった感覚です。

 

たとえば、血行促進作用のある成分もありますし、保湿機能のある成分もあります。

 

炎症を抑えてくれるような成分もあります。

 

要は、多角的な育毛効果を得たい、といった時に利用がおすすめな育毛剤なのです。

 

リアップに関しては、医薬発毛成分のミノキシジルがメインです。

 

ミノキシジルには、血行促進作用があり、血管を拡張させる機能を持っています。

 

医薬成分なので、非常に強い作用があることでも知られています。

 

ブブカとリアップですが、注目して欲しいのが、一点突破型と多様な効果をもたらすタイプに分かれている、といったことです。

 

血流不足がメインの薄毛であれば、リアップがおすすめです。

 

複数の薄毛の原因がある方には、ブブカがおすすめなです。

 

 

■ブブカとリアップの価格比較

 

・ブブカの価格・・・通常16,200円、定期購入:初回限定5,980円、2回目以降11,664円
・リアップの価格・・・定価7,611円

 

リアップに関しては販売している所によって、微妙に価格が変動します。

 

しかし、基本的には1本あたり7,000円前後で販売されています(リアップX5のケース)。

 

定期販売をされているわけではないので、基本的に価格に大きな変動があるわけではありません。

 

ブブカに関しては、都度購入をするとかなり高額です。

 

定期購入をすると、初回利用時がかなりの低価格になる、といった特徴があります。

 

一方で注意したいのが、2回目以降になるとリアップよりも高くなってしまう、といったところです。

 

ブブカは高いのですが、実はちょっとした秘密があります。

 

ブブカを購入すると、サプリメントも付いてくるのです。

 

ですから二つの育毛剤を購入する感覚になります。

 

価格的にはリアップ有利ですが、育毛サプリを利用したい方にとってはかえって安い、といった判断ができるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

リアップとBUBKAの併用は危険?併用NGの理由はコレだった

 

育毛剤のブブカとリアップは、双方ともに非常に効果が高いとされています。

 

ですから、併用してもよいのではないか、と思われているわけです。

 

しかし、リアップとブブカを両方共利用してしまうのは良くないないとされている事実があります。

 

こちらではリアップとブブカを併用してはいけない理由に迫ってみます。

 

 

■そもそもリアップが他の育毛剤との併用を禁止している

 

・リアップに問題あり!

 

リアップのホームページをチェックしてみると、他の育毛剤との併用を進めていない事実があります。

 

他の育毛剤を使う場合には、リアップの利用を中止すべき、とまで述べているのです。

 

では、なぜリアップは他の育毛剤を併用してはいけないのか、といったことが気になってきますよね。

 

 

■リアップが他の育毛剤(ブブカなど)と併用してはいけない理由とは?

 

・相互干渉を起こしてしまう可能性あり

 

そもそも育毛剤にはそれぞれ含まれている成分に大きな違いがあります。

 

それらの育毛成分には、高い育毛効果がある、とされています。

 

しかし、違った成分の併用によって、その成分の効果が減少してしまうことがあるのです。

 

せっかく与えられるべきであった作用がマイナスの状態になってしまいかねません。

 

リアップに関しては、特にミノキシジルといった有効発毛成分が含まれています。

 

ミノキシジルはリアップX5には、5%といった濃度で含まれているのです。

 

仮に他の育毛剤と同時に利用してしまうと、その濃度が落ち込んでしまうことにもなりかねません。

 

ミノキシジルは濃度が高いと効果が高まる、といった特徴があります。

 

だからこそ、以前は濃度が1.0%だったのに5.0%まで引き上げたのです。

 

 

・副作用の発生確率を高めてしまう可能性あり

 

2つの育毛剤の成分が悪影響を与え合ってしまうこともあります。

 

特にリアップに関しては、副作用が強く出ることでも知られています。刺激物を含んでいるのです。

 

ブブカには特別マイナスの作用を持った成分は含んでいませんが、リアップに含まれている成分と干渉しあってしまい、よりリアップの副作用を強くしてしまう可能性もあるのです。

 

 

・併用するとどちらの育毛剤の副作用が出たのか把握できない

 

二つの育毛剤を併用していると、副作用が出た時にどちらの育毛剤が影響したのかわからなくなります。

 

育毛剤を二つとも利用できなくなってしまう可能性もあり、原因を突き止めるためにも、なるべく併用は避けるべきです。

 

 

 

 

 

 


育毛剤を使ったら抜け始めた髪が生えるまでには工程がある

 

育毛剤を利用したところ、髪の毛が抜け始めてしまった、という方が非常に多いのです。

 

育毛剤を使うと髪の毛が抜ける、といった症状ですが、そもそも「初期脱毛」といった言葉もあるのです。

 

こちらでは「初期脱毛」のメカニズムに迫ります。

 

なぜ育毛剤を使うと抜けてしまうのでしょうか。

 

 

■初期脱毛の仕組み

 

・髪の毛のサイクルに変化あり

 

我々の髪の毛は一定のサイクルで発毛して成長して、脱毛して、といったことを繰り返しています。

 

一つのサイクルは、4年から6年程度とかなり長くなってしますが、薄毛になるとそのサイクルが乱れて1年から2年程度で切り替わってしまいます。

 

育毛剤を使うと、髪の毛が早めに抜けていたのに、長く成長するようになります。

 

要は、成長期間が伸びる、といった機能を持っているのです。

 

しかし、切り替わる時に、サイクルに大きな変化が起こります。

 

新しい髪の毛が発毛することで、いままで生えていた毛が押し出されて抜けてしまうのです。

 

初期脱毛に関しては、驚いてしまう方も少なくありません。

 

しかし、サイクルが切り替わったことで、今後は成長期が長くなった健康的な髪の毛が生えてくるようになります。

 

マイナスなことではありません。

 

特に、リアップやフィナステリドといった発毛剤を利用すると初期脱毛が起こる可能性が高いです。

 

何も知らないで初期脱毛が来てしまうと驚いてしまいますよね。

 

育毛剤の使い始めに抜けることはある、といったことは把握しておきましょう。

 

 

■初期脱毛はどのくらいの間隔で発生するのか?

 

・早ければ1週間ほどで発生

 

平均化すると、育毛剤を利用し始めてから2週間から3週間たって初期脱毛が起き始めます。

 

早ければ1週間程度です。

 

初期脱毛が収まるまでには2週間から1ヶ月程度かかります。

 

いつもよりも少し多い程度の脱毛で済む方も多く、それほど気にならないかもしれません。

 

 

■初期脱毛が起きたほうが薄毛の回復率が高いって本当?

 

・本当です

 

初期脱毛が起きるということは、育毛剤が効果を発揮していることにほかなりません。

 

育毛剤の影響を受けて髪の毛のサイクルに大きな変化が現れ始めているのです。

 

ただ、どうしても抜け毛が多い時になってしまいますよね。

 

どうしても気になってしまう方は、頭皮マッサージも行ってください。

 

頭皮の血行を良くすることで髪の毛に栄養が送られやすくなり、脱毛量を減らすことにつながります。

 

 

 

 

 

 

 

育毛と血行の関係性@リアップで頭皮にアプローチする

 

リアップは血管を拡張し、血行を高めることで育毛を達成するタイプの育毛剤です。

 

そこで気になってくるのが、育毛と血行にはどの程度の関係性があるのか、といったことです。

 

こちらではリアップを中心として、血行を良くすることがなぜ育毛に役立つのか、といったことを説明します。

 

 

■血行と育毛の関わりあい

 

・髪の毛への栄養は全て血液で運ばれている

 

髪の毛は、血液がなければ生えてきません。

 

血液によって栄養が送られることで、発毛したり成長したりしているのです。

 

仮に血行不良の状態が続いてしまえば、当然髪の毛は栄養がなくなり生えてきたり伸びたり、といったことができなくなってしまいます。

 

そこでリアップのような血行促進作用のある育毛剤の出番となるのです。

 

頭皮にリアップを塗布することで、その部位の血管が拡張します。

 

その結果、髪の毛はしっかりと栄養が送られることになり、太くて逞しい毛が生えてきます。

 

髪の毛の成長スピードにも良い結果が現れます。

 

血行を高めることは単に髪の毛に栄養を送りやすくするだけではありません。

 

実は他にも素晴らしい効果が有るのです。

 

 

・毛母細胞の活性化作用がある

 

髪の毛は毛母細胞によって作られています。

 

しかし、様々な影響によって毛母細胞が弱っているケースが多いのです。

 

毛母細胞自体が弱ってしまうと、発毛させたり、成長させたり、といった作用が得られにくいです。

 

結果的に薄毛を招いてしまいます。

 

そこで出番となるのが、リアップのような血行促進作用のある育毛剤です。

 

利用すると、血管が拡張して頭皮に血液が行き渡ります。

 

当然毛母細胞にもたくさんの栄養が送られるのです。

 

その結果、ほとんど休止していたような毛母細胞であったとしても、復活するようになります。

 

栄養が送られることによって、毛母細胞自体が目覚める、といった感覚になるのです。

 

 

■リアップ以外にも頭皮の血行を促進させる良い方法はないのか?

 

・頭皮マッサージを行う

 

頭皮をマッサージすることで血行を高める、といった方法があります。

 

頭皮マッサージを行うことで、頭皮の状況が圧倒的に良くなるのです。

 

血行が促進されるので、毛母細胞も活性化しやすくなります。

 

ただし、1日1回だけだと効果が薄いので、1日あたり複数回行うべきです。

 

シャンプーをしている時
リアップをとする時

 

といったような時を利用して頭皮マッサージを実行してくださいね。

 

ちなみにマッサージするときは手を綺麗にしておくことが肝心です。

 

手が汚れてしまうと、頭皮の肌荒れを招くかもしれません。

 

 

 

 

 

 

2chでも話題のリアップの効果を2chで徹底的に調べてみた

 

巨大掲示板であるのが2chです。

 

育毛剤の情報なども集まっており、非常に参考になります。

 

もちろん参考にならない情報もあり、玉石混交といった状態の場所なのです。

 

こちらでは2chでリアップはどのように評価されているのか、といったことを効果を中心に探ってみました。

 

 

■リアップで得られた効果とは?

 

・髪の毛がだんだん太くなってきた
・髪の毛のコシが回復した
・抜け毛のリュオがだいぶ少なくなった
・生え際から産毛がたくさん生えてきた
・産毛が濃くなって長く成長するようになった
・頭頂部の薄毛が回復した

 

このように様々な効果について記載されています。

 

特に注目して欲しいのが、頭頂部の薄毛が回復した、といったものです。

 

実はリアップに関しては、部位によって効果の出る確率がだいぶ違っているのです。

 

頭頂部に関しては、回復する確率が極めて高いです。

 

一方で、前頭部に関しては、回復する確率が著しく低いことが2chからもはっきりと見えてきました。

 

ミノキシジルに関しては、前頭部よりもてっぺんの方が効果的、といったことのようなのです。

 

逆に前頭部には効果が期待できない、といったこともいえます。

 

 

■リアップを利用してからどのくらいで効果があったのか?

 

・利用してから1ヶ月半で抜け毛量が減少した
・利用開始後2ヶ月で生え際に髪の毛が生えてきた
・利用開始後3週間ほどで髪の毛にコシが出てきた
・利用開始後6ヶ月ほどで、頭頂部の薄毛が目立ちにくくなってきた

 

効果が現れた期間については、その効果にもよりますがかなり差があることが分かりました。

 

早い方は数週間で何らかの効果を感じているようです。

 

一方で確実な効果を得るまでには、それなりの時間がかかることも分かりました。

 

薄い部分から髪の毛が生えてくるまでには、長期的なリアップの利用が必要なのです。

 

 

■リアップの効果がなかったとする口コミ

 

・初期脱毛があっただけで特に変化なし
・産毛は生えてきたけど、長くならなかった
・薄毛はいまも進行中
・頭皮に湿疹ができてしまい、継続して利用するのは断念

 

2chでもあるので、効果がなかった、といった正直な口コミもたくさん確認できました。

 

効果がないどころか、副作用が出てしまった、といった方も非常に多いのです。

 

副作用の口コミに関しては、しっかりと確認しておきましょう。

 

あなたにも出てしまうかもしれません。

 

副作用が出てしまった場合には、いち早く利用をストップしなければなりません。

 

リアップは医薬成分が含まれているので、大きな問題になるかもしれないのです。

 

 

 

 

 

 

 

円形脱毛症に育毛剤リアップは本当に効果があるのか

 

育毛剤は基本的にAGA(男性型脱毛症)やびまん性脱毛症に効果があるとされています。

 

そして、男性だけでなく、女子絵の薄毛の改善にも役立つことがわかっているのです。

 

一方で円形脱毛症への効果もあるのではないか、といったことを考えている方も少なくありません。

 

こちらではリアップに円形脱毛症への効果は期待できるのか、といったことをお話します。

 

 

■リアップは円形脱毛症に対する効果が期待できない

 

・円形脱毛症の発症原因はAGAやびまん性脱毛症と全く別個のものである

 

AGAやびまん性脱毛症に関しては、血行を高めることで薄毛の症状を抑えられることがわかっています。

 

髪の毛に栄養を送り込むことで、髪の毛自体が太くなったり、長く成長するようになるからです。

 

円形脱毛症に関しては、AGAやびまん性脱毛症と全く異なります。

 

血行を回復させたからといって、症状が改善するわけではありません。

 

実は発症原因が全く異なるものだったのです。

 

円形脱毛症が起こる原因として考えられているのが、免疫の不具合です。

 

我々の身体には免疫細胞があり、我々の健康を維持するのに役立っています。

 

身体に異物やウイルスが入ってきた時に攻撃してくれるのです。

 

たとえば、我々の身体には毎日、がん細胞がものすごくたくさん生み出されていますが、基本的に免疫細胞が対応してくれるので、がんにならずに済んでいます。

 

その免疫細胞が、髪の毛を異物だと判断してしまうと円形脱毛症が起こってしまいます。

 

髪の毛を攻撃して、ごっそりと抜けてしまうのです。

 

症状がひどくなると頭髪すべてが抜けてしまいます。

 

それどころか全身の毛が抜けてしまう、といった状態になってしまうこともあります。

 

 

・リアップが円形脱毛症に効果を発揮できない具体的な理由

 

円形脱毛症の原因である免疫の不具合ですが、ストレスといったものが大きく関わっているとされています。

 

たとえば、格闘家が試合前に発症してしまったケースや、政治家が選挙を迎えた時に発症してしまったケースもあります。

 

ストレスが身体に大きな負荷をかけると、免疫細胞が異常な状態になってしまうと考えられるのです。

 

では、リアップはそんなストレスを抑えることができるでしょうか。

 

出来ませんよね。

 

あくまで血行を高めることしか出来ないのですから、免疫細胞に不具合が起きている時に、いくら血行を良くしたとしても薄毛の回復は期待できません。

 

近年では一般的な薄毛も病気扱いですが、円形脱毛症は病気そのものです。

 

医療機関で対応してもらうべきですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

リアップとフィナステリドは併用することで効果が上がるらしい

 

リアップ単体ではなかなか効果が出ない、といった声が非常に多くなっているのです。

 

確かに、リアップの愛用者すべてが思ったような効果を得られているわけではありません。

 

こちらでは、リアップとフィナステリド(プロペシア)の併用をおすすめします。

 

なぜ併用が良いのでしょうか。薄毛を確実に治したい、と思っている方には必見のテーマです。

 

 

■リアップとフィナステリドの併用が良い理由とは?

 

・相乗効果が得られる

 

リアップとフィナステリドですが、片方だけの機能だと効果がそれほど高まらない、といったデメリットが有ります。

 

両方ともに、一定の発毛効果が認められていることは確かです。

 

しかし、一つだけでは効果が弱いと言わざるを得ません。

 

・フィナステリドの効果・・・男性ホルモンの原因物質の発生量を減らす
・ミノキシジルの効果・・・血行を高めて髪の毛へ栄養を送りやすくする

 

まずフィナステリドだけの効果であった場合をシミュレーションしてみましょう。

 

確かに、男性型脱毛症の原因を抑えることになるかもしれません。

 

しかし、原因物質を抑えたとしても、毛母細胞が活性化しなければ髪は生えてこないのです。

 

毛母細胞を活性化させるためには、血液でしっかりと栄養を送ってあげる必要があります。

 

ミノキシジル(リアップ)だけの効果であった場合には、たしかに髪の毛に栄養が送られやすくなります。

 

しかし、薄毛の根本であるジヒドロテストステロンといった物質が出来続けているのです。

 

毛母細胞に髪の毛を生やすな、といった司令を出し続けている状態なので、いくら血行が良くなったとしても高い効果が期待できるわけではありません。

 

このように一つだけの機能だと、どうしても薄毛の完全復活は期待できません。

 

併用して、双方も効果を得る、といったことが大事になってくるのです。

 

 

■リアップとフィナステリドの併用は安全なのか?

 

・特に副作用が出る確率がアップすることはない!

 

リアップとフィナステリドの副作用には大きな違いがあります。

 

リアップの副作用・・・血圧に関連したもの
フィナステリド・・・性機能に関連したもの

 

リアップの副作用とフィナステリドの副作用の質は全く異なっているのです。

 

ですから、片方の副作用の発生確率を高めてしまう、といったことは一般的に考えられません。

 

効果についても、全く異なっているので、バッティングして双方の効果を打ち消し合ってしまう、といったリスクも全く無いのです。

 

 

 

 

 


効果ありかリアップを3ヶ月使ってみた結果をまとめました

 

日本で唯一発毛効果が認められている発毛剤として有名なのがリアップです。

 

テレビコマーシャルでは、俳優が広告塔なっていますよね。

 

そんなリアップですが、効果といったものは現れるのでしょうか。

 

こちらではリアップを3ヶ月使うとどのような変化が現れるのか、といったことを解説します。

 

 

■1ヶ月以内に現れる結果とは?

 

・初期脱毛が起こるケースあり

 

全員に起こるわけではありませんが、リアップを利用した方の一定割合に、初期脱毛と呼ばれる症状が出てくる可能性があります。

 

初期脱毛に関してはマイナスの作用ではなく、実はプラスの作用として知られています。

 

初期脱毛ですが、髪の毛のサイクルの変化の証拠でもあるのです。

 

髪の毛の成長がストップしていた毛穴にもリアップによって栄養が送られ、新しい髪の毛が生え始めます。

 

その結果、古い髪の毛が脱毛する、といった状態になるわけです。

 

初期脱毛は、主にリアップ利用開始から2週間程度から始まり、1ヶ月程度で収まります。

 

それ以上続いている場合には、リアップとの相性が悪い可能性もあるので気をつけてください。

 

 

■使用2ヶ月程度で現れる結果とは?

 

・抜け毛量が少なくなる

 

リアップの効果が現れ始めると、抜け毛の量が少なくなってきます。

 

いままで100本近く抜けていたのが、1日あたり60本から70本程度になる、といったケースが多く報告されているのです。

 

抜け毛量が減ってくると、気持ち的にもずいぶんと前向きになります。

 

不安感といったものが少なくなってきて、育毛にもより前向きに取り組めるようになるのです。

 

ただ、2ヶ月程度では、まだ薄毛の改善を実感するには至りません。

 

その兆しが出てきている、といった感じです。

 

 

■使用3ヶ月程度で現れる結果とは?

 

・髪の毛が太くなる
・産毛が生えてくる

 

リアップを3ヶ月使ってくると、具体的な結果が出始めます。

 

髪の毛が太くなって、コシが出てくる、といった症状が確認できるようになるのです。

 

髪の毛が1本1本太くなることで、薄毛の改善に対する実感が得られ始めます。

 

地肌が目立っていた部位であったとしても、それほど目立ちにくくなる、といった状態が見えてきます。

 

リアップには髪の毛に栄養を送る機能があり、その機能がしっかりと果たされている、といった状態なのです。

 

髪の毛が生えていなかった部位に産毛が生え始める、といった効果も出始めてきます。

 

特に頭頂部や前頭部に産毛が生えてくる、といったケースが増えてきます。

 

必ずしも全員に同じような効果が得られるわけではありません。

 

相性も関係してくるので、合わなかった方は効果が得られないのでその点は覚えておきましょう。

 

 

 

 

 

 

リアップの副作用について(高血圧・頭痛・心臓へ負担・めまい)

 

リアップには様々な副作用報告があります。

 

その中でも最も多いのが皮膚の疾患です。

 

頭皮の肌荒れといった症状が非常に起きやすいのです。

 

皮膚の疾患だけではなく、体内に関する副作用も実際に報告されています。

 

こちらではリアップに関する血圧に関する副作用について徹底解説します。

 

安全度の高い育毛生活を送りたい、と思っている方は必見です。

 

 

■リアップの血圧関係の副作用とは?

 

・低血圧
・頭痛
・心臓への負担
・めまい

 

上記したものは全てリアップの副作用に入ってくるのですが、実は血圧に大きく関連してきます。

 

リアップには血管を拡張する、といった作用があるのです。

 

有効成分のミノキシジルには血管を広げる力があり、血液の流れをよくします。

 

しかし、血液の流れを良くしたら、血圧が下がってしまうのは明らかなこと。

 

もともと低血圧気味であった方は、様々な副作用が発生してしまいます。

 

血圧が下がることによって、脳に至る血液量が少なくなります。

 

そうなると頭痛や目眩、といった症状が現れるのです。

 

貧血のような表情に似ています。

 

血管が広がっているのに、血液量が足りなくなれば、倒れてしまうことだってありえるのです。

 

リアップを利用して脳の血液が欠乏し失神、といった事例は少ないですが、ありえないわけではありません。

 

血圧に影響が出るということは、心臓にも影響を与えます。

 

心臓も血液をいっぱい送り出さなければなりません。

 

力強く動かす必要が出てくるわけです。

 

その結果、心臓に痛みが出てきてしまったり、動悸や息切れ、といった症状を生むこともありえます。

 

血圧関係の副作用が出た場合には、即刻リアップの利用はストップしてください。

 

非常に恐ろしい副作用でもあるからです。

 

重篤化する可能性もあるので、我慢できる、といったものでもありません。

 

薄毛の改善よりも命のほうが大切ですよ。

 

 

■リアップよりも恐ろしいミノキシジルタブレット

 

リアップと同じミノキシジルを含んでいるのが、ミノキシジルタブレットです。

 

飲むタイプの発毛剤の一つですが、リアップと違って飲み薬なので全身に影響を与えます。

 

リアップであれば頭皮付近の血管のみに影響を与えますが、ミノキシジルタブレットは全身の血管を拡張するのです。

 

低血圧症状を引き起こしやすい、といったデメリットもあるので十分に注意しなければなりません。

 

 

■リアップで副作用が出たら濃度を下げてみるべし

 

・5%から1%へ

 

リアップに関しては、5%タイプと1%タイプが有りますよね。

 

5%タイプで副作用が出た場合には、1%にしてみましょう。

 

濃度が低くなると、副作用が収まる可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

リアップの発毛効果を追った!効果の出やすい年齢を暴露

 

リアップを少しでも効果的に利用したい、といった時には年齢に注目すべきです。

 

実は効果が出やすい年齢と出にくい年齢があります。

 

年代によっては、望んでいるような結果が得られないこともあるので十分に注意しなければなりません。

 

こちらでは、リアップと年齢の関係性に迫ります。

 

 

■リアップはそもそも何歳から何歳まで利用できるのか?

 

・主な利用可能年齢・・・20歳から60歳くらい

 

リアップについては、未成年の利用は認めていません。

 

医薬発毛成分を使っているということもあり、10代の方の利用は禁止しているのです。

 

他にも店稲の場合はまだ肌の堅牢性がなく、ちょっとした刺激でかぶれてしまうことも考えられます。

 

ホルモンバランスが乱れやすいからです。

 

そんな理由もあり、20歳以上しかリアップは利用できません。

 

最高年齢の目安を60歳としましたが、臨床試験データについては50代くらいまでに限定されていることが多いから、といった理由があります。

 

だからといって60歳以降の方に効果がない、といったことは言えないのです。

 

60歳以上の方であったとしても、特に利用が禁止されているわけではなく、お肌の状態が良かったり副作用が出ななければ利用しても構いません。

 

 

■リアップの効果が出やすい年代とは?

 

・20代から30代にかけて

 

リアップの結果が出やすいのは、実は若い時です。

 

リアップの育毛効果ですが、毛母細胞を復活させる、といったものがあります。

 

しかし、復活させるにしても毛母細胞がある程度健康的でなければなりません。

 

高年齢になってしまうと、毛母細胞が完全に機能停止している可能性もあります。

 

そんな状態であれば、いくらリアップを利用したとしても高い効果が得られません。

 

少しでも若い細胞が健康なうちにリアップの利用を開始すべきなのです。

 

特に、リアップを使って復活した方の多くは30代前半までにリアップの利用を開始しています。

 

30代後半から利用し始めると、回復率が下がってくるので注意してくださいね。

 

 

■リアップの効果が出にくい年代とは?

 

・50代以降

 

リアップの効果が出にくいのは高年齢の方です。

 

リアップには血行を促進する、といった作用があり、それが育毛効果に繋がるわけです。

 

しかし、50代以降になると血行不良状態が当たり前になってしまいます。

 

リアップで対応しようとしても、もともと血行不良状態になってしまっているので、効果が打ち消されてしまいます。

 

50代以降でリアップを利用している方は、リアップ以外にも運動やマッサージなどの血行を高める方策を併用すべきです。

 

 

 

 

 

 


心配なら医師に相談を!リアップで副作用が出る人の共通点

 

リアップには医薬成分のミノキシジルが使われています。

 

強力な作用のある成分なので、副作用が出てしまう確率が一気に高まるのです。

 

こちらではリアップを利用することで副作用が出る方にはどんな特徴があるのか、といったことをお話します。

 

仮に特徴に当てはまってしまった方は、なるべくリアップを利用しないでくださいね、

 

 

■頭皮の状態がよくない方

 

・頭皮湿疹が出来やすい、
・頭皮が乾燥している
・頭皮が赤くなっている
・頭皮がかゆい
・フケ症である
・敏感肌である
・アトピーである

 

一つでも当てはまってしまった場合には、リアップの利用はお勧めできません。

 

リアップの副作用の報告で最も多くなっているのが、頭皮の異常なのです。

 

リアップが刺激となってしまい、頭皮に炎症を起こしてしまう、といったことが起こりやすく、かえって薄毛を招いてしまうかもしれません。

 

仮にリアップの影響で頭皮に炎症が起きてしまうと、髪の毛に送られるべき栄養が炎症に向けられてしまうのです。

 

髪の毛が長く成長しなかったり、細くなってしまったり、といった状況になりかねません。

 

薄毛を解消するためにリアップを利用しているのに、かえって逆効果となってしまいかねないです。

 

 

■血圧が低い方、血圧の薬を飲んでいる方

 

・低血圧の症状が出てしまう可能性あり

 

リアップに含まれている有効成分のミノキシジルは、血管を拡張する、といった機能があります。

 

医薬品なので、かなり強力な作用を持っています。

 

血管を拡張することで頭皮に血液が行き渡るようになり、髪の毛がどんどんと生えてくる、といった結果が得られるのです。

 

血管を拡張するということは、血圧が下がる、ということでもあります。

 

もともと、低血圧な方にとっては大きな負担となってしまい、低血圧症を引起してしまうかもしれません。

 

気を失ってしまう、といったことも考えられるのです。

 

もう一つ注目してほしいものに、血圧降下剤の利用があります。

 

高血圧の症状がある方は、日常的に血圧降下剤を飲んでいますよね。

 

そのお薬とミノキシジルのダブル作用で、血圧を著しく下げてしまうかもしれません。

 

動悸や息切れといった症状や胸の痛みが出てきてしまうこともありえるのです。

 

リアップに関しては、頭皮に塗るだけなので全身に対する影響は少なく、重篤な症状が出てしまう可能性は少ないですが、気をつけるべきです。

 

ちなみにミノキシジルタブレットを利用した方の中には、亡くなった方もいます。

 

医薬品は気軽に利用できるものではないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

リアップを使って産毛が生えるまでの大凡の期間は3ヶ月?

 

リアップを利用すると、多くの方に起こる効果として、【産毛】の出現があります。

 

問題は産毛が大きくなるのか、それともそのままなのか、といったところですよね。

 

こちらでは産毛が生えてくるまでに、リアップをどれくらい利用すればよいのか、といったことをお話します。

 

1ヶ月や2ヶ月で生えてくることはあるのでしょうか、それともそれ以上の期間がかかるのでしょうか。

 

 

■リアップを利用してから産毛が生えてくるまでの期間とは?

 

・3ヶ月程度はかかる

 

産毛が生えてくるまでにはそれなりの時間がかかります。

 

薄くなっており、毛が生えていなかった部位であればあるほど、生えてくるまでには時間がかかります。

 

ただ、早い方であれば、1ヶ月程度で産毛が生えてくることも少なくありません。

 

ある程度の個人差、といったものがあるのです。

 

毛母細胞にもともと、ある程度の力が残存している場合にはかなり早い段階でリアップの効果が現れます。

 

一方で、薄くなってしばらく経っているような、毛母細胞がかなり弱っている場合には時間がかかってしまうのです。

 

リアップの効果を少しでも得たい、と考えるのであれば、なるべく早めに利用を開始すべきです。

 

育毛の開始を送らせてしまうと、それだけ効果が得られにくくなってしまう、といった状態になりかねません。

 

 

■産毛以上に成長するまでの期間はどれくらいなのか?

 

・目安は6ヶ月程度

 

短期間で産毛以上に成長するわけではありません。

 

産毛が生えてきたとしても、それ以上に成長しないことも考えられるのです。

 

順調に産毛が成長したと仮定して、ある程度の太さや長さに到達するまでの期間ですが、リアップの利用開始から約6ヶ月程度はかかる、と考えておきましょう。

 

産毛の状態から太く長く成長するのは意外に難しいのです。

 

簡単なことのように見えて簡単なことではありません。

 

多くの毛は産毛の状態のままで成長をやめてしまう可能性もあります。

 

粘り強くリアップを使い続ける、といったことも必要なのです。

 

リアップですが、最低でも6ヶ月は利用し続けてください。

 

理想的なことを言えば12ヶ月程度は利用して効果が出たかを確認して欲しいです。

 

仮に12ヶ月使っても特に回復しているような状態でなければ、ほとんど効果がなかった、と考えて間違いありません。

 

あなたには他の育毛方法のほうがマッチングしていると思われます。

 

発毛成分ではなく、一般的な育毛成分を含んだ育毛剤のほうが効果が期待できるかもしれませんよ。

 

 

 

 

 

 

 


女性用と男性用違いリアップの効果を性別で調べてみた

 

 

リアップは男性と女性が利用できます。

 

発毛成分のミノキシジルは、男性だけに効果があるものではありません。

 

女性にも効果ができる成分なのです。

 

こちらでは、男性と女性にどのようにミノキシジルが効果を与えるのか、違いはあるのか、といったことを詳しくお話します。

 

 

■男性と女性に対するリアップのミノキシジルの効果とは?

 

・基本的に同じような効果が期待できる

 

ミノキシジルに関しては、血管を拡張する、といった作用が期待できます。

 

血流を改善し、その結果薄毛の解消を目指す、といったことが期待できるわけです。

 

血流が毛母細胞に流れこむようになると、毛母細胞自体も健康的な状態になります。

 

より髪の毛が生えやすい状態になるのです。

 

リアップに含まれるミノキシジルに関しては、性別で与える効果が異なる、といったことは基本的に考えられません。

 

同じような効果が得られるのです。

 

 

■男性用と女性用リアップのミノキシジル濃度の違い

 

・男性用リアップの濃度・・・1.0%、5.0%
・女性用リアップの濃度・・・1.0%

 

男性用リアップに関しては、ミノキシジル濃度が最大で5.0%となっています。

 

女性用リアップよりも濃い濃度となっているのです。

 

5倍も多く含まれていることが分かります。

 

なぜこれだけ多くの濃度が含まれているのか、といったことはあまり広くは知られていません。

 

実は、女性は比較的早い段階でリアップの効果が出ることがわかっています。

 

1.0%でも十分によい結果が得られるのです。

 

しかし、男性に関しては、1.0%程度では良い結果が得られなかった、といったケースが続出しています。

 

だからこそ、5.0%タイプが生み出されました。

 

 

■なぜ女性のほうが効果が出やすいのか?

 

・女性の薄毛の主原因が血行不良であるケースが多いから

 

男性の薄毛の主原因は、男性型脱毛症(AGA)です。

 

男性型脱毛症は、遺伝性のものでしかも強力な作用を持っています。

 

そう簡単に逃れられるものではなく、継続的な対処が必要になってしまいます。

 

薄毛は生活習慣を改善すれば良くなる、とされていますが、男性型脱毛症に関しては、いくら生活習慣を改善したとしても良い結果が得られることはありません。

 

それほど強力なものなのです。

 

一方で女性の薄毛はびまん性脱毛症と呼ばれており、冷え性などの血流不足が関連しています。

 

ですから、リアップで血行を高めてやれば、薄毛が解決する確率が高いのです。

 

 

 

 

 

 

アトピーだと使えない!?逆効果になる前にリアップの事を知れ!

 

アトピーなどの皮膚の疾患で悩んでいる、といった方も多いと思います。

 

アトピーで悩んでおり、薄毛でも悩んでいる、といった状況ではリアップは利用できるのでしょうか。

 

こちらではアトピーとリアップの関係性について解説します。

 

 

■アトピーの方はリアップを使っても良いのか?

 

・お勧めはできない

 

リアップには、お肌に対する刺激といったものがあります。

 

安全性が高い発毛剤とは言い難いのです。

 

発毛医薬成分でもあるので、ある程度強い作用があります。

 

利用した方の中には、皮膚の疾患が起こっているケースもすくなくありません。

 

アトピーに関しては人によっては軽度のものであったり、重度のものであったりします。

 

重度の場合には、リアップは絶対に利用してはなりません。

 

アトピーの症状がきつく出てしまうこともありえるのです。

 

一方で、軽度の場合は利用できる可能性があります。

 

 

・ドクターと相談すること

 

アトピーの方でリアップを利用したい、という場合であれば、前もってドクターに相談するのがおすすめです。

 

頭皮の状態を確認してもらい、リアップに耐えられるかを確かめるのです。

 

ドクターからストップがかかった場合には利用しないでくださいね。

 

また、利用できるとしても、リアップを利用してからアトピーがひどくなるような感覚があったら利用は控えてください。

 

リアップ以外の育毛方法に切り替えるべきです。

 

 

■リアップを安全に使う方法はないのか?

 

・濃度が低いものがおすすめ

 

リアップに3つの種類があります。

 

リアップX5・・・ミノキシジル濃度5%
リアップジェット・・・ミノキシジル濃度1%
リアップジェンヌ・・・ミノキシジル濃度1%

 

濃度が高いほど効果が高まるとされているのですが、実は副作用の発生確率も濃度が高まるたびに発生してしまう可能性があります。

 

ですから、アトピーなどの皮膚の疾患で悩んでいる方は、なるべく濃度の低いタイプの利用がおすすめなのです。

 

仮に、ミノキシジル濃度が5%のリアップx5を利用してしまうと、健康的な肌であったとしても湿疹などの症状が出てきてしまうかもしれません。

 

最初は1%タイプの利用から開始し、様子を見て5%タイプに切り替える、といったこともおすすめです。

 

育毛は安全性も極めて重要です。

 

何も考えずに利用してしまうと、頭皮に大きなダメージが与えられてしまい、かえって薄毛が進行してしまうかもしれません。

 

育毛を達成させるためにも、安全は確保すべきです。

 

 

 

 

 

 

 


リアップを使って逆にハゲが悪化した理由はなんだ

 

リアップを使うことで逆に薄毛が進行してしまった、といった体験談がいくつかあります。

 

こちらでは、どんな理由でリアップを使ったところ薄毛が進行してしまったのか、といったことをお話させてもらいます。

 

リアップを利用しようか迷っていた方は必見ですよ。

 

 

■初期脱毛が起こった可能性あり

 

・初期脱毛であれば問題なし

 

発毛剤にありがちなことですが、効き目が強いものを利用すると、一時的に薄毛が進行してしまう、といったケースが多く報告されています。

 

それは、初期脱毛と呼ばれているもので、一時的に薄毛が進行してしまうものです。

 

しばらくすると落ち着くケースが多いので、それほど心配する必要はありません。

 

どれくらいの間隔で起きるのか、といったことですが、リアップを利用し始めてからり早い段階で起こります。

 

1週間から2週間程度で始まり、2週間程度続くケースが多いです。

 

抜け毛量が落ち着くと、脱毛量少ない状態が維持されるようになるのでそれほど心配はありません。

 

初期脱毛に関しては、新しい髪の毛が生えてくる準備段階で起きるものです。

 

すぐに新しい髪の毛が生えてくるので、特別心配する必要がありません。

 

しかし、一時的に薄くなる、といった状態になることには変わりないので、精神的なダメージについては受けてしまいます。

 

初期脱毛といったものが起こる可能性がある、といったことは覚えておくべきです。

 

 

■頭皮環境が悪化した可能性あり

 

・髪の毛が生えにくい状態になってしまった

 

リアップには一定の刺激があります。

 

頭皮を痛めてしまうケースもあるのです。

 

頭皮に炎症などがおきてしまうと、頭皮環境としてはかなり悪い状態になります。

 

その結果、薄毛が発症してしまうのです。

 

リアップにはミノキシジル、といった薬剤が含まれています。

 

ミノキシジルは育毛や発毛に大きな役割を果たしてくれる成分であることには変わりありませんが、頭皮の負担になることも間違いありません。

 

育毛とは逆の効果を果たしてしまうかもしれないのです。

 

リアップで頭皮環境の悪化を起こさないようにするためには、頭皮の状態が悪い時には利用しない、といったことも必要です。

 

頭皮に湿疹が起こってしまうような状態が続いてしまうと、いつまでも治らなくなります。

 

髪の毛への栄養も阻害されてしまうようなことが続いてしまうので、頭皮環境が悪化したと思ったらリアップの利用は一時的に中止してください。

 

治ったら利用を再開しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

途中で使用をやめると薄毛がリバウンドしてしまうのは本当か

 

リアップの利用をしていて、途中で利用をストップしてしまうと薄毛に逆戻りしてしまう、いわゆるリバウンド現象が起きるとされています。

 

それは事実なのでしょうか。

 

こちらでは、リアップとリバウンドの関係性について語ります。

 

 

■リアップを途中でやめるとリバウンドするのは事実

 

・リアップによって生えてきた髪の毛が抜けてしまう

 

リアップには、血流を促進する、といった効果があります。

 

血流の促進効果ですが、頭皮マッサージをしたり、植物エキスなどの天然の血流促進成分とは効果が全く異なります。

 

非常に強い作用があります。

 

要は、強引に血管を拡張するような作用があるのです。

 

そんな強力な血管拡張作用が、リアップをやめてしまえば得られなくなります。

 

他の成分で代用できるわけではないので、血行が良くなったことによって生えていた髪の毛が、脱毛してしまうことも考えられます。

 

髪の毛が細くなってしまったり、産毛以上に成長しなくなる、といったことまで考えられるのです。

 

リアップを利用して効果が出ており、その状態を維持し続けたい、と考えるのであれば継続利用しなければなりません。

 

育毛剤との付き合いは一生になることも考えられるのです。

 

効果が出ていない育毛剤を途中でやめても問題はありませんが、効果が出ている場合には慎重に判断してくださいね。

 

■リアップにて現状維持されている場合に利用をストップするとどうなるのか?

 

・薄毛が進行してしまう可能性あり

 

リアップによって現状維持されていた、と考えるのが自然です。

 

男性の薄毛の原因で最も多いのが男性型脱毛症であることは疑いようがありません。

 

男性型脱毛症は進行性のものです。

 

最初は前頭部や頭頂部のみが薄いのですが、その範囲がどんどんと広がってしまい、ついには前頭部から頭頂部まで一気に薄くなってしまいます。

 

現状維持されているということは、リアップの効果が出ている可能性が極めて高いのです。

 

男性の薄毛に関しては、進行を食い止めている、といったことだけでもかなり素晴らしい効果が出ている、と判断して間違いありません。

 

仮にリアップを利用して維持できているのであれば、継続利用をおすすめします。

 

 

■リアップの利用中止におけるリバウンドを抑える方法

 

・効果的な育毛剤を見つけ出すこと

 

リアップの利用をやめて、一切の育毛をやめてしまうと、リバウンドが一気にきてしまいます。

 

リアップほどの効果はないにしても、一定以上のある有効な育毛剤を利用することでリバウンドを抑えましょう。

 

 

 

 

 

 

リアップが効かない理由はコレだ!効果とデメリットのまとめ

 

リアップを利用した方全員に効果が出るわけではありません。

 

医学的にも認められた成分を使っているのに効果が出ないなんておかしいじゃないか、といったことを思っている方もいるかもしれません。

 

しかし、効き目が出ていない方はいるのも事実なのです。

 

こちらではなぜリアップを利用しても回復しないのか、といったことを解説します。

 

リアップを利用してもなかなか効果が出ていない方、これからリアップを利用しようと思っている方は要チェックです。

 

 

■薄毛の原因が血行不良ではない

 

・血行が良い方が利用しても意味が無い

 

リアップの効果ですが、血行を高める、といったものがあります。

 

血行を高めることで、毛母細胞に栄養をたっぷりと送ります。

 

その結果、髪の毛が元気に生えてきて薄毛が回復する、というのがリアップの効果のメカニズムなのです。

 

血行が良い方にリアップを利用しても意味が無い、といったことが分かりますよね。

 

要は、リアップの効果が出やすい方は血行が悪くて、その影響で薄毛になっている方なのです。

 

もちろん男性型脱毛症の方にも効果はあるのですが、血行を高めて毛母細胞を活性化させて髪の毛を生やす、といったことを行っています。

 

血行を高めることによって状態をよくして髪の毛を生やしているのです。

 

もともと、血行が良くて毛母細胞にも栄養がしっかりと送られている方が利用したとしても、効果が得られるわけではありません。

 

ちなみに、血行不良であるかを確認する方法は、血圧があります。

 

血圧が少し高めの方は血管が収縮しやすく、血行不良であるケースが極めて高いのです。

 

さらに、冷え性である方も血行不良である可能性が高いです。

 

注意は身体の最高部分にあるので、冷え性の影響も受けやすいです。

 

冷え性の症状がある方はリアップを利用した育毛を実施しましょう。

 

 

■頭皮の肌荒れの影響で効果が失われてしまう

 

・リアップ自体に刺激あり

 

リアップを利用していると、頭皮に湿疹ができてしまうケースが多く報告されています。

 

リアップ自体に刺激があり、頭皮がその刺激に耐えられなくなってしまうのです。

 

アレルギー症状に近い感覚になることも考えられます。

 

頭皮の肌荒れがリアップのおかげで日常的に起きてしまうと、髪の毛に栄養がいきわたりにくくなります。

 

お肌の修復に栄養が使われてしまうのです。

 

頭皮の肌荒れも薄毛の原因になるので、リアップの効果が出ない理由の一つに入ってきます。

 

 

 

 

 

 


育毛剤リアップに含まれるアルコール成分は問題ないのか

 

育毛剤に含まれるアルコールにはお肌を炒めてしまう可能性が指摘されています。

 

お肌を痛めてしまえば、育毛が達成できない可能性もあり、十分に注意しなければなりません。

 

こちらでは育毛剤のリアップに含まれているアルコール成分に危険性はあるのか、といったことをお話します。

 

少しでも安全な育毛剤を使って薄毛に対処したい、と思っている方は必見です。

 

 

■育毛剤のリアップに含まれているエルコールとは?

 

・エタノールが含まれている

 

エタノールに関しては特別珍しい成分ではありません。

 

育毛剤の多くに実際に含まれている成分の一つです。

 

アルコールの関しては基本的胃に揮発性があるので、長時間お肌の上にとどまっているわけではありません。

 

そう聞くと危険性はあまり無いように感じるのですが、実際はどうなっているのでしょうか。

 

 

■育毛剤のリアップに含まれるエタノールには危険性はあるのか?

 

・アレルギーが発生してしまう可能性あり

 

アルコールに関しては、基本的にアレルギーが発生する恐れがあります。

 

アレルギーに関しては、それほど重篤でなかったとしても、一度発症してしまうと今後もずっと起こり続けてしまうかもしれません。

 

アレルギーがある方は、アルコールの含まれた育毛剤を利用すべきではありません。

 

 

・乾燥を促進させてしまう可能性あり

 

アルコールに関しては揮発性に富んでいるので、皮膚を乾燥させる恐れがあります。

 

一般的な市販されている育毛剤であれば保湿成分もあるので、こちらのマイナス点に対してはある程度カバーできます。

 

しかし、リアップに関しては保湿作用のある成分が含まれているわけではありません。

 

乾燥肌を抑えてくれるような作用を期待できないので、もともと乾燥肌の方の利用はあまりおすすめできない、といったデメリットが有ります。

 

普段は乾燥肌でなかったという方でも、冬は乾燥するケースもありますよね。

 

冬の利用にも気をつけなければなりません。

 

リアップと保湿成分が含まれている育毛剤を併用する、といった方法で対処するのはおすすめです。

 

最初に育毛剤で頭皮を保湿して、その後にリアップを使う、といった対処法も考えておきましょう。

 

 

■リアップに含まれている新成分セタノールとは?

 

リアップは、2015年にリニューアルしています。

 

新たに含まれた成分がいくつかあるのですが、その中で注目して欲しいのがセタノールです。

 

セタノールもアルコールの一種であり、セチルアルコールを指しています。

 

特に今のところ危険性は指摘されていません。

 

 

 

 

 

 

 

育毛剤リアップが日本で唯一の発毛剤な訳をご説明します

 

 

テレビコマーシャルを見ていると、有名な俳優が「リアップは日本で唯一の発毛剤です」と述べていますよね。

 

そこで疑問に思ってしまうのが、なぜリアップだけが発毛剤なのか、といったことです。

 

他にも育毛剤と呼ばれるものはたくさんあるわけです。

 

こちらでは、リアップが日本で唯一の発毛剤と言われる理由に迫ります。

 

 

■医薬成分のミノキシジルが含まれている

 

・医学的に発毛効果が認められている成分「ミノキシジル」

 

リアップが日本で唯一の発毛剤と言われている所以は、「ミノキシジル」が含まれていることにほかなりません。

 

ミノキシジルは、医薬成分であり、臨床試験によって発毛効果があることが実証されているのです。

 

これは日本の公的機関でも認められています。

 

そのミノキシジルが含んだ発毛剤は、日本では「リアップ」しかありません。

 

だからこそ、「日本で唯一の育毛剤」といえるのです。

 

リアップ以外の育毛剤を成分表を確認してみましょう。

 

「ミノキシジル」と書かれているものが全く含まれていないことが分かります。

 

そもそも、育毛剤にはミノキシジルを含んではいけません。

 

医薬成分なので、利用にはかなりの制限を受けることになるのです。

 

一般的に販売されている育毛剤に関しては、基本的に植物エキスなどの天然成分を利用しているに過ぎません。

 

発毛医薬成分を使ってはいけないのです。

 

 

■臨床試験によってリアップの効果が認められている

 

・育毛剤と違い確実な効果が実証されているのも日本で唯一の発毛剤の理由

 

育毛剤でもある程度の試験結果は明らかにされています。

 

しかし、リアップのように医学的な見地からも臨床試験を行っているデータはほとんどありません。

 

リアップに関しては、精度の高い臨床試験データがしっかりと公表されており、多くの方に良い効果があったことが認められました。

 

発毛効果の裏付けが取れているのです。

 

【リアップの臨床試験データ(ミノキシジル1.0%含有)】
・著名改善・・・3.5%
・中程度改善・・・33.8%
・軽度改善・・・53.5%
・不変・・・9.2%

 

【リアップX5の臨床試験データ(ミノキシジル5.0%含有)】
・著名改善・・・4.3%
・中程度改善・・・50.7%
・軽度改善・・・38.6%
・不変・・・6.4%

 

署名改善といった劇的な効果を得た方は少ないですが、中程度改善を含めるとかなりの割合になることが分かります。

 

一定以上の効果が期待できるのがリアップなのです。

 

 

 

 

 


リアップは女性の薄毛にも対応できるのかネットで調べてみた

 

リアップといえば、男性の薄毛に効果がある、といった印象があります。

 

一方で、女性にも利用できるのか、といったことが気になっている薄毛で悩んでいる女性も多いのが事実です。

 

こちらではリアップに関して、女性の薄毛にも対応しているのか、といったことをネットを利用して徹底調査してみました。

 

女性で薄毛に悩んでいる方は必見です。

 

 

■リアップは女性にも効果あり!

 

・リアップジェンヌがある!

 

リアップには3種類あります。

 

そのうち1種類を「リアップジェンヌ」と読んでいるのですが、実はそちらは女性用のミノキシジル含有発毛剤なのです。

 

含有量は1%と少なめですが女性にも効果があるからこそ、専用のリアップがあるわけですよね。

 

ただ、女性の薄毛にどのようにリアップが機能してくれるのでしょうか。

 

その辺りも深く知っておきたいところです。

 

 

■リアップが女性の薄毛に効果を発揮知るメカニズム

 

・血行を促進して髪の毛を健康的な状態にする

 

リアップに含まれている有効成分はミノキシジルです。

 

ミノキシジルには血管を拡張する作用があり、血流量を多くする機能があります。

 

髪の毛は血液によって栄養を補給しており、太くなったり長くなるためには、豊富な栄養が必要なのです。

 

仮に、血行が悪くなってしまえば、髪の毛は細くなってしまったり、成長スピードが遅くなります。

 

特に女性に多くなっているのが冷え性ですよね。

 

冷え性は、血行不良が大きく関わっています。

 

実は、女性の数下の原因の多くは血行不良が原因なのです、びまん性脱毛症といったものがあります。

 

髪の毛が全体的に少しずつ薄くなるような症状を指しているのですが、血行不良が関わっています。

 

そのびまん性脱毛症に良い効果を発揮するのがミノキシジルなのです。

 

男性の薄毛の場合には、AGA(男性型脱毛症)といったものがあります。

 

血行とは関係ない薄毛の原因を抱えており、それでもミノキシジルで効果が出ることがあります。

 

一方で、女性の場合は、ミノキシジルでピンポイントに治療できることになります。

 

男性よりもリアップを使うことでより薄毛が回復しやすいと考えられるのです。

 

 

■女性がリアップを利用するデメリットはあるの?

 

・副作用に気をつけよう

 

男性と違うところはありませんが、副作用が出てきてしまう可能性があります。

 

頭皮の湿疹や、血圧が下がってしまうような症状が現れたら利用をストップしてくださいね。


 

 

 

 

注目記事※おすすめの育毛剤の実際の使用感レビュー↓↓