薄毛対策Q&A@知っておきたい薄毛の原因まとめ予防策や改善法

 

わかめは古い?それなら何が良いの?栄養面からの薄毛予防

 

薄毛は、多くの人が悩んでいる症状で、いろいろな原因により進行します。

 

これを改善する為の方法として育毛剤の使用や頭皮へのマッサージなどがありますが、最も基本的なのは食事による栄養補給です。

 

頭髪は漢方では血の余りと考えられている様に、生きていく上で必要な栄養素を使用した残りの部分で構成されています。

 

つまり、栄養補給が足りない場合は、すぐに影響を受けてしまうということです。

 

わかめや昆布などの海藻類は、髪の毛に良い食べ物として古くから伝えられてきました。

 

確かに、ミネラルや食物繊維などの独自成分を含んでいるので、健康をキープするために必要な食べ物であることは間違いがありません。

 

しかし、最も育毛に効果が期待できる食べ物とは言えない状況です。

 

頭髪を構成している主成分はケラチンというたんぱく質の一種で、亜鉛のサポートにより生成されます。

 

また、頭髪は血液により毛乳頭に栄養が送られて毛母細胞が分裂することで成長するので、細胞分裂の活性化や血液循環を促進する作用がある栄養素は、育毛に効果的ということになります。

 

この為に、毛母細胞の分裂を促進するビタミンB2とB6、血管を拡張するビタミンEは、特に有効です。

 

これらの栄養素を豊富に含んでいる食べ物としては、豆腐や納豆などの大豆食品が代表的です。

 

ビタミンEについては十分ではありませんが、それ以外の栄養素についてはかなりバランスよく含有しています。

 

また、大豆製品には大豆イソフラボンというポリフェノールを含んでいるということも髪の毛にいい食品としておすすめできる理由です。

 

この栄養素は、女性ホルモンのエストロゲンに科学的な構造が良く似ているので、体内で受容体と結合することにより似た働きを行うことになります。

 

近年増加している女性の薄毛は、ホルモンバランスの崩れが原因と考えられています。

 

この為に、大豆イソフラボンを含む大豆性食品を摂取することにより、この症状に対しての改善が期待できることになります。

 

また、卵も髪の毛に良い食べ物の代表的な存在と言えます。

 

これは、育毛に効果的なレシチンという脂質の一種を多く含んでいるからです。

 

この栄養素は、毛母細胞を元気にする作用があるので、頭髪の生産能力を向上する効果があります。

 

この様に、大豆製食品と卵には、脱毛の防止と発毛を促進する効果のある栄養素を豊富に含んでいます。

 

ただし、これらだけを食べていれば大丈夫というわけではありません。

 

普段の食事にこれらを上手く取り入れることにより、栄養バランスを整えるということが重要です。

 

 

 

 

 


百害あって一理なし!タバコを吸うとハゲやすくなるって本当?

 

本当です。

 

タバコは、健康に大きな悪影響をもたらす恐ろしいものです。

 

そして何よりも薄毛を促進させてしまうこともわかっているのです。

 

薄毛に悩んでいるのにタバコを吸っていては何の意味のもありません。

 

こちらではタバコがいかに薄毛と密接に関わっているのかをお教えします。

 

たばこをやめるきっかけにしてもらえたら幸いです。

 

 

■ニコチンに血行を阻害する機能あり!

 

・髪の毛に栄養が送られなくなる

 

タバコを吸っている方で、「髪の毛が細くなってきた」といったことを感じ始めたらニコチンの影響が強く出ている換毛性があります。

 

タバコに必ず含まれているのが「ニコチン」ですよね。

 

ニコチンとは中毒成分のひとつです。

 

あまり知られていませんが、麻薬指定されているマリファナよりも中毒性が強いことでも知られているんですよ。

 

たからこそ、たばこをやめるのは本当に難しいのです。

 

ニコチンの作用は中毒だけではありません。

 

血管を収縮させる、といったものがあります。

 

ニコチンが身体に入ってくると、血管がすぼまってしまうのです。

 

その結果、全身に栄養が送られなくなります。

 

髪の毛にも栄養が届かなくなり、髪の毛が細くなってしまったり、成長がストップしてしまうこともあるのです。

 

タバコを吸うとお肌の質が悪くなる、といったことがありますよね。

 

それもニコチンによって血行が阻害され、結果的にお肌に栄養が行き渡らなくなってしまったことが原因なのです。

 

 

■タバコはどうすれば効率的にやめられるのか?

 

・医療機関を利用しよう

 

ニコチンガムなどを利用した、計画的な記念がおすすめです。

 

ニコチンは前述したように、中毒作用があります。

 

いきなりニコチンの摂取量をゼロにしてしまうと、辛いのです。

 

耐え切れなくなり吸ってしまう、といった失敗例がたくさんあります。

 

禁煙外来に通うと、ニコチンの摂取量を少しずつ下げていく、といった治療が受けられます。

 

一気に減らすことはしないので、比較的身体に順応させやすいのです。

 

一気にたばこをやめるよりも、ゆっくりとやめたほうが、リバウンドする可能性も少ないです。

 

せっかく成功したのに、1年後に再び吸い始めた、といった事にはならないように注意してくださいね。

 

 

■タバコは辞めたくない!育毛剤で対処できないの?

 

・育毛剤の効果を打ち消してしまうタバコ

 

タバコの力はすごいです。

 

確かに、育毛剤は利用しないよりは利用したほうが良いです。

 

しかし、育毛剤の効果を完全に打ち消してしまうほどニコチンの作用は強いので、育毛剤を利用するなら、タバコはヤメるべきです。

 

 

 

 

 


ハゲは本当に遺伝するの?遺伝ではげる確率と検査の方法

 

薄毛は、男性の約30%、女性の約10%に見られる症状です。

 

欧米化した食生活やストレスの増加、大気汚染など様々な原因が考えられますが、最も大きいのが遺伝です。

 

例えば、男性の薄毛の大部分を占めている男性型脱毛症は、25年前と比較しても発症頻度は同程度です。

 

つまり、この間の社会の変化は発症頻度に何の影響も与えていないということになります。

 

男性型脱毛症は、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、還元酵素U型5αリダクターゼに変換されて出来るDHTという物質が原因です。

 

この物質が前頭部から頭頂部にかけての毛乳頭細胞にあるアンドロゲンレセプターと結合することにより、毛母細胞の増殖が抑制されてしまい、軟毛化して抜けやすくなります。

 

この症状に深く関係しているテストステロンとDHTは、男性的な身体的特徴を形成する為に分泌されます。

 

この為に、全ての男性に存在しているのですが、男性型脱毛症は全員が発症するわけではありません。

 

これには2種類の要因があると考えられています。

 

まず一つ目は、テストステロンをDHTに変換する還元酵素U型5αリダクターゼの活性度です。

 

これが高い人はDHTの生産量が多くなるので、男性型脱毛症を発症するリスクが高くなります。

 

そして二つ目は、DHTをキャッチするアンドロゲンレセプターの感受性です。

 

感受性が高いほど薄毛となる確率は高くなります。

 

このアンドロゲンレセプターの遺伝子は、X染色体上にあるので、母型の祖父や祖母から遺伝すると考えられています。

 

そして、このアンドロゲンレセプターの感受性は、口腔粘膜を採取することにより検査することが可能です。

 

また、仮に感受性が高いという結果が出ても心配する必要はありません。

 

男性型脱毛症に対しては、プロペシアという治療薬が開発されているからです。

 

プロペシアは、U型5αリダクターゼの阻害剤で、DHTの生産を抑制する効果があります。

 

原因物質自体が抑制されるので、アンドロゲンレセプターの感受性が高い場合でも薄毛の進行を防ぐことが出来ます。

 

毛母細胞の増殖が活性化するので、頭髪は健康的に成長するようになります。

 

この様に、遺伝的な要因が強い症状である男性型脱毛症は、これを利用した検査方法が用意されています。

 

プロペシアは、男性型脱毛症に限定して効果を発揮する治療薬であり、アンドロゲンレセプターの感受性が高いという結果が出た場合は、改善できる可能性も高いということで安心感へとつながります。

 

 

 

 


猫っ毛や細い髪質の人はハゲる?ハゲやすい髪質ってあるの?

 

自分が薄毛になるか否かを把握できれば、少しでも早い対策が立てられるわけですよね。

 

その判断材料として髪質はどうなのか、といったことを考えるケースも多いと思います。

 

こちらでは、薄毛と髪質の関係性について解説します。

 

 

■剛毛の人は絶対にハゲないのか?

 

・剛毛の人でもハゲる

 

剛毛の人は禿げないといった印象があるかもしれません。

 

髪の毛の1本1本が太れければ、地肌も露出しませんよね。

 

周りからは髪の毛が多い人、といった印象を受けることでしょう。

 

しかし、剛毛であるからといって薄毛にならない、といった決まりはありません。

 

女性と男性ですが、どちらのほうが毛が細いと思いますか。

 

実は統計的には女性のほうが細いです。

 

男性の方は1本1本あたりの毛は太い、といった事実があるのです。

 

男性の髪の毛が太い理由には、男性ホルモンがあります。

 

男性ホルモンには体毛を太くする、といった作用があります。

 

男性の方が女性よりも体毛が濃いのは明らかですよね。

 

髪の毛も体毛の一つなので、男性ホルモンだけが単体で関わっているだけなら太くなるのです。

 

一方で、その男性ホルモンが薄毛にも関係していることは明らかです。

 

酵素の5αリダクターゼと呼ばれる成分が、男性ホルモンと結合すると、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンを生み出してしまいます。

 

大量にジヒドロテストステロンが発生すると、AGAが発症してしまいます。

 

以上のように、剛毛だからといって将来的にハゲない、とは言い切れません。

 

学生時代は剛毛だったのに、社会人になったら毛が細くなって薄毛になってしまった、といった男性は少なくありませんよ。

 

 

■猫っ毛や細い髪質の人はハゲるのか?

 

・子供の時から猫っ毛や毛が細い場合には問題なし

 

人にはそれぞれ特徴があり、もともと毛が細い人もいます。

 

パーマがかかったような猫っ毛の人もいるのです。

 

子供の時から髪質が変化していないのであれば、薄毛になる可能性は高いわけではありません。

 

そのままの状況を維持できる可能性もあります。

 

問題は、昔はしっかりとした毛が生えていたのに、急に毛が細くなってしまったり猫っ毛になった場合です。

 

髪の毛に栄養が送られにくくなっている可能性があります。

 

そのままの状況が続くと、薄毛が進行する可能性があるので、血行促進対策などを早急に実行してください。

 

対策が遅れてしまうと、禿げ上がってしまうかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 


薄毛になる前から使うべき?育毛剤は薄毛予防にもなるのか

 

育毛剤は使い始めが早ければ早いほど良い、といったことが言われています。

 

しかし、予防対策として利用してもよいのでしょうか。

 

こちらでは育毛剤を分野別に予防対策として利用するのは適切か、といったことをテーマにお話します。

 

親族に薄毛の人がおり、自分も薄毛になるのではないか、と思っている方は必見です。

 

 

■医薬成分系の育毛剤は予防目的で利用可能か?

 

・利用はお勧めできない

 

前もって利用するのは良いかもしれませんが、副作用の問題があるのです。

 

医薬成分が含まれており、マイナスの結果が出てしまう可能性もあるので、予防目的としての利用は出来ません。

 

医療機関でも予防目的としての処方は行っていないのが現状です。

 

医薬系の育毛剤の一つであるミノキシジル含有のものですが、特に注意して欲しいのが頭皮環境の悪化です。

 

頭皮の状態が悪くなってしまう可能性も少なからずあり、利用には最大限気をつけなければなりません。

 

予防目的で利用しているのに、頭皮湿疹の副作用が出てしまい、かえって薄毛が促進されてしまった、といったことになってしまえば本末転倒も良いところです。

 

 

■天然成分系の育毛剤は予防目的で利用可能か?

 

・おすすめできる!

 

天然成分系の育毛剤は予防目的としての利用に適しています。

 

まだ薄毛が進行していない状態の時に利用したほうが、より良い結果も得られやすいのです。

 

積極的に活用して、髪の毛の状態を維持させていきましょう。

 

天然成分系の育毛剤が予防目的として利用すべき理由ですが、安全性の高さがあげられます。

 

副作用が出てしまう可能性は限りなく少ないです。

 

天然成分なので、頭皮に悪い影響を与えてしまうことも考えにくいです。

 

薄毛が進行していなければ育毛効果は得られませんが、頭皮環境を整える、といった効果が得られることもあります。

 

薄毛になっていなくても、頭皮が乾燥していたり湿疹があったり、といったケースは珍しくありませんよね。

 

そんな方の利用も適しているのが天然系成分を含んだ育毛剤なのです。

 

 

■育毛サプリメントは予防目的で利用可能か?

 

・利用できる

 

栄養補給を目的としているので、健康対策にもなります。

 

ビタミンやミネラルを摂取することで頭皮環境を良くする、といった作用まで期待できるのです。

 

髪の毛にマイナスの作用を与えることも考えにくいので、予防目的として積極的な活用がおすすめです。

 

特に偏食気味、といった方は事前に利用して対策としましょう。

 

 

この抜け毛はいつからいつまで?産後の抜け毛対策

 

女性ホルモンのエストロゲンは、毛根の毛乳頭細胞に作用して頭髪の成長をゆっくりとさせます。

 

この為に、男性であれば3年から5年間続く頭髪の成長期が、女性の場合は4年から6年と長くなります。

 

このエストロゲンは妊娠すると分泌量が増加するので、頭髪はさらに抜けにくい状態となります。

 

他にもニキビが出来にくくなるなど、この時期の女性は美しさを増していきます。

 

しかし、出産するとエストロゲンの分泌量は急激に減少するので、体調の変化に見舞われやすくなります。

 

産後に抜け毛が増加するのは、この女性ホルモンの変化による現象です。

 

妊娠中に抜けなかった頭髪が一挙に抜けてしまうので、一時的に薄毛になってしまいます。

 

ただし、通常は時が経過するごとに回復します。

 

頭髪は、毛乳頭細胞が栄養素を吸収することにより毛母細胞が増殖して成長します。

 

しかし、永遠に成長し続けるのではなく、毛母細胞の活動はやがて低下する退行期になります。

 

退行期が数週間続いた後に、成長が完全に停止する休止期という状態になります。

 

産後に抜け毛が増加するのは、一度に多くの毛根の毛母細胞が休止期に移行したことによるものです。

 

休止期は2カ月から3カ月続きますが、再び成長期へと移行します。

 

つまり、その後は自然に成長することになるので、産後6カ月、遅くとも1年が経過するとほぼ回復することになります。

 

逆に言うと1年経っても戻らないという場合は、何かの問題が生じているので注意が必要になります。

 

女性は、男性と比較すると薄毛になりにくいのですが、全く関係がないということはありません。

 

原因として考えられるのは、女性ホルモンの分泌量の低下と栄養不良です。

 

産後いつまでも頭髪が回復しないという場合は、食生活を見直してみるのが具体的な対策となります。

 

出産後、特に不足する栄養素はカルシウムです。

 

この栄養素が不足するとストレスに対しての免疫力も低下します。

 

ホルモンのバランスも崩れてしまうので、頭髪へも悪影響が及んでしまいます。

 

このカルシウムを補給する為の食品としては、大豆製品がおすすめです。

 

カルシウムを含んでいるだけではなく吸収を促進する成分も含有しており、効率的な栄養補給が可能となります。

 

また、大豆製品に含まれている大豆イソフラボンは、エストロゲンと非常に良く似た構造であり同様に機能します。

 

出産後に低下したエストロゲンをサポートするので、身体の状態を内側から整えることになります。

 

 

 

 

 


話題の毛活アイテムといえば?薄毛を改善する治療薬の効果

 

 

就職する為の活動を就活、結婚を目的とした活動を婚活と呼ぶように、頭髪の回復を目的とした育毛の活動は毛活と呼ばれています。

 

現在は、様々なアイテムが開発されており、薄毛のタイプに合わせて使い分けることが出来ます。

 

毛活のアイテムとして、多くの人が使用しているのが育毛剤です。

 

この育毛剤も多様化しており、女性専用の商品や内服して使用するものなどが提供されています。

 

これらは、女性の薄毛が増加したことや医療機関での治療が本格的になったことが関係しています。

 

頭髪は、生きるために使用した栄養素の残りにより構成されている部分です。

 

この為に、たとえ全ての頭髪がなくなったとしても命に別条はありません。

 

この為に、医療機関では一部の急性の脱毛症以外は治療の対象ではありませんでした。

 

あくまでも美容における問題であると認識されていたのです。

 

しかし、頭髪の有無はイメージを大きく変えてしまうので、社会的な影響をかなり受けてしまいます。

 

男性の美容への関心が高まりつつある中で、精神的に非常な苦痛を受けてしまうことが想像されます。

 

この様な状況に対応する為に、徐々に医療機関でも頭髪への治療が行われるようになります。

 

そして2005年にプロペシアが登場することにより、状況は急変します。

 

この治療薬は飲む育毛剤と呼ばれている内服薬で、厚生労働省に承認される前に行われた臨床試験では、1日1ミリグラムの服用を1年間続けたところ98%の割合で不変以上の効果が確認されています。

 

この治療薬は、男性の薄毛の大部分を占めているAGAという症状に特化したものです。

 

AGAの原因物質のDHTの生産にかかわっているU型の5αリダクターゼの酵素化性を阻害します。

 

つまり、身体の内側に働きかけることにより脱毛を防止するという内容となります。

 

プロペシアは内服という新しいスタイルと共に、医療機関での薄毛治療というこれまでにない毛活を生み出したアイテムと言えます。

 

このプロペシアと共に現在の毛活で主流として使用されているのが、ミノキシジルという成分を配合した育毛剤です。

 

こちらはアメリカでは20年以上も薄毛の治療薬として使用されてきた実績があります。

 

ミノキシジルは強い発毛効果があるのが特徴で、特に頭頂部の薄毛に効果的です。

 

プロペシアは、生え際の薄毛を改善する効果があるので、この2種類のアイテムを併用することにより薄毛を全体的に回復することが可能となります。

 

 

 

 

 


本当に効くのはどっち?塗る育毛剤vs飲む育毛剤

 

 

育毛剤は、薄毛の予防や改善のために使用する最も一般的なアイテムで、様々な成分が配合された多様な商品が提供されています。

 

中には、医薬品として認定されているものもあり、かなり期待が持てる状況となっています。

 

頭髪は、頭皮の下に隠れている毛乳頭と毛母細胞という部分が成長に大きく関与しているので、塗る育毛剤はここに有効成分を浸透させることを目的としています。

 

また、血液循環を活性化させることも栄養素の供給や円滑な細胞分裂に必要となるので、血行を促進させる成分が配合されています。

 

塗るタイプの育毛剤に配合されている成分の中で、最も医学的に高い評価を受けているのがミノキシジルです。

 

この成分はアメリカで降圧剤として開発されたもので、後に脱毛症への改善効果が確認されたことにより、薄毛の治療薬として使用されるようになっています。

 

ミノキシジルが配合されている育毛剤は、特に頭頂部の薄毛に有効です。

 

効果が短期間で発揮されるということも特徴で、2〜3カ月程度で見違えるほど回復するというケースも少なくはありません。

 

ただし、効果は頭髪だけに限定して発揮されるわけではないので、体毛の増加という副作用があります。

 

また、元々は前述したように降圧剤であり、血圧に異常がある場合の使用は禁止されています。

 

このミノキシジルと共に医学的に高い評価を受けているのが、プロペシアという内服薬です。

 

こちらは、男性型脱毛症に特化した治療薬であり、実際には頭髪に対しての直接的な作用はありません。

 

男性型脱毛症の原因物質であるDHTを抑制することを目的としており、生産に関与しているU型の5αリダクターゼの酵素活性を阻害するというのが具体的な作用です。

 

1年間の臨床試験では98%の確率で不変以上の効果が確認されており、2005年に厚生労働省に承認されています。

 

プロペシアは、塗るタイプの育毛剤とは作用が異なるので、併用することも可能です。

 

実際にミノキシジルとプロペシアを併用したことにより、かなり進行していた薄毛が回復したというケースも報告されています。

 

ミノキシジルが頭頂部に効果的なのに対して、プロペシアは生え際部分にも有効です。

 

これは、この部分はDHTの影響を受けやすいからであり、いわゆるM字ハゲと呼ばれる状態を改善することができます。

 

尚、プロペシアにより生産が抑制されるDHTは、男性性器の成長に関与している物質です。

 

この為に、発育途上の未成年者や妊娠又は妊娠している可能性がある女性の使用は禁止されています。

 

 

 

 

 

 

 


育毛剤はいつ使う?朝と夜のどっちも使うとより効果的なの?

 

育毛剤はいつ使っているでしょうか。

 

1日あたり2回の利用が適切とされているのですが、どの時間帯に利用するのが良いのか、といったものは知られていません。

 

朝に利用すべきなのか、昼に利用すべきなのか、夜に利用すべきなのか、といったことで頭を悩ませている方も少なくありません。

 

こちらでは、いつ育毛剤を使うべきなのか、といったことについて解説します。

 

より効果的な育毛対策を実施したい、といった方向けの内容になります。

 

 

■頭皮が綺麗な時に育毛剤は利用すべき

 

・頭皮が綺麗だと育毛剤が浸透しやすい

 

頭皮に皮脂があったりホコリがついていたり、汗があったりすると育毛剤の浸透が妨げられてしまいます。

 

せっかく素晴らしい成分を含んだ育毛剤であったとしても、頭皮の奥にまで浸透しなければ、良い影響を与えられません。

 

では頭皮は綺麗なのはいつなのでしょうか。

 

第一の候補は、洗髪したあとです。

 

お風呂に入った時に先発していると思うので、入浴後に利用するのが最も適しています。

 

ただし、頭皮に水分が残っていると育毛剤が薄まってしまうので、ある程度乾燥させたうえで塗布すべきです。

 

第二の候補は、朝起きた時です。

 

夜にお風呂に入り育毛剤を塗布します。

 

そして寝て朝起きた時にまた育毛剤を塗布します。

 

寝ている間には、それほど頭皮が汚れるようなことはありませんよね。

 

皮脂の量も限定的ですし、汗も夏以外であればそれほどかいていません。

 

朝まで綺麗な状態を維持しているので、利用すると高い効果が得られやすいのです。

 

 

・朝と夜の併用がおすすめなのか?

 

圧倒的におすすめです。

 

1日1回の塗布では育毛剤の効果は得られにくいのです。

 

1日2回利用するのがおすすめであり、頭皮の綺麗さも考えると、夜と朝の2回の利用が適切であると判断できます。

 

 

■育毛剤の利用が適切ではないケース

 

・洗髪前
・運動前

 

せっかく塗布した育毛剤が流れでてしまうので、全く意味がなくなってしまうのです。

 

洗髪前や運動前の利用は控えてください。

 

育毛剤が流れ出てきて、目に入ってしまうリスクも有ります。

 

一応は天然成分であれば安全ですが、医薬発毛成分であるとどんな副作用が出てくるか分かりませんよ。

 

 

・外出後

 

外出してから家に戻ってきて利用する、といったケースも有るかもしれません。

 

しかし、外出すると、頭皮にホコリ等の汚れが付いているケースが少なくありません。

 

皮脂と絡み合ってしまっているのです。

 

育毛剤の浸透を阻害してしまうので、利用はおすすめできないです。

 

 

 

 

 


育毛剤は医療控除の対象になる?治療かどうかで判断が分かれる

 

 

育毛剤の利用ですが、普通に考えると医療費控除の対象にはなりません。

 

育毛剤は美容目的で利用されている、といった認識が広まっている方です。

 

美容目的に治療に関しては保険の適用もなければ、医療費控除の対象にもなりません。

 

しかし、ケースバイケースによっては医療費控除の対象になることもあるのです。

 

こちらではどんなケースで育毛剤が医療費控除の対象になるのか、といったことをお話します。

 

 

■薄毛によって精神的な障害が出てしまった

 

・薄いことで悩みすぎてしまい、一般生活に支障をきたしてしまう

 

精神疾患のような状況の原因が薄毛である、といったケースには医療費控除の可能性が出てきます。

 

精神疾患の原因が薄毛であれば、その精神疾患を治すためには薄毛でなくなる必要もあります。

 

そのための育毛剤の利用であれば医療費控除が受けられる、といった考え方もあるのです。

 

医療機関によって薄毛が原因の精神疾患である、といったことが認められなければなりません。

 

自身がそのように思っていたとしても、必ずしも医療機関によって認められるわけではありません。

 

医師にしっかりと説明することが必要になります。

 

 

■円形脱毛症の対策治療薬として育毛剤を利用したケース

 

・円形脱毛症は病気して認められている

 

頭髪が円形などにごっそりと抜けてしまう症状のことを円形脱毛症と読んでいます。

 

遺伝というわけではなく、免疫システムの疾患によって起こってしまう薄毛症のことを指しているのですが、円形脱毛症は明確に病気として認められているのです。

 

そもそも円形脱毛症の治療に利用されているものは保険の対象内になります。

 

フロジン液などがよく用いられているのですが、もちろん保険適用となるので30%負担で利用できます。

 

医療機関からプロペシアなどの育毛剤が円形脱毛症の治療として用いられる、といった状況であれば、医療費控除の対象になることは考えられるのです。
(プロペシア自体が保険適用されることはありません。)

 

ただし、多くの男性がかかっているAGAについては病気とは判断されないので、円形脱毛症のような病気にしか対応はしていない、といったことは覚えておくべきです。

 

 

■医療費控除を利用するときはどうするのか?

 

・医療機関で発行された領収書や調剤薬局のレシートを利用して還付請求する

 

控除を受けるためには、確定申告を行う時に領収書やレシートを添付する必要があります。

 

ドラッグストアなどの領収書は認められておらず、医療機関や薬局のものでなければなりません。

 

 

 

 

 

 


薄毛対策は20代から始めるべき?ハゲ始めるのって何歳から?

 

 

薄毛対策は何歳から行うのが適切なのでしょうか。

 

そもそも何歳になったら男性は薄くなるのでしょうか。

 

こちらでは薄毛対策を実施する適切な年齢、さらに男性型脱毛症が発症する年齢について解説します。

 

家系的に薄毛になりやすい、とわかっている方は少しでも早く対策を立てたいですよね。

 

参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

 

■薄毛対策はいつから行うべきか?

 

・発毛対策を実施すべきタイミング

 

発毛剤は医薬成分を含んでいます。

 

副作用が出る可能性が高いので、予防目的としては利用できません。

 

ですから、発毛を重視した薄毛対策に関しては、薄くなってから、となります。

 

20代でも薄くなることはあるので、20代で発毛治療を実施しても構いません。

 

発毛剤を頭皮に塗布したり、飲む育毛剤を利用しても構いません。

 

20代の利用は出来なくて、30代の利用はできる、といった決まりもないのです。

 

薄くなった時点で発毛対策を行うのが適切です。

 

 

・育毛対策を行うタイミング

 

10代であろうと20代であろうと、30代であろうと育毛対策は実施して構いません。

 

育毛剤を活用した対策ですが、特に年齢に関係なく利用できるのです。

 

発毛剤の場合は医薬品も含まれているので、未成年は利用できません。

 

一方の育毛剤は、植物などの天然エキスを利用しています。

 

副作用が強く出てしまうような成分を利用しているわけではないので、気軽に利用できる、といったメリットがあります。

 

育毛対策に関しては予防方として実施するのも問題ありません。

 

薄くなっていなかったとしても、将来の薄毛に備えて対策を始めてみませんか。

 

 

■ハゲ始めるのは何歳になってからなのか?

 

・男性ホルモンがしっかりと出るようになった時点でAGAは発症を開始する

 

一般的には30代をイメージしている方が多いかもしれません。

 

確かに、男性型脱毛症の発症年齢は30代が多くなっています。

 

20代でも発症する人はいますが、まだまだ少数です。

 

AGAですが、実は未成年でも発症する確率はあります。

 

AGAのメカニズムですが、睾丸あるテストステロンと体内にある酵素の5αリダクターゼが結合することが関わります。

 

結合してできた物質は、ジヒドロテストステロンとよばれており毛母細胞の機能を弱めてしまいます。

 

これがAGAの発症の仕組みなのです。

 

睾丸からテストステロン(男性ホルモン)が一定量分泌されるようになれば、薄毛は発症する可能性が出てきます。

 

一般的には、ジヒドロテストステロンが生成されてからハゲるまでにはしばらく時間がかかりますが、10代で男性型脱毛症が発症する例もあります。

 

大相撲の大砂嵐関やイングランドのサッカー選手であるルーニー選手がその代表例です。

 

 

 

 

 


スカスカから奇跡の復活!髪が復活した人の1日とは?

 

薄毛は、頭髪の全体的なボリュームが不足したり頭皮の一部が露出する状態のことです。

 

国や地域により発症率は異なり、日本人の場合は男性が約30%で女性は約10%程度と考えられています。

 

頭髪は漢方では血の余りと表現されるように、栄養素の余りの部分で構成されます。

 

この為に、薄毛が進行して頭髪を完全に失ったとしても身体の健康に対してのマイナスの作用はありません。

 

しかし、見た目のイメージは大きく損なうので、社会的な影響を避けることはできず、精神的なダメージは受けてしまいます。

 

特に、10代や20代という若い時代に薄毛が発症した場合は、その後の人生を左右する可能性があります。

 

ただし、現在は医学的に効果が認められている治療法が開発されているので、薄毛が発症しても絶望する必要はありません。

 

実際にかなり進行していた状態からでも復活させたというケースも少なからず報告されています。

 

特に、男性の薄毛の大部分を占めているAGAという症状に対しては、1年間の臨床試験により98%の割合で不変以上の効果を確かめられているプロペシアという内服薬が開発されているので、かなりの期待を持てる状況です。

 

AGAは、男性ホルモンのテストステロンが変化したDHTという物質による症状です。テストステロンは思春期に分泌量が増加するので、AGAはこれ以降に徐々に進行することになります。

 

日本人の多くは20代の後半から30代にかけてが著明ですが、10代や20代の前半から悩むケースも起こり得ます。

 

生え際の両サイドが薄毛となるM字型や頭頂部が円の様に薄くなるO字型などはAGAの典型的な状態で、この部分の毛母細胞の成長サイクルが狂わされていることによる現象です。

 

プロペシアは、頭髪自体に対して直接作用するのではなく、DHTの生産に関係している還元酵素の活性を阻害するというのが具体的な内容です。

 

これにより、DHTが抑制されるので、頭髪は自然に成長するようになります。

 

プロペシアと共に現在の育毛治療で主流となっているのが、ミノキシジルという成分が配合されている育毛剤です。

 

こちらは特定の薄毛を対象としているわけではないので、あらゆるタイプの人が使用することが可能です。

 

この為に、AGAの場合はプロペシアとミノキシジルを併用することも可能です。

 

プロペシアとミノキシジルを併用することにより、脱毛予防と発毛促進を同時に実行することが出来ます。

 

2か月から3 か月という短期間での回復も可能であり、帽子が不要になり額で風を感じる喜びを実感できるようになります。

 

クオリティーオブライフが向上するので、充実した1日を過ごすことが出来ます。

 

 

 

 

 

 


お医者さんが治せるの?皮膚科で行われる薄毛治療

 

多くの人の悩みの種である薄毛は、遺伝的な要因が強い症状であり、本人の努力だけでは発症や進行を防ぐことは出来ません。

 

そこで専門家のサポートが必要となるのですが、これまではカツラメーカーや育毛サロンなどしか選択肢はありませんでした。

 

これは、頭髪は命に影響を及ぼす部分ではないので、医療機関では治療の対象として取り扱っていなかったからです。

 

しかし、現在では医学的根拠が認められるいくつかの治療法が確立されており、薄毛を改善する為の頼もしい味方となりつつあります。

 

頭髪は皮膚の一部となるので、基本的には皮膚科となります。この皮膚科の公益社団法人である日本皮膚科学会は、2010年に男性型脱毛症診療ガイドラインを発表しています。

 

これは、改善する為に有効な治療法が開発されたにもかかわらず、医学的根拠に基づかない治療法が社会的に横行しており、この様な治療を漠然と続けるケースが少なくないということが背景となっています。

 

つまり、この様な状況の中で医学的根拠に基づいた情報をガイドラインにより発表するのは、医師と患者の双方にとって標準的な治療法を促進する為に重要です。

 

現在、皮膚科で行われている薄毛治療は、このガイドラインをベースとして実施されています。

 

男性型脱毛症は、日本人では20歳代の後半から30歳代にかけて発症するケースが多い症状で、男性の薄毛の大部分を占めています。

 

生え際の両サイドから頭頂部にかけての部分に集中するのが特徴で、最終的には額生え際から頭頂部にかけての頭髪は完全になくなります。

 

この症状の根本的な原因は、男性ホルモンのテストステロンが変化したDHTという物質です。

 

毛乳頭細胞のレセプターと結合すると頭髪の成長期が短縮されてしまうので、短い状態のままで抜けてしまう様になります。

 

皮膚科で行われている薄毛治療では、このDHTの生産を抑制する内服薬を第一選択として使用しています。

 

プロペシアという名前の内服薬で、テストステロンをDHTに変換する還元酵素の2型5αリダクターゼの活性を阻害するという内容です。

 

これにより、DHTの生産が抑制されることになり、短縮されていた成長期が回復します。

 

頭髪は普通に成長するようになるので、薄毛も改善するという結果につながります。

 

尚、プロペシアは、男性型脱毛症以外の薄毛に対しては効果はありません。

 

この為に、診断が必要となります。

 

男性型脱毛症の診療ガイドラインでは診断の方法についても詳細に説明されているので、皮膚科での正確な診断をサポートする為にも用いられています。

 

 

 

 

 


男性と女性の薄毛事情|薄毛の原因も治療法も全く違う?

 

男性と女性の薄毛ですが、原因が似通っているところもあります、一方で全く異なる部分も違うのです。

 

こちらでは、男女別の薄毛の原因と効果的な対策方法について徹底解説します。

 

男性が男性に適した治療方法がありますし、女性には女性に適した治療方法があるのです。

 

 

■男性の薄毛の原因と効率的な治療方法とは?

 

・男性の主な薄毛の原因・・・男性型脱毛症

 

いわゆる、AGAと呼ばれるものが大きく関わっているのです。

 

男性型脱毛症は睾丸から分泌されるテストステロンが関わっています。

 

女性にはない部位から分泌されるホルモンが薄毛の原因に関わっている、男性特有の薄毛です。

 

ちなみに、最近ではFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれるものも出てきました。

 

ただ、FAGAになる女性は極めて稀で、まだまだ少ないのが現状です。

 

 

・男性型脱毛症の有効的な対策方法とは

 

発毛剤を利用する方法と育毛剤を利用する方法があります。

 

発毛剤としては、プロペシアやミノキシジルといった薬剤を用います。

 

特にプロペシアについては、男性型脱毛症に特化した機能を持っており、薄毛治療の最先端の医薬品です。

 

育毛剤の中にも、最近ではAGAに対抗できるものが増えてきました。

 

今後さらに育毛剤も発展していくものと思われており、発毛剤と育毛剤の併用、といった対策法もおすすめです。

 

 

■女性の薄毛の原因と効率的な治療方法とは?

 

・女性の主な薄毛の原因・・・びまん性脱毛症、ホルモンバランスの乱れによる脱毛

 

女性には男性型脱毛症が発症することは基本的にはありません。

 

主な薄毛の原因は血行不良にあります。

 

女性の場合は、冷え性に陥っている方が非常に多いですよね。

 

冷え性には、血行不良が大きく関わっています。

 

髪の毛は血液によって栄養が送られているのですが、血液量が少なくなれば髪の毛に栄養が送られなくなり、結果として薄毛になってしまうのです。

 

女性の場合は、ホルモンバランスの乱れで薄毛になることもあります。

 

更年期障害による薄毛、出産後の薄毛については、特に女性ホルモンの減少が大きく関わっています。

 

女性ホルモンには、髪の成長期を伸ばす、といった作用もあるのです。

 

女性ホルモンが少なくなれば、髪の成長期も短くなり、抜け毛が増えてしまいます。

 

 

・女性の薄毛の有効な対策方法とは?

 

血行促進対策としては育毛剤が適切です。

 

血行促進成分を含んでいる育毛剤を使うことで、頭皮の薄毛が回復するのです。

 

ホルモンに関しては、育毛剤ではあまり大きな作用は与えられません。

 

生活習慣などを見直して、ホルモンバランスを整えるのがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 


全部の育毛剤に副作用ってあるの?育毛剤のメリットとデメリット

 

 

育毛剤は数限りないほどあります。

 

楽天市場やアマゾン、YAHOO!ショッピングなどで検索をかけるだけでもたくさんヒットしますよね。

 

それらの大手のショッピングサイト以外でも多く販売されているので、どれを選んだらいいかで迷ってしまうのも仕方ありません。

 

そんなたくさんある育毛剤ですが、副作用があるのか、といったことを知っておく必要があります。

 

育毛剤のデメリットの部分にも注目すべきなのです。

 

こちらでは育毛剤のデメリットを中心に、メリットについてもお話します。

 

 

■育毛剤のデメリット|副作用はあるのか?

 

・副作用の可能性はある

 

天然成分のみを利用した育毛剤には、基本的に大きな危険性はありません。

 

安全に利用できるのです。

 

しかし、育毛剤の中には、様々な物質が含まれていることも事実です。

 

香料や防腐剤といった添加物が含まれていることもあります。

 

さらに、殆どに含まれているのがエタノールです。

 

エタノールはアルコールのことを指しているのですが、副作用を招く可能性が指摘されています。

 

エタノールですが、お肌に刺激を与えることがあるのです。

 

また、アルコールは揮発性があるので、蒸発する時にお肌の潤いを奪ってしまう、といったデメリットも指摘されています。

 

エタノールを大量に含んだ育毛剤を乾燥肌の方が利用してしまうと、頭皮環境の悪化を招くかもしれません。

 

香料やパラベンなどの防腐剤関連の添加物に関しては、アレルギーの可能性が指摘されています。

 

アレルギーが出てしまうと、お肌に炎症を起こしてしまいます。

 

勝手に治るものでもないので、育毛剤を使い続ければ使い続けるほど、影響が強まってしまいます。

 

アレルギーは繰り返し起こると、どんどんひどくなる、といった特徴もあるので、仮にアレルギー症状が出た育毛剤は早急に利用をストップしてください。

 

 

■育毛剤のメリット|安全性は高いのか?

 

・安全性は極めて高い

 

アルコールと添加物のマイナス面を上げましたが、基本的に育毛剤は安全性の高いものです。

 

副作用が出る、といったことは考えにくいです。

 

そもそも育毛剤は1日に2回塗布するなどかなりの頻度で利用することになります。

 

危険性が高いのであれば安心して利用できませんよね。

 

育毛剤は安全性が高くあるべきなのです。

 

 

・安全性の高い育毛剤と低い育毛剤を把握する方法はあるのか?

 

エタノールの有無をチェックしてください。

 

最近になって、少しずつ増えてきているのが、アルコールを全く含んでいない育毛剤です。

 

以前はそんなタイプの育毛剤は考えられなかったのですが、製造の技術力が向上し、アルコールを含んでいない育毛剤も開発され始めたのです。

 

 

 

 

 

 


ドライヤー使う前?それとも後?育毛剤を使うベストなタイミング

 

育毛剤は薄毛対策として非常に相性が良いです。

 

育毛効果のある成分がこれでもか、と含まれているわけですよね。

 

中には、数十種類の育毛成分が含まれているものもあります。

 

こちらでは育毛剤をいつ使うのがおすすめなのか、といったことをお話します。

 

もちろん、頭皮な綺麗なお風呂あがりに利用するのがおすすめですが、ドライヤーを使う前に利用すべきなのか、それともドライヤーを利用したあとに利用したほうが良いのか、といったことで悩んでしまうと思うのです。

 

ドライヤーと育毛剤の関係について気になっていた方は要チェックです。

 

 

■必ず髪の毛を乾かしてから育毛剤をつけること

 

・頭皮が湿っていると育毛効果が弱まってしまう

 

育毛剤ですが、有効成分の濃度が1.0%や2.0%とか言った具合で含まれているのです。

 

中には、一定の濃度でなければ効果が発揮されない、といった可能性も少なからずあります。

 

頭皮が湿っていると水分がありますよね。

 

そこに育毛剤を塗布することになるので、自然と育毛成分が薄まってしまうのです。

 

本来は2.0%有効成分が含まれているのに、頭皮が湿っていることで、頭皮の上では濃度が0.5%相当くらいになってしまう、といったことも十分に考えられるのです。

 

育毛剤の成分をしっかりと活かしたい、と考えるのであれば髪の毛をしっかりと乾かした上で、育毛剤を頭皮に塗布してください。

 

 

■お風呂上がりから育毛剤を塗布するまでの一連の流れとは

 

・タオルドライを実施する

・温風のドライヤーで乾かす

・冷風のドライヤーで乾かす

・育毛剤を塗布する

 

上記の流れで育毛剤を利用するのがベストです。

 

注目してほしい点は2点あります。

 

一つ目は、タオルドライの実施です。

 

髪の毛を洗ってお風呂から出てくると水分が髪の毛と頭皮にたくさんついています。

 

タオルで水分をしっかりと取り除かないと、ドライヤーで長時間乾かし続けなければなりません。

 

ドライヤーは高温なので、長時間利用していると髪の毛だけでなく、頭皮にも悪影響を与えてしまうのです。

 

ある程度の水分は、タオルでしっかりと取り除かなければなりません。

 

二つ目は、ドライヤーを使いこなす、といったことです。

 

温風を使い、その後に冷風で乾かすことが肝心です。

 

温風は水分を飛ばすことを目的としてしまいます。

 

冷風を利用するのは、頭皮を乾燥させすぎない目的があります。

 

さらに頭皮の火照りを抑えて、雑菌が繁殖しにくい状況を作る、といった目的があるのです。

 

最後に育毛剤を塗布します。

 

最初は面倒に感じますが、習慣化させてしまえば良いだけなので、今日からさっそく実践してくださいね。

 

 

 

 

 

 


メタボやデブはハゲになる?肥満体形がハゲやすい理由とは

 

太っている方は剥げやすい、といったことが言われています。

 

確かに肥満と薄毛には密接な因果関係が確認されています。

 

だからこそ、メタボ対策は早めに実施しておきましょう。

 

こちらでは、太るとなぜ禿げやすくなってしまうのか、といったことについてお話します。

 

太り気味であり、抜け毛量が増えてきた、といった状態に陥っている方は必見です。

 

 

■暴飲暴食が皮脂の過剰分泌を招いてしまう

 

・油分や脂分の大量摂取は頭皮に悪い影響をもたらしてしまう

 

食べ過ぎたり飲み過ぎてしまうと、身体の中に大量の油分や脂分が入り込んでしまいます。

 

ラーメンや肉料理が好き、といった方は特に気をつけなければなりません。

 

圧倒的に太りやすくなってしまう可能性があります。

 

油分や脂分を大量に摂取すると、それらの排出をしなければなりません。

 

身体にとって不必要な物なので、どうにかして出さなければならないのです。

 

どのようにして出すのかが重要なのですが、実は皮脂腺が利用されることもあります。

 

皮脂腺の働きが活性化してしまい、結果的に頭皮に炎症を起こしてしまったり、ニキビになってしまったり、といったこともありえるのです。

 

頭皮環境を悪化させないためにも、暴飲暴食は控えてください。

 

 

■ホルモンバランスが乱れてしまいやすい

 

・男性ホルモンが過多になってしまう

 

肥満の方は、普段から食べ物を食べ過ぎています。

 

その結果、男性ホルモンが過多の状態になってしまうことがあります。

 

食べ過ぎはホルモンバランスを乱してしまうのです。

 

男性ホルモンが増えるということは、それだけ男性型脱毛症の危険性が高まる状況でもあるのです。

 

AGAが発症してしまえば、なかなか対策は難しいです。

 

男性ホルモンを必要以上に活性化させないためにも、ホルモンバランスを乱さないようにしましょう。

 

食生活を改善する、といったことが特に大事です。

 

 

■高血圧になって薄毛にもなってしまう

 

・血液の流れが阻害されて髪の毛が栄養不足に

 

髪の毛は、血液によって栄養が運ばれています。

 

その栄養が少ない状態が、高血圧によってもたらされてしまうのです。

 

肥満体型の方は、身体が大きくなります。

 

血管の長さも長くなってしまうので、血管を補足して対応しよう、といった働きがあります。

 

さからに、脂肪が末梢の血管を圧迫してしまうこともあります。

 

その結果、末梢の血管には血液が至りにくくなり、様々な悪影響が出てきてしまうのです。

 

頭皮にも末梢血管が多数あり、肥満が薄毛を招いてしまいます。

 

 

 

 

 

 


ラーメン好きはハゲる確率が高い?塩分と油分が薄毛の原因に

 

食べ物によってハゲやすかったり、ハゲにくかったり、といったことがあるのは事実です。

 

そもそも我々の身体は食べ物によって形作られている、といっても過言ではありません。

 

薄毛を治したいのであれば、食べ物に気をつける、といったことが極めて重要なのです。

 

こちらでは、ラーメンと薄毛の関係性について徹底解説します。

 

ラーメンが好き、といった男性は必見ですよ。

 

 

■ラーメンが好きな男性が薄毛になる理由|油分が多い!

 

・皮脂の分泌量が増えてしまうことになる

 

ラーメンには動物性のスープが利用されていることも極めて多いです。

 

豚骨スープなどは、豚の脂などを大量に使っていることも珍しくありません。

 

それらの脂分が、大きな問題になってしまうのです。

 

我々の身体に入ってくる、脂や油ですが、少量であれば普通に排出されます。

 

特別悪いことは行いません。

 

しかし、必要以上に摂取してしまうと、いらないものが体内に入ってくることになるので、なんとかして排出しよう、となるわけです。

 

その排出先の一つが、皮脂腺です。

 

我々の頭皮には特に多くの皮脂腺があります。

 

その結果、頭皮に大量の皮脂が分泌されてしまうのです。

 

頭皮がオイリーな状態になってしまい、菌の大量繁殖、といった状態を招きかねません。

 

頭皮にニキビが出来たり、炎症が起きている方はラーメンのスープに大きな問題があるかもしれないのです。

 

頭皮環境が悪化すると、当然薄毛が進行することになるので注意してください。

 

 

■ラーメンが好きな男性が薄毛になる理由|塩分を多く摂取してしまう

 

・血圧を高めてしまうことになる

 

塩分をたくさん摂取してしまうと、血圧が上がってしまいますよね。

 

ラーメンには、味噌や醤油、そして塩などが大量に使用されています。

 

スープに大量に含まれているので、それらを飲み干してしまうと、塩分過多、といった状態になってしまいかねないのです。

 

塩分を大量に摂取してしまうと、血中のナトリウム濃度が上がってしまいます。

 

結果的にどろどろの血液になってしまうことも考えられるので、薄毛だけでなく健康被害が発生してしまうこともありえます。

 

注目して欲しいのが、スープを飲むのは控える、といったことです。

 

ラーメンを食べてはいけないわけではありません。

 

食べ方を変えてみるだけでも、薄毛になりにくい状況を作り出せます。

 

スープは美味しいかもしれませんが、健康のことも考えて残してください。

 

 

 

 

 

 

お酒好きはハゲになる?アルコールの過剰摂取が薄毛の原因

 

お酒の好きな男性にはハゲが多い、と言った印象があります。

 

こちらでは薄毛とアルコールの因果関係に迫ります。

 

はたして、お酒がハゲを招いてしまうのでしょうか。

 

 

■アルコールの過剰摂取は薄毛を招くことも!

 

・皮脂の過剰分泌を招く

 

アルコールには糖質などが多く含まれています。

 

炭水化物から作られているので、大量に摂取してしまうと、身体の負担となってしまうのです。

 

アルコールを飲む方は脂ぎっているような印象も受けますよね。

 

皮脂腺を活性化させてしまう作用がアルコールにはあるのです。

 

飲み過ぎてしまうと、頭皮がオイリーになってしまうかもしれません。

 

ニキビの原因菌であるアクネ菌が大量繁殖して、頭皮にニキビを作ってしまうこともあるのです。

 

 

・ジヒドロテストステロンが増加してしまう

 

ジヒドロテストステロンとは、男性型脱毛症の原因物質です。

 

その物質が生み出されることで、髪の毛が脱毛してしまうのです。

 

産毛しか生えてこなくなってしまいます。

 

アルコールを摂取すると肝臓で分解されることになります。

 

その肝臓でアセトアルデヒドと呼ばれる物質に一時的になるのですが、一部が血液に流れ込んでしまうのです。

 

そのアセドアルデヒドは、脱毛原因物質のジヒドロテストステロンを増やしてしまうことが分かっています。

 

結果的に、男性型脱毛症を発症させやすくしてしまうのです。

 

お酒を飲み過ぎると男性特有のハゲ方になりやすくなるので十分に注意してくださいね。

 

 

■アルコールとはどのような付き合い方をすべきか?

 

・できればコップ1杯に留めること

 

アルコールには良い効果もあります。

 

お酒を飲むと体が温まる、といったことを感じませんか。

 

実は、血行を促進させる、といった機能を持っているのです。

 

少量のアルコールであれば、血行を促進させる、といった効果だけを得られるので、かえって育毛にはプラス、といったことも考えられるのです。

 

ただし、都合よくアルコールを1杯だけでやめられるとは限りません。

 

後を引く効果がアルコールにはあるのです。

 

ついつい飲み過ぎてしまう、といった状態になりかねません。

 

 

・休肝日を作ること

 

アルコールとのおすすめの付き合い方ですが、休肝日を作る、といったことが極めて重要になります。

 

週に1日から2日程度、お酒を飲まない日を作ります。

 

肝臓の機能を回復させることで、アセドアルデヒドが血液に流れ込んでしまうことを防げます。

 

日常的にお酒を飲む、といった習慣は危険です。

 

髪の毛のためにもお酒との付き合い方を変えてみませんか。

 

 

 

 

 


亜鉛が不足すると薄毛になる?育毛サプリで髪に栄養補給

 

 

育毛座プリに含まれる栄養素の中で特に注目されているのが亜鉛です。

 

亜鉛については、不足すると薄毛を招く、といったことが分かっているのです。

 

こちらでは亜鉛が髪の毛にどのような働きをしているのかをお話します。

 

育毛サプリで亜鉛の摂取をすべき理由を確認してもらえたら幸いです。

 

 

■亜鉛不足になると髪の毛にどのような症状が現れてしまうのか?

 

・髪の毛の成長が遅くなってしまう
・髪の毛が細くなってしまう
・抜け毛が増加してしまう

 

髪の毛の状態が劣化してしまう、といった症状が現れてしまうのです。

 

髪の毛は男性型脱毛症だけが理由で薄毛になっているのではありません。

 

他にも様々な理由がからみ合っており、それらがお肌に強い影響を与えてしまうことがあるのです。

 

髪の毛が細くなってしまったりすれば、当然地肌も露出しやすくなります。

 

髪の毛がスカスカの状態になってしまうのです。

 

髪の毛の成長スピードがゆっくりになってしまう、といったことも考えられます。

 

では、亜鉛は髪の毛について具体的にどのような影響を与えているのでしょうか。

 

 

■亜鉛と髪の毛の関わりあい

 

・髪の毛の生成に大きく関わっている

 

髪の毛の原材料はタンパク質です。

 

ですから、薄毛の方は大豆製品をいっぱい食べているのです。

 

たんぱく質不足に陥ってしまえば、薄毛がより促進してしまうことになります。

 

しかし、タンパク質を摂取したからといって髪の毛が作られるわけではありません。

 

タンパク質を髪の毛に帰る時に亜鉛が使われているのです。

 

ですから、タンパク質と亜鉛を積極的に摂取しなければ髪の毛の生成には役に立ちません。

 

多くの方は担保悪質ばかりに目を向けており、亜鉛を忘れてしまっているのです。

 

育毛サプリメントであれば、必ずと言ってよいほど亜鉛を含んでいます。

 

髪の毛の生成がしやすい状態にしてくれるのです。

 

 

■亜鉛は食品でも摂取できないの?

 

・たまご
・くるみ
・牡蠣
・豚肉(レバー)
・ほや
・タラバガニ
・たらこ
・ビーフジャーキー
・煮干し
・ゴマなど

 

亜鉛は食品でも摂取可能です。

 

しかし、見てもらえばわかるように動物性の食べ物が非常に多くなっています。

 

カロリーや塩分が気になってしまうような食べ物ばかりなので、大量に摂取するのは難しいです。

 

その点、サプリメントであれば毎日決まった量を身体に補給できます。

 

より髪の毛の生成に大きな役割を果たしてくれるのです。

 

特に偏食気味の方は、亜鉛不足に陥っている可能性が高いので、サプリメントを有効活用してください。

 

 

 

 

 

 

 


頭皮が硬いと抜け毛が増える!頭皮を柔らかくするには?

 

頭皮が固くなると薄毛になりやすい、といったことが言われています。

 

特に理容室に勤めている方に話を聞くと、頭皮の柔らかいに方に薄毛の方は少ない、といった情報が得られているほどです。

 

こちらでは頭皮の固さと薄毛の関係性を説明し、どうすれば頭皮が柔らかくなるのか、といったこともあわせてお話します。

 

 

■頭皮が固くなるとなぜハゲるのか?

 

・血流が阻害されている

 

頭皮が固くなるということは、様々な原因が考えられますが頭蓋骨によって皮膚が圧迫されている、といったことが考えられます。

 

頭皮が骨によって圧迫され皮膚が突っ張っているような状態です。

 

そのような状態になってしまうと、当然血行不良のような状況が生まれてしまいます。

 

血管も圧迫されてしまうので、髪の毛に栄養が送られにくくなってしまいます。

 

髪の毛の成長が鈍化してしまったり、毛の具と差が細くなってしまう、といったことが考えられるのです。

 

そもそも、我々は年齢が高くなるごとに血行は悪くなってしまいます。

 

それにプラスして、頭皮が固くなってしまえば当然ハゲてしまいます。

 

問題はどのようにして頭皮を柔らかくするかです。

 

頭蓋骨が大きくなっているのであれば、対策は難しいのでは、と思ってしまいますよね。

 

しかし、対策方法があるので安心してください。

 

 

■頭皮を柔らかくするためにはどうしたら良いのか?

 

・頭皮マッサージを行うこと

 

皮膚が突っ張ってしまう、ということですが皮膚は伸びます。

 

ですから、定期的にマッサージを行って頭皮を動かしていれば、徐々に頭皮が伸びてきてつっぱりが解消されるような状況に至るのです。

 

育毛剤を利用している方は1日あたり2回程度塗布していると思います。

 

その塗布している時に、一緒に頭皮マッサージを行ってください。

 

それほど長時間する必要はありませんが、慣れてきたら3分から4分程度行ってみましょう。

 

マッサージするたびに頭皮が柔らかくなっている、といったことが感じられるかもしれませんよ。

 

 

・皮膚に役立つ成分を摂取する

 

育毛サプリメントなどで、皮膚の保湿効果を高めるような成分を摂取するのもおすすめです。

 

皮膚自体が弱っていることで、固くなってしまっている方も実際にかなり多いんですよ。

 

育毛系のサプリメントでおすすめしたいのは、コラーゲンが含まれているものです。

 

コラーゲンは年々体内から出て行ってしまうのですが、お肌のハリなどに関わる重要な成分です。

 

サプリメントからしっかりと補給して頭皮対策としましょう。

 

 

 

 

 

 

初期脱毛ってなに?どれくらい続いてどのくらい抜けるの?

 

育毛サプリなどの育毛・発毛アイテムを利用すると初期脱毛が起きることがあります。

 

多くの方が驚いてしまう症状なのですが、まだ育毛・発毛対策をしたことがない方は、どんな症状が現れてしまうのかわからないと思います。

 

こちらでは初期脱毛とはどんな症状なのか、さらにどれくらいの期間抜け続けてしまうのか、といったことをお話します。

 

 

■初期脱毛とは?

 

・髪の毛のサイクルが変わって一時的に脱毛量が増える

 

育毛・発毛アイテムを利用すると、今までの髪の毛のサイクルに大きな変化が与えられることになります。

 

薄毛になるということは、サイクルバランスが大きく変わっているのです。

 

成長期が短くなってしまい、休止期や退行期の割合が大きくなっています。

 

育毛・発毛アイテムを利用すると、髪の毛のサイクルが正常になります。

 

新しい髪の毛が生えやすい状態になるので、新しい髪の毛が急に生成されるようになります。

 

休止していた髪の毛が外に押し出されて脱毛する、といった状態になってしまうのです。

 

これが初期脱毛のメカニズムです。

 

 

・初期脱毛は心配ないの?

 

基本的には、効果が現れている状況の一つと考えて間違いありません。

 

しかし、育毛剤や発毛剤の口コミをチェックしてみると、「初期脱毛の後は生えてこなかった」といった声もいくつか発見できます。

 

初期脱毛があるからといって、髪の毛が復活するわけでもないのです。

 

 

■どんな発毛・育毛グッズで初期脱毛が起こりやすいのか?

 

・発毛剤・・・初期脱毛が起こりやすい
・育毛剤・・・初期脱毛は少ない
・育毛サプリメント・・・初期脱毛が起こりにくい

 

より強い作用を与えてしまうものに関しては、初期脱毛が起こりやすい、といった特徴があります。

 

発毛剤に関しては、初期脱毛が極めて起こりやすいので利用には気をつけなければなりません。

 

育毛剤と育毛サプリメントはソフトな影響を頭皮や髪の毛などに与えます。

 

いきなり大量に初期脱毛が起こる、といったことは考えにくいのです。

 

 

■初期脱毛の期間はどれくらい続くのか?

 

・2週間から1ヶ月程度

 

長期的に続くものではありません。

 

普段撮りも抜け毛量が増えるのは基本的に数週間程度です。

 

1ヶ月もすれば落ち着いてくるので心配はしないでください。

 

一方で、1ヶ月を超えても初期脱毛が増えているのであれば、頭皮に何らかの問題が生じている可能性があります。

 

発毛・育毛グッズの利用をストップして様子を見てください。

 

 

 

 

 

 

 


薄毛を改善するために自宅ではどんなお手入れをすればいい?

 

薄毛のメインの改善方法は育毛グッズや発毛グッズを使うことです。

 

それらは薄毛を治すために開発されたものなので、高い機能を有しています。

 

一方で、簡単にできる薄毛の改善の手入れ方法もあります。

 

抜本的な対策方法にはならないこともあるのですが、育毛グッズや発毛グッズの効果をより高められる可能性もあるのです。

 

こちらでは、薄毛改善のお手入れ方法についてお話します。

 

 

■寝具のお手入れをしっかりと行うべき

 

・枕カバーは定期的に替えること

 

寝具に菌などが繁殖していることがあります。

 

特に湿気の多い季節は、寝具に菌が多くおり、寝るごとにその菌が体に乗り移ってしまうのです。

 

髪の毛にとっても菌はあまり良いものではありません。

 

特に頭皮状態を悪化させてしまうことがあります。

 

ニキビでお馴染みのアクネ菌が増えてしまうこともあるんですよ。

 

アクネ菌が増えてしまうようなことは、なんとしてでも避けなければなりません。

 

頭皮ニキビが増えてしまっては、育毛から遠ざかってしまいます。

 

おすすめのケア方法としては、枕カバーを定期的に取り替える、といったことです。

 

枕カバーを取り替えることで、頭皮がより清潔な状態を維持できるようになります。

 

また、できれば寝具に関しても定期的に干してください。

 

夏であれば1時間程度干せば、菌もいなくなりますよ。

 

 

■シャンプー後の乾燥をしっかりと行うこと

 

・ドライヤーを利用すべき

 

よっぽど短髪にしていないかぎり、ドライヤーの利用は必須です。

 

確かに、頭皮を乾燥させてしまうことはあるのですが、髪の毛が濡れたままになってしまえば、そこに菌が繁殖してしまうのです。

 

その結果、頭皮環境が悪化してしまう可能性もあり、薄毛が促進してしまう可能性も否定できません。

 

ドライヤーに関しては、頭皮から20センチから30センチ利用してください。

 

その状態で髪の毛を乾かす感覚で利用するのです。

 

 

■育毛剤を1日あたり2回は利用すること

 

・1回では良い効果が与えられない

 

育毛剤は、1日1回で効果が得られるものではありません。

 

育毛剤を塗布しても効果を発揮してくれるのは4時間から8時間程度とされています。

 

1回の塗布では、1日のうち少ししか育毛効果が得られていないことになります。

 

おすすめなのが1日あたり2回利用する、といったことです。

 

2回利用すれば、より長い時間頭皮に育毛効果を与えられる状況になります。

 

最初は面倒に感じてしまうかもしれませんが、続けていれば慣れてきますよ。

 

 

 

 

 

 

薄毛対策って薄毛が気になる前から始めたのがいいの?

 

薄毛対策ですが、ずいぶんと進行してから行う方が非常に多いです。

 

そもそも、若い時は誰しも「自分は薄くならない」といった考えでいるのです。

 

その結果、対策が遅れてしまいます。

 

一方で、薄毛の原因も解明され始め、遺伝的に自身が薄毛になりやすいか、なりにくいか、といったことがわかり始めました。

 

仮に自分が将来的に薄毛になる、といったことが分かった場合には、まだ薄くなっていないのに対策をはじめて良いのでしょうか。

 

徹底解説します。

 

 

■育毛剤、育毛サプリメントによる対策なら可能!

 

・薄毛になる前の育毛グッズによる対策は有効

 

薄毛になる前からの対策ですが、育毛剤や育毛サプリメントであれば積極的に行うべきです。

 

身体の機能を清浄化して髪の毛を生えやすい状況にするのが、育毛剤や育毛サプリメントです。

 

予防にはもってこい、といった効果を有しています。

 

 

・薄毛になる前に育毛剤や育毛サプリを利用するとどんな効果が期待できるの?

 

薄毛になることを予防する、といったことがメインの効果になります。

 

または、遺伝性の薄毛の場合は、かなり強力なので完全に予防できないこともあります。

 

しかし、発症するまでの期間を稼げる場合もあります。

 

たとえば、本当は30代で発症するところを35歳まで引き伸ばしたり、といったことまで期待できるのです。

 

他にも、個別の効果としては髪の毛を太くしたり、頭皮環境が改善したり、といった効果が期待できます。

 

薄毛が発症しなかったとしても、健康的な髪の毛が生えていれば、若々しく見られるものです。

 

自分の容姿を維持するためにも薄くなる前から育毛対策を実施しましょう。

 

 

■発毛剤で薄毛予防はできないの?

 

・おすすめできない

 

発毛剤は医薬成分の「フィナステリド」「ミノキシジル」が含まれています。

 

それらの成分には、高い育毛効果があることは確かなのですが、副作用も多く報告されています。

 

予防目的で利用する場合に、副作用があるものを利用するのはお勧めできません。

 

そもそも医療機関側から断られてしまうことも十分に考えられます。

 

 

・かえって薄毛になってしまう可能性もある

 

特にミノキシジルの利用には気をつけてください。

 

使い始めた途端に抜け毛が増える、といった報告が極めて多いのです。

 

初期脱毛といったもので、のちのち家は生えてくると考えられているのですが、抜けたままになってしまったケースも報告されています。

 

刺激が強い薬剤なので頭皮が肌荒れを起こしてしまった、といった報告もあります。

 

発毛剤は予防目的で使うにはリスクが高すぎます。

 

 

 

 

 

 

育毛サプリのノコギリヤシの成分は本当に育毛効果があるの?

 

育毛サプリに含まれている成分で最も注目されているものといえば「ノコギリヤシ」があります。

 

ノコギリヤシに関しては、どのような育毛効果があるのかを知っているでしょうか。

 

知らないで利用している方も多いかもしれません。

 

こちらでは、育毛サプリに含まれるノコギリヤシの育毛効果についてお話します。

 

 

■ノコギリヤシに期待できる主な効果とは?

 

・薄毛の改善作用
・前立腺肥大症の改善
・頻尿の改善
・男性機能の回復

 

ノコギリヤシには上記のような期待できる効果が有るのです。

 

特にメインの機能として知られているのが前立腺肥大症の改善作用です。

 

前立腺に与える影響が強いとされており、医薬品として利用されることもあるほどです。

 

発毛剤のプロペシアに含まれるフィナステリドに関しても前立腺肥大症を改善する作用があります。

 

ですから、プロペシアにも同じような育毛・発毛効果が期待できるのです。

 

 

・ノコギリヤシによる薄毛の改善作用の中身とは?

 

5αリダクターゼの働きを抑制する作用があります。

 

実は、男性型脱毛症はその5αリダクターゼと呼ばれる酵素と睾丸から分泌された男性ホルモンのテストステロンが結合することによって発症してしまうのです。

 

結合して出来る物質をジヒドロテストステロンと言い、男性型脱毛症の元凶です。

 

ノコギリヤシに含まれている成分には、オクタコサノールやステロールといったものがあります。

 

それらが5αリダクターゼの働きを抑える機能を持っていることが分かっているのです。

 

ノコギリヤシには実際に育毛効果があることが分かったのですが、メインの機能としては男性型脱毛症の改善です。

 

他の薄化粧には効果を発揮しないので、その点は覚えておきましょう。

 

 

■プロペシアには副作用がある|ノコギリヤシには副作用はないの?

 

・副作用が発生する可能性は極めて低い

 

全く無いとは言い切れませんが、男性が利用する分には危険性はほとんどありません。

 

特に重大な副作用例が報告されているわけでないのです。

 

長期的な服用にも問題ありません。

 

一つ注意して欲しいのが過剰摂取です。

 

安全性の高い成分ではありますが、過剰に摂取すると体に負担をかけてしまいます。

 

『ノコギリヤシの過剰摂取による副作用例』
・便秘
・下痢
・吐き気
・めまい

 

ノコギリヤシ単体の副作用というよりは、状態を飲み過ぎたことによる胃腸の負傷が招く副作用も含まれています。

 

ですから、あまり心配することはありません。

 

 

 

 

 

 

どの成分が髪に効くの?育毛サプリと育毛剤は併用するべき?

 

育毛サプリに含まれている成分でどんなものが効果を発揮するのか、といったことを知りたい方は多いと思います。

 

さらに育毛剤と併用しても平気なのか、といったことを知りたい方も多いと思います。

 

こちらでは育毛サプリに含まれる成分で効果を発揮するもの、さらに育毛剤と併用してもよいのか、といったお話をします。

 

 

■育毛サプリに含まれている効果的な成分とは?

 

・ビタミン類

 

頭皮環境を改善させる機能があります。

 

薄毛に悩んでいる方の頭皮をチェックしてみると、実際に多くの方の頭皮が傷んでいることがわかります。

 

脂性肌であったり、オイリー肌であったり、敏感肌なのです。

 

それらのお肌ですが、ビタミン類を摂取することで改善することがあります。

 

ビタミン類は、新陳代謝に大きく関わっています。

 

新しい皮膚が生成されやすくなるので、古い質の悪い皮膚は剥がれ落ちやすくなるのです。

 

 

・カプサイシン

 

結構を促進させる作用があります。

 

血行促進は育毛の基本と言っても過言ではありません。

 

血流が悪くなることで薄毛が促進されてしまう、といったケースが極めて多くなっているのです。

 

カプサイシンは、唐辛子の成分です。

 

辛みを構成している成分なので、身体を温める、といった作用があります。

 

結果的に血管を拡張してくれることになるので、髪の毛に栄養がたっぷりと送られます。

 

カプサイシンに関してはビタミンとも連動しています。

 

ビタミンには新陳代謝を高める機能があるのですが、その新陳代謝の下支えをしているのが血行なのです。

 

血液のめぐりが良くなれば、より健康的な皮膚が生成されるようになります。

 

 

・亜鉛

 

髪の毛を生成する時に必須の成分です。

 

育毛サプリには基本的にタンパク質は含まれていません。

 

タンパク質は1日あたり数十グラム必要になるので、食品で摂取する必要があります。

 

そのタンパク質と連動している成分が亜鉛です。

 

タンパク質が髪の毛になる時に亜鉛は利用されます。

 

亜鉛が髪の毛を作っている、といっても過言ではありません。

 

 

■育毛サプリの真実|育毛剤との併用は可能なの?

 

・大いに併用すべき

 

育毛サプリと育毛剤の併用はすべきです。

 

特に効果がバッティングしてしまう、といった恐れもありません。

 

体内と体外から育毛に良い影響を与え続けることで、髪の毛が圧倒的に生えやすくなります。

 

育毛サプリを積極的に活用しつつ、育毛剤も利用しましょう。

 

費用はかかってしまいますが、効果が出る確率は更に高まりますよ。

 

 

 

 

 

 

どのくらい薄毛になったら対策を始めるべき?薄毛は進行しちゃう?

 

薄毛の対策に関しては、いつからすべきなのでしょうか。

 

早めにすべきなのでしょうか。
ゆっくりでも間に合うのでしょうか、

 

こちらでは薄毛対策を始める時期について徹底解説します。

 

薄毛の症状が出てきたので、対処をしようか迷っている方は必見です。

 

 

■薄毛対策をすべき時期とは

 

・髪の毛が細くなってきた・・・コシがなくなってきた
・抜け毛に細い毛や短い毛が混じるようになってきた

 

実は、薄毛になってからでは対策が遅くなってしまう可能性があります。

 

薄毛の兆候を少しでも早く見つけ、その時点で対策を開始すべきなのです。

 

育毛剤や育毛サプリを活用して、薄毛対策を積極的に実施しましょう。

 

髪の毛が細くなる、といった現象ですが、様々な薄毛に共通しています。

 

髪の毛が細くなることに築く方法ですが、髪の毛のセットにかかる時間があります。

 

いままではそれほど時間がかからなかったのに、急にかかるようになったら髪の毛のコシが失われた証拠です。

 

細くなった髪の毛は立ちにくくなります。

 

結果的にスプレーなどを利用してやっとボリュームをもたせられるといった状態になってしまいかねません。

 

髪の毛のセットに時間がかかるようになったら、すぐにでも薄毛対策を実施しましょう。

 

抜け毛に産毛のようなものが増えてきた場合にも注意しなければなりません。

 

こちらのケースは、男性型脱毛症が発症している確率が極めて高いです。

 

この時点で育毛サプリなどの対策を実施しなければ手遅れになる可能性もあります。

 

AGAは非常に強力なので、ちょっとした兆候も見逃してはいけません。

 

ちなみにAGAに関しては、前頭部や頭頂部といった局所的に薄くなる傾向があります。

 

それらの部位の髪の毛に変化があった瞬間から育毛対策を実施する、といったことも考えておくべきです。

 

 

■薄毛対策をしなければどうなってしまうのか?

 

・進行してしまう

 

特にAGAに関しては自然に治癒することはありません。

 

必ず進行してしまいます。

 

最初は前頭部だけであったり、頭頂部だけが薄毛になっています。

 

しかし、時間が経つと、前頭部から頭頂部にかけて禿げ上がってしまうのです。

 

薄毛対策をしなければ、禿げ上がってしまうのを待つばかり、となってしまうので注意してください。

 

 

・進行を食い止めたい時にはどうすればよいのか?

 

育毛アイテムや発毛アイテムを利用することです。

 

最近では、体内から育毛をする育毛サプリメントも流行っています。

 

また、生活習慣を改善することで薄毛に対処する、といった方法も流行りつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

かっこいいハゲとダサいハゲ@同じ薄毛なのにその違いってなに?

 

薄毛でも格好いい人はいくらでもいます。

 

一方で、ハゲであることでダサくなってしまった人もいます。

 

こちらでは、同じような頭髪状況になっているにもかかわらずおしゃれに見えたり、薄毛に見えたりする理由について徹底調査してみました。

 

薄毛でも格好良く見られたい、と思っている男子は必見です。

 

 

■髪型の違いに注目してみよう

 

・格好いいハゲ・・・髪型が格好いい、短髪で清潔感がある
・ダサいハゲ・・・薄毛を隠している、不潔な印象の髪型をしている

 

格好いいハゲと格好わるいハゲの最大の違いは、髪型にあるといっても過言ではありません。

 

格好良いハゲに関しては、やはり髪の毛がさっぱりとしているのです。

 

一方で、ダサいとされてしまうハゲは髪の毛が不潔に見えてしまうことが少なくありません。

 

清潔と不潔の大きな違いですが、実は髪の毛に長さにも大きく関わっています。

 

清潔と感じさせる髪型は、どちらかと言うと短めに揃えています。

 

ダサいとされる人は、比較的髪の毛が長いのです。

 

その違いですが、実過髪の毛で薄毛を隠そうとするか、しないか、の違いでもあります。

 

薄毛を隠すために髪の毛を長くしており、それがかえって薄さを強調させてしまっていることもあるのです。

 

格好よく思われたいのであれば、できれば髪の毛を短くしましょう。

 

 

■内面が大きく関わっていることに気づくべき

 

・格好いいハゲ・・・薄毛をそれほど深刻に捉えていない
・ダサいハゲ・・・薄毛を深刻に捉えている

 

薄毛に関して必要以上にマイナスに考えている方がいます。

 

その結果、卑屈に感じさせるほどの状況に陥っている方もいるのです。

 

「自分は薄毛だからモテない・・・」と考えてしまえば、女性へのアプローチも出来ません。

 

その結果、恋人がずっとできないようなケースも考えられます。

 

モテる男性は、薄毛で有るから、と言って自分を諦めていません。

 

女性に対しても積極的にアピールをするケースが非常に多いのです。

 

内面的な部分、といったところにも目を向けるのがおすすめですよ。

 

そもそも積極的な男性の方が女性に持てるのは確かなことです。

 

 

■おしゃれに関する考え方

 

・格好いいハゲ・・・おしゃれを積極的に行っている
・ダサいハゲ・・・地味な格好が多い

 

モテるためには努力が必要です。

 

それは薄げであろうと薄げでなかろうと一緒です。

 

モテる人は薄毛だろうとなかろうと、おしゃれに気を使っています。

 

服に気を使ったりもしていますし、身だしなみにも気をつけています。

 

男性でアクセサリーを身に着けている、なんてことも魅力の一つに入ってくるんですよ。

 


 

 

注目記事※おすすめの育毛剤の実際の使用感レビュー↓↓